顧問税理士とは?依頼するメリットとおすすめの活用法についてご紹介

カテゴリー:

公開日:2024年2月

更新日:2024年4月23日

企業経営を円滑に進める上で、税務や会計の専門家である顧問税理士のサポートを依頼することは不可欠です。顧問税理士には、税務申告や経理業務のサポートから、経営戦略における貴重なアドバイスまで、幅広いサービスを依頼できます。
しかし、最適な顧問税理士を選ぶことは、多くの企業にとって難しい課題です。
この記事では、顧問税理士の基本的な役割や提供するサービス、契約の種類から、信頼できる顧問税理士を依頼する方法まで、企業が顧問税理士との有意義な関係を築くために必要な情報を網羅的に紹介します。企業の成長を支え、経営をより良い方向に導くために、顧問税理士の選定は慎重に行いましょう!
おすすめの顧問税理士の選び方をぜひ参考にしてください。

おすすめ記事:顧問税理士とは?気になる料金や契約のメリットを解説!

顧問税理士とは

顧問税理士とは、企業と顧問契約を結んでいる税理士のことをいいます。
顧問契約とは、税務指導や経営サポートを行ってもらうために期間(通常は年単位)を決めて契約する形のことをいいます。契約をした税理士に対しては、毎月または年間という形で、顧問料と呼ばれる税理士報酬の支払いが必要です。
彼らに依頼することで、税務代理、税務書類の作成、税務相談といった独占業務を含む、法令遵守と効率的な経営支援が可能になります。

また、顧問税理士は、経理業務の代行や経理指導、税務申告、資金繰りのおすすめアドバイス、節税の提案など、幅広いサービスを依頼できます。

企業が顧問税理士の依頼を検討する主な理由には、税務知識の不足、経理業務の負担軽減、節税対策、財務健全性の向上、税務調査への対応などがあります。顧問税理士の選び方やその重要性について詳しく知りたい方には、以下のおすすめ記事もご参照ください。

おすすめ記事:顧問税理士とは?役割とメリット・デメリットを解説

顧問税理士の基本的な役割

顧問税理士に依頼することで、日々の記帳代行、決算業務のサポート、税務申告業務の遂行、補助金・助成金や節税をはじめとする経営上のおすすめアドバイス提供など、会計や税務に関するサービスを受けられます。
顧問税理士にこれらの業務を依頼することにより、企業は正確な財務報告を保持し、税法の遵守を確保すると同時に、経営上の意思決定を行う際に重要な財務情報を活用できるようになります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    このような網羅的なサポートを依頼できる顧問税理士を見つけるためには、専門性や経験に加えて企業との相性も重要なポイント。です。

おすすめ記事:顧問税理士とは?メリットは?経営が上向く理由は?

税理士との依頼契約の種類(顧問契約とスポット契約)

税理士への依頼形態は、主に顧問契約とスポット契約の二つに分けられます。顧問契約は、継続的なサービス提供を伴う長期的な関係を意味し、企業が定期的に税理士の支援を受けることができます。一方、スポット契約は特定のプロジェクトやニーズに対応するための一時的な契約で、決算申告など特定の業務を限定して契約されます。企業の規模、取引の複雑さ、内部リソースの可用性などに応じて、どちらの契約形式が最適かを選択することがおすすめです。 税理士との顧問契約とスポット契約の違いについては以下のおすすめ記事もご参照ください。

顧問税理士に依頼できるサービス

顧問税理士は、会社の税務と会計に関するさまざまなサポートを依頼できます。このサポートには、税金の申告、税務の計画立て、会計のアドバイス、給料計算、財務に関する助言、経営戦略のコンサルティングなどが含まれます。これらのサービスを利用することで、会社の運営がスムーズになり、税務の規則を守りながら財務を健全に保ち、事業成長を促進できます。
顧問税理士は、会社の現在の状態や目標に応じて、これらのサービスをカスタマイズして提供することが可能です。
この点については顧問税理士との契約前に相談することでより明確になるかと思います。

