給与計算は税理士に依頼する?社労士との違いとおすすめの方法を紹介

カテゴリー:

公開日:2024年2月

更新日:2024年4月20日

給与計算は企業を運営していく上でにおいて避けて通れない業務の一つです。専門的知識を要するこの給与計算業務を、税理士や社会保険労務士(社労士)に依頼することは、給与計算の正確さを保ちつつ、効率的に給与計算業務を進めることができるのでおすすめです。
一方、税理士に給与計算を依頼すべきなのか、社労士に給与計算を依頼すべきなのかという点について、パッとわかる人もそう多くはないかと思います。
この記事では、給与計算を税理士や社労士に依頼するメリットや、税理士と社労士の違い、給与計算を依頼するにあたってのポイントについて詳しく解説します。

給与計算の業務内容とは?

給与計算に関連する作業は、雇用された従業員に対するもので、主に次のような範囲にわたる内容で構成されます。

給与計算の業務①:基本情報の管理
ここでは、通勤手当をはじめとする各種手当の調整、扶養家族の更新、人事に関する変更事項、昇給や降給、さらには氏名や振込み口座の変更などが含まれます。

給与計算の業務②:出勤状況の整理
従業員の出勤・退勤記録、欠勤や遅刻、早退の記録、残業時間、休日出勤の管理、そして歩合給の計算などが行われます。

給与計算の業務③:総支給額の導出
総支給額の計算に加え、控除項目(社会保険料、所得税、住民税等)の算出が行われます。

給与計算の業務④:控除項目の処理
社会保険料の支払い(翌月納付)や源泉徴収税、住民税の納付(納付期限は翌月10日まで)などが含まれます。

給与計算の業務⑤:給与明細の発行
従業員に対する給与明細の作成が行われます。

給与計算の業務⑥:賃金台帳の整備
賞与や退職金の計算もこの業務に含まれ、従業員の給与に関連する全体的な管理と記録が行われます。

このように、給与計算業務は複数のステップに分かれ、それぞれが従業員の給与に関連する重要な部分を担っています。給与計算業務を専門家、特に税理士や社労士に依頼することで、正確さを保ちつつ、法律や規制の変更にも迅速に対応することが可能です。

給与計算を外部に依頼することのメリットと、税理士と社会保険労務士(社労士)との違いについて理解することは、会社経営をする上で非常に重要です。

給与計算に関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

給与計算業務に関する詳細については以下の記事もおすすめです。
おすすめ記事:社会保険労務士(社労士)の給与計算業務とは?社労士に依頼・税理士に依頼・自社のどれが正解か?

給与計算は外部(税理士や社労士)に依頼することができる

給与計算の作業は、その専門的な性質と実施に必要な労力及び時間を考慮すると、非常に負担が大きいものです。
このような背景から、給与計算の業務を税理士や社労士に依頼する選択をすることもおすすめです。
給与計算業務を税理士や社労士に依頼することで、給与計算に割かれるべき時間を主要業務に注力することが可能となり、業務の効率化が図れます。
さらに、給与計算業務専用の従業員を雇用するよりも、税理士や社労士に依頼をしたほうが費用を節約できる可能性があることもおすすめの理由です。

おすすめ参考記事:自社の給与計算は誰に依頼する? 税理士と社労士の違いとは

給与計算業務を外部に依頼する場合の依頼先の候補としては、「税理士」「社会保険労務士(社労士)」、または「アウトソーシングを専門とする企業」が挙げられます。
税理士や社労士に給与計算を依頼することで、給与計算の精度を高めるとともに、経営資源をより戦略的に活用することができるようになります。
給与計算を税理士や社労士などの外部に依頼することのメリットを十分に検討することがおすすめです。

給与計算を依頼するにあたってのポイント

税理士_依頼_おすすめの記事

税理士、社労士、アウトソーシング業者ともに依頼できる給与計算業務の内容が異なってきます。またそれぞれのメリット・デメリットもあるので、それらに注意して給与計算を依頼するか決めることをおすすめします。

おすすめ参考記事:給与計算は社労士と税理士どちらに依頼するべき?業務範囲と費用相場を解説

税理士と社労士の違いとは?

給与計算は、特定の資格を持つ方以外が行うことを法律で禁じられている独占業務ではないので、税理士と社労士のどちらにも給与計算お代行を依頼することができます。どちらに給与計算を依頼すれば良いかを考える前に、税理士と社労士の業務の違いを確認しておきましょう。税理士と社労士の違いについて解説しているサイトも他にあるので、より詳しく知りたい方は、読んでみることをおすすめします

おすすめ記事:社労士と税理士の違いとは?メリット・デメリットについてわかりやすく解説

税理士だけができること

税理士は税務に関する専門家として、特定の業務を独占的に行う資格を有しています。これらの独占業務には、納税者の代理として税務申告を行う税務代理」、納税者に代わって税務に関する書類を作成および提出する「税務書類の作成」、税に関する質問や疑問に答える税務相談」が含まれます。
これらは税理士の専門領域であり、特に決算申告や年末調整などの業務は、税理士でなければできません。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    以下の国税庁のサイトでも税理士制度について詳しく紹介されています。