顧問税理士に依頼できるおすすめのサービスについて以下で説明します。

顧問税理士のサービス①:税務申告と税務書類の作成

顧問税理士は、企業の税務申告手続きを行い、確定申告書などの正確な税務書類を作成します。これにより、企業は税法を遵守し、税務署への提出期限を守ることができます。
また、税務調査が行われる際には、顧問税理士が依頼されて企業を代表して税務署とのやり取りをサポートし、適切な対応を行います。税務調査などの対応は自分でやるのはかなり困難なため、税理士に依頼することをおすすめします。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

顧問税理士の対応しているサービスである決算申告について解説しているおすすめの記事は以下です。

おすすめ記事①:決算申告のみを税理士に依頼した場合の費用相場とメリットを解説
おすすめ記事②:税理士に決算申告のみ依頼するメリット&デメリット

顧問税理士のサービス②:記帳代行と給与計算

顧問税理士は、日々の会計業務をサポートし、記帳代行サービスを提供します。税理士に依頼することにより、企業は会計データの正確性を保ち、効率的な会計プロセスを維持することができます。

また、顧問税理士によっては給与計算も行ってくれることもあり、その場合には勤怠データに基づいて所得金額や税金、社会保険料の計算を行います。これにより、企業は従業員に対する給与の支払いを正確かつ迅速に行うことができます。

給与計算に関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめのポイント

給与計算に関する記事については以下もおすすめです。
おすすめ記事:給与計算は誰に頼む?税理士、社労士の違いとは

顧問税理士のサービス③:年末調整と節税対策

年末調整は、従業員の年間の所得税額を確定させる重要な手続きです。顧問税理士は、この年末調整手続きをサポートし、従業員から必要な書類を収集して年末調整を行います。

顧問税理士に関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

顧問税理士へ年末調整を依頼することを検討している場合には以下の記事もおすすめです。

おすすめ記事:年末調整を税理士に代行してもらうメリットや費用相場を解説

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    ただし顧問契約の場合であっても顧問料によって受けられるサービスはもちろん異なり、場合によっては年末調整をやってくれない可能性もあります。どのような業務を依頼できるかは顧問税理士との契約時に確認しておくことをおすすめします。

    おすすめ記事:年末調整の代行サービスとは?気になる費用とその内容を紹介

また、顧問税理士は節税対策に関するおすすめのアドバイスも提供してくれる可能性が高く、企業が税負担を最適化し、資金繰りを改善するための戦略を立てることができます。
顧問税理士のおすすめの節税アドバイスを依頼することにより、企業は最適な経営資源の投下が可能になります。
税理士に依頼できる年末調整に関するおすすめの記事は以下です。

効果的な節税を税理士に依頼したい場合、以下の記事もおすすめです。
おすすめ記事:【プロ監修】節税の相談先は4つ|相談内容や費用、注意点を解説 個人が節税相談をする方法4選!無料の相談先や注意点も徹底解説

自分ではできないので顧問税理士に依頼しようかなとお考えの方へ

株式会社SoVaではバックオフィス業務を窓口一つで丸投げ完結することができます!記帳代行も給与計算代行も、全部SoVaに頼めば完結するので、業務ごとに、どの専門家に頼めば良いか検索したり、複数の専門家に依頼する必要がありません。

\もう自分でやらなくていい/

今すぐ資料請求してラクする!

税理士との顧問契約に関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

顧問契約に関するメリットや依頼できる業務については以下の記事もおすすめです。
おすすめ参考記事:税理士と顧問契約するメリットは?依頼できる業務などを解説

顧問税理士を活用するメリットとおすすめの理由

次に、顧問税理士を活用することによるメリットを解説していきます。
顧問税理士を活用することで、企業には多くのメリットがあります。これらのメリットは、日々の業務の効率化から、長期的な戦略的判断まで、企業運営のあらゆる面に及びます。
顧問税理士を活用することによるメリットを他にも知りたい方は以下の資料もおすすめです。
おすすめ記事:顧問税理士とは?役割とメリット・デメリットを解説