参考:税理士制度|国税庁

社労士に決算申告や年末調整を依頼することはできませんので、もし社労士との契約を考えている場合には税理士に依頼できることとの違いを正確に把握することをおすすめします。

税理士や社労士に給与計算を依頼する前に見ておきたいサイト

国税庁「税理士法違反行為」

税理士法の違反行為について解説されている国税庁のサイトです。少し専門的な内容にはなりますが、税理士や社労士に給与計算を依頼しようと考えている方は目を通しておくと良いかもしれません。

年末調整に関して税理士と社労士のどちらに依頼すべきか悩むかたもいるかもしれませんが、社労士が年末調整に関する税務書類を提出することは税理士法に違反します。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    このため、給与計算だけでなく年末調整についても依頼することになることを踏まえると、給与計算は税理士に依頼したほうが良いと言えるでしょう。

おすすめ記事:社労士の年末調整は税理士法違反!社労士と税理士の業務範囲を考察

社労士だけができること

社会保険労務士(社労士)は、労務管理や社会保険に関連する専門分野のプロフェッショナルです。彼らが担う独占業務には、社会保険や労働保険に関する文書の作成と手続きの代理、さらには行政機関からの調査や処分に対して依頼者を代表して対応することが含まれます。
加えて、労働保険に関する帳簿書類―労働者名簿、賃金台帳、出勤簿など―の作成代行も社労士の独占業務(2号業務)に該当します。これらの業務は、社労士にしか許されていない専門的な作業であり、企業が労働法規や社会保険制度に関して適切に管理し、遵守する上で欠かせないサポートを提供します。

おすすめ参考サイト:日本税理士会連合会との「年末調整に係る計算事務に関する考え方について」の協議について|全国社会保険労務士会連合会

社労士による支援は、労働法の適用、社会保険の適切な管理、労働保険手続きの正確な実施を通じて、企業のリスク管理と労働環境の改善に直接的に貢献します。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    そのため、社労士は企業にとって重要なパートナーとなり得る専門家です。

参考:社会保険労務士の適正な業務の確保について

気をつけておきたい注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

このように従業員の入社手続きに必要な書類の提出代行を依頼する場合には、社労士に依頼しなければなりません。税理士に依頼することはできない点に注意が必要です。

おすすめ参考記事:社労士の給与計算業務とは|相場ややり方、準備すべきことをご紹介

給与計算の依頼先を迷った時に判断すべきポイント

役員報酬を決める時に税金の知識が必要

こちらの記事でも記載されている通り、役員報酬の設定にあたっては税務の専門知識が必須となります。役員報酬と従業員の給与は同じ報酬のように思えますが、税法における取り扱いには重要な違いがあります。特に、新設企業では、会社設立後3ヶ月以内に役員報酬の金額を定め、その金額を毎月一定額として支給する必要があります。これは、その金額を税法上の損金として計上するための要件です。また、役員報酬は事業年度ごとに見直すことが一般的であり、事業年度開始から3ヶ月以内に金額を改定し、その後1年間(少なくとも事業年度末まで)は変更しないことが条件となります。

このような税制上の規定は、役員報酬が会社の法人税にも影響を与えるため、非常に重要です。税法に則った適切な役員報酬の設定を行うためには、税理士の専門的なアドバイスが不可欠です。
役員報酬の決定は、定款や株主総会の決議に基づくものであり、その決定には税法上の知識が必要とされます。適切な役員報酬の設定が行われない場合、企業は増税リスクや社会的信用の低下といった不利益を被る可能性があります。
このため、役員報酬を決定する際には、税理士に相談を依頼し、専門的な知識に基づいた適切な対応を行うことが推奨されます
給与計算を税理士に依頼することで、役員報酬を決定する際に税務に関するアドバイスを受けられる可能性が高いという点では、税理士に給与計算代行を依頼することはおすすめです。

気をつけておきたい注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

役員報酬の金額は会社の法人税にも影響を与えることから、前もって準備する必要があります。税理士に依頼することで役員報酬に関する最適なアドバイスを受けられる可能性が高いですが、期首から3ヶ月以内決定しなければいけないことに注意しましょう。

おすすめ参考サイト:役員に対する給与(平成29年4月1日以後支給決議分)|国税庁

年末調整の代行は税理士の独占業務

年末に企業が必ず実施する年末調整の手続きは、従業員の所得税の過不足を精算する重要なプロセスです。
企業は従業員への給与支払い時に所得税を源泉徴収し、この徴収額は年間で納めるべき税額と必ずしも一致しないため、差額の精算を行います
年末調整で提出が必要となる法定調書の作成及び提出代行は税理士が独占的に行うことができる業務です。
そのため、年末調整の手続きをスムーズに、かつ正確に行いたい場合は、税理士に依頼することがおすすめです。
従業員を雇用している場合には基本的に年末調整を避けて通ることはできません。給与計算のみならず年末調整まで考慮すると、税理士に給与計算代行を依頼することがおすすめといえるでしょう。

年末調整が税理士の独占業務であることについて詳しく解説しているサイトを以下で紹介しますので、気になる方は参考にしていただくのがおすすめです。

おすすめ記事:社労士が年末調整を行うのは違反?社労士と税理士の業務範囲を解説!