顧問税理士への依頼がおすすめな理由①:経営者が本業に専念できる

顧問税理士に依頼することで、経営者は税務や会計業務から解放され、本来のビジネス運営に集中できます。経営者が自ら経理作業に追われることなく、事業の成長や新しいビジネスチャンスの追求に専念できるようになります。何よりこれが顧問税理士に依頼することがおすすめである主な理由です。

顧問税理士への依頼がおすすめな理由②:節税対策や資金繰りの助言

他にも顧問税理士に、税務計画の立案や節税対策を依頼することで、企業の税負担を軽減することができます。また、資金繰りの改善や資金調達に関するアドバイスももらえるため、企業の財務の健全性を担保することができます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    このような依頼を顧問税理士にすることにより、企業はより効果的な財務戦略を立てることが可能になります。

おすすめ記事:税理士は節税の相談をどこまで乗ってくれる?節税にまつわるQ&A

顧問税理士への依頼がおすすめな理由③:第三者視点での経営助言と税務調査への対応

顧問税理士は、経営に関する客観的なアドバイスを提供することができます。また、税務調査が行われた際には、その対応をサポートし、企業が適切に対処できるようにサポートしてくれます。このような依頼をすることにより、企業は不確実性を減らし、安心して事業を運営できます。

おすすめ記事:顧問税理士を依頼するメリット

顧問税理士に関する注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

この記事でも何度か紹介してきたように、顧問税理士との契約内容によっては依頼できない業務もあります。顧問税理士との契約前にどのような業務を依頼できるのかは必ず確認しておくようにしましょう。

顧問税理士に依頼がおすすめな理由④:正確な書類作成の保証

顧問税理士は、財務報告や税務申告書などの重要な書類を正確に作成します。これにより、企業は税務上の違反や不備によるリスクを避け、信頼性の高い財務情報を外部に提供することができます。これらのメリットは、企業が安定して成長を続けるために不可欠です。顧問税理士をうまく活用することで、企業は競争優位を確保し、より高い業績を達成することができるでしょう。

おすすめ記事:税理士と顧問契約を結ぶってどういうこと? そのメリット・デメリットを解説

顧問税理士に関する費用と契約

顧問税理士に依頼できるサービスにかかる費用には、さまざまな要因が影響します。これには、時間単位の料金、一律料金、成功報酬などの料金体系、契約期間、そしてサービス内容に応じた料金の相場が含まれます。また、料金とサービスの価値をどのように評価するかについても考慮することをおすすめします。

契約に必要な費用(報酬)の相場

顧問税理士サービスの費用相場は、依頼できるサービスの種類や範囲、企業の規模、取引の複雑さなどによって大きく異なります。一般的には、個人事業主の場合、月額5,000円から15,000円程度で記帳代行サービスが提供されることがあります。一方、法人の場合は、月額7,000円から30,000円程度で同様のサービスが提供されることが一般的です。決算申告代行サービスや顧問料に関しては、その範囲や企業の要求に応じてさらに高額になる可能性があります。税理士の費用については以下の記事もおすすめなのでご参照ください。

合わせて読みたい「税理士に依頼する時の費用」に関するおすすめ記事

税理士へ依頼する際の費用はいくらが相場?法人の場合について解説!

この記事では税理士へ依頼するときの費用の相場や、費用に応じた税理士へ依頼できることを紹介しています。

合わせて読みたい「法人の税理士費用や税理士顧問料」に関するおすすめ記事

税理士_決算申告_費用_依頼_おすすめ

税理士の顧問料の相場とは?費用を抑える方法と払いすぎていないかのポイントについても解説

この記事では税理士へ業務依頼するときの費用の相場や、月額顧問料の相場など税理士に業務を依頼する際にかかる費用に関して紹介しています。税理士に業務を依頼する際にかかる費用や月額顧問料について詳しく知りたい方におすすめです。

税理士と会計士の違い

税理士と会計士は、資格の違い、依頼できるサービス内容、そして企業がどちらの専門家を選ぶべきかは異なります。

税理士は主に税務に関する専門家であり、税務代理、税務書類の作成、税務相談などのサービスを依頼することができます。
一方、公認会計士は監査、会計、経営に関する専門家であり、企業の財務諸表の監査や会計コンサルティングなどのサービスを依頼することができます。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

税理士と会計士の違いについてより詳しく確認したい方は以下のリンクをご参照ください。
おすすめ記事:税理士と公認会計士どちらに依頼するべき?それぞれの違いを詳しく聞いてみました

税理士事務所・税理士法人・会計事務所の違い

これらの組織形態の違いは、依頼できるサービスの特性に関係しています。
税理士事務所は通常、個人が運営する事務所であり、税務に関するサービスを提供します。
税理士法人は、複数の税理士が共同で運営する組織であり、より広範なサービスを提供することが可能です。
会計事務所は、会計や経営コンサルティングに重点を置いたサービスを提供し、税理士だけでなく公認会計士やその他の専門家が所属することがあります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    顧問税理士の選択と契約時には、これらの要素をすべて考慮に入れ、企業のニーズに最も適したサービスを提供できる専門家を選ぶことが重要です。また、サービスの内容と料金のバランスを評価し、コストパフォーマンスの高い選択をすることをおすすめします。

おすすめ記事:税理士と公認会計士どちらに頼む?両者の違いと目的別の選び方を解説

顧問税理士との契約前に注意すべき点

顧問税理士との契約を検討する際には、いくつかの重要な点を考慮する必要があります。これらのポイントを理解し、確認することで、将来的な誤解や不一致を避け、双方にとって有益な関係を築くことができます。

注意点①:サービス範囲の明確化

契約締結前に、税理士に依頼したい業務の範囲を明確にしておく必要があります。どのようなサポートが必要か、具体的なサービス内容(記帳代行、税務申告、経営コンサルティングなど)を事前に決めておきましょう。

注意点②:期待される成果のすり合わせ

成果とは、単に業務が完了することだけではなく、期待される具体的な効果や利益を意味します。どのような成果を顧問税理士に期待しているかを明確にし、それが実現可能かどうかを事前に話し合うことが重要です。

注意点③:コミュニケーションの方法

顧問税理士との円滑なコミュニケーションは、成功的な関係を築く上で不可欠です。どのような方法(電話、メール、面談など)で、どの程度の頻度でコミュニケーションを取るのかを明確にしておきましょう。

注意点④:契約解除条件

万が一、期待したサービスが提供されなかったり、他の理由で契約を解除したい場合の条件を明確にしておくことが重要です。解約手数料や期間、必要な手続きなどを事前に確認しておきましょう。

合わせて読みたい「税理士に顧問契約を依頼する時の注意点書」に関するおすすめ記事

税理士と結ぶ顧問契約って何?契約内容から注意点まで!

この記事では税理士へ顧問契約を依頼するときの注意点について解説しています。

顧問税理士を選ぶ際のチェックリスト

顧問税理士を選定する際に役立つチェックリストを作成することで、選定プロセスをスムーズに進めることができます。選定する際のおすすめの項目は以下の通りです。実際に顧問税理士に依頼することを決定し、税理士を選ぶ際は以下のチェック項目を参考にしてもらうことがおすすめです。