税理士・社労士への給与計算の依頼に関するおすすめ記事

給与計算代行は社労士に頼むべき?税理士との違いは?費用や依頼方法を解説

この記事では給与計算を税理士に依頼するべきか社労士に依頼するべきかについて、税理士と社労士との違いや依頼する際の費用の相場、おすすめの選定基準を踏まえて解説しています。
給与計算だけでなく年末調整についても触れながら説明がされているのでおすすめです。

また、年末調整は従業員ごとに所得控除の内容が異なるため、計算やチェック作業が複雑で時間を要します税理士に依頼することでスムーズに給与計算・年末調整が完了する可能性が高い点も、税理士に給与計算代行を依頼することをおすすめする理由の1つです
さらに税務署や自治体への報告書の作成にも専門的な知識が必要となります。
企業がこれらの業務を内部で処理すると、大きな負担となり得ます。一方で、税理士に年末調整業務を一括して依頼することで、業務の効率化ができることも税理士に給与計算・年末調整の代行を依頼することをおすすめする理由の1つです

このように、税理士に給与計算・年末調整の代行を依頼することは、企業にとって多くのメリットがあります。税理士に給与計算・年末調整を依頼することで、年末調整を含む税務に関連する複雑な手続きを適切に、かつ効率的に実施することができるため、正確な手続きとコスト削減の両方を実現することが可能となります。

税理士への給与計算・年末調整を依頼を検討するときのポイント

税理士_依頼_おすすめのポイント

特に年末調整の時期は本業で忙しいことも多く、少しでも時間を捻出したいと考える方も多いかと思います。給与計算と年末調整を同じ税理士にまとめて依頼することで、やりとりの手間を減らせるのでおすすめです。

おすすめ参考記事:給与計算を依頼するのはどちらが正解?社労士?税理士? ポイントをまとめてみた

税理士・社労士どちらに依頼するかのおすすめの判断基準

ここでは給与計算の代行を税理士・社労士のどちらに依頼するべきかを判断する際におすすめの判断基準を紹介します。給与計算代行については税理士に依頼するにしても社労士に依頼するにしても、それぞれおすすめの理由があります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    こちらで紹介するおすすめの判断基準を元にして、給与計算代行を税理士に依頼するべきか社労士に依頼するべきか判断することをおすすめします。

    給与計算を税理士に依頼すべきか、それとも社労士に依頼すべきかは会社の規模によっても異なります。おすすめの依頼先も紹介しているので最後までお読みください。

おすすめ記事:【給与計算】税理士・社労士どちらに依頼する?違いと選び方を解説!

設立したての会社や中小企業は税理士に給与計算を依頼するのがおすすめ

特に、中小企業の中でも従業員数が少ない場合には、税理士へ給与計算代行を依頼することがおすすめです。小規模な企業では、顧問税理士との契約が一般的で、給与計算を含む複数の業務を低価格で税理士に依頼できることが多いです。税理士は企業の過去の状況や背景を理解しているため、業務の開始もスムーズに進むでしょう。
このような点も給与計算代行を税理士に依頼することをおすすめする理由の一つです。

一方で、中小企業が社会保険労務士に給与計算を依頼する場合は、企業の状況を一から説明する必要があり、準備に時間がかかる可能性があります。そのため、すでに関係がある税理士に給与計算の可能性や追加費用について確認することから始めると良いでしょう。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

このような点も踏まえると設立間もない会社や中小企業においては、税理士に依頼することが、税務処理を適切に行いながら経営資源を有効に活用するためにはおすすめの方法です

おすすめ参考記事:【2024】給与計算を依頼するなら税理士?社労士? それぞれの費用相場や選び方を解説

給与計算以外に中小企業が税理士に依頼できる業務

中小企業が税理士に依頼できる業務は多岐にわたります。主に、確定申告、青色申告の承認申請、会計帳簿の記帳代行などが基本的な業務として挙げられます。これに加え、財務書類の作成や節税対策の実行も重要です。特に中小企業専用の税務優遇制度を活用することで、税負担を軽減することが可能です。また、経営に対するアドバイスや資金調達のサポートなど、税理士から経営全般にわたるサポートを受けることができます。これらの業務を通じて、税理士は中小企業の成長を支える貴重なパートナーとなり得ます。

合わせて読みたい「中小企業の税理士の選び方」に関するおすすめ記事

中小企業の税理士の選び方と税理士に依頼できることについて解説

この記事では中小企業における税理士の選び方と、中小企業において税理士と契約をする場合に依頼できる具体的な業務について紹介しています。

従業員数が増えてきたら社労士に給与計算を依頼するのがおすすめ