専門性と経験

税理士が持つ専門性や、特定の業界や業種に関する経験が自社のニーズに合っているかを確認します。

サービスの範囲

税理士が持つ専門性や、特定の業界や業種に関する経験が自社のニーズに合っているかを確認します。

料金体系

サービスの料金が明確で、自社の予算内で収まるかを検討します。隠れた費用や追加料金がないかも確認しましょう。

コミュニケーション

税理士とのコミュニケーションがスムーズに行えるか、レスポンスが迅速かどうかを評価します。

信頼性と評判

税理士の過去のクライアントからの評判やレビューをチェックし、信頼性を確認します。

顧問税理士との契約は、企業にとって重要な決定です。上記のポイントやチェックリストを参考に、自社に最適な税理士を選ぶことができるようにしましょう。

合わせて読みたい「税理士に顧問契約を依頼する時の注意点と契約書」に関するおすすめ記事

税理士に顧問契約を依頼するときの注意点と契約書のポイントを解説

この記事では税理士へ顧問契約を依頼するときの注意点や、顧問契約を締結する際に必要となる顧問契約書のポイントについて解説しています。

顧問税理士を選ぶときにおすすめなサイト

【顧問税理士の選び方】失敗しないための10のチェック項目と費用相場

こちらのサイトでも、顧問税理士を選ぶ時に確認すべきポイントについて1つ1つ解説してくれているので、気になる方は見ていただくのがおすすめです。
特にこれから顧問税理士をつけようと考えている方におすすめです。

信頼できる顧問税理士の選び方

信頼できる顧問税理士を選ぶことは、企業経営において非常に重要な役割を果たします。税理士選びは、ただ専門的な知識がある人を選ぶだけでなく、長期的なパートナーシップを築くための相性や信頼関係も考慮する必要があります。

顧問税理士の探し方

様々な業務を依頼するのに信頼できる顧問税理士を選ぶには、その人の資格や経験、専門知識を確認し、過去のクライアントからの評判(おすすめ情報)や対応能力を考慮することが重要です。また、価格設定の透明性やサービスの範囲も明確にして、長期にわたる良好な関係を築くための相性を見極めることが必要です。
また、依頼できる顧問税理士を探す方法には、インターネット検索、知人やビジネスパートナーからの紹介、専門機関や商工会議所を通じた相談、税理士紹介サービスの利用などがあります。これらの方法を通じて、自社のニーズに合った税理士を見つけ、依頼できるサービス内容と費用を比較検討することをおすすめします。
顧問税理士の探し方についての記事か以下を見ていただくのもおすすめです。
おすすめ記事①:税理士、どうやって探す?定番&おすすめの探し方9選

良い税理士を探す方法

良い税理士を探すには、自分のビジネスと相性の良い税理士を見つけることが重要です。これには、税理士の専門分野、業界経験、対応速度、費用の明瞭さを評価し、紹介やオンライン検索、専門機関やセミナーなどを通じて幅広く情報を集めることが有効です。また、最終的には直接会って話をすることで、その税理士が自社の要求に適しているかを確かめることが大切です。

まとめ

この記事では、顧問税理士の役割、提供するサービス、契約形態の違い、そして信頼できる顧問税理士の選び方について詳しく紹介しました。顧問税理士は、企業の税務や会計に関する専門的なサポートを提供し、企業が効率的に経営を行い、法令を遵守できるよう支援する重要なパートナーです。顧問税理士を選ぶ際は、提供される専門知識とサービス、そして何よりも信頼関係の構築を重視し、慎重に選択することが重要です。企業の成長を支える大切なパートナーを見つけるために、この記事が少しでも役に立てば嬉しいです。

税理士を探すのが大変と感じた方

税理士と顧問契約をするか迷っています。私たちの会社は、日々の記帳や決算業務、税務申告などに対応するのが難しくなってきました。さらに、税務計画や節税対策についてもアドバイスが欲しいです。
ご説明いただいた業務を聞くと、確かに継続的なサポートが必要そうですね。特に税務計画や節税対策は、定期的なコンサルティングが非常に役立ちます。
確かに、自分たちだけで対応するのは難しそうです。それに、専門的な知識が必要な部分も多いですもんね…
その通りです。顧問契約を結ぶことで、税務や会計に関する専門的なサポートを受けられるだけでなく、経営上の意思決定に必要な財務情報を適時に提供することができます。また、税務調査の際の対応など、予期せぬ事態にも迅速に対応することが可能になります。
なるほど、それならば顧問契約を結んだ方が、経営をスムーズに運営できそうですね。今回は依頼してみようと思います。

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう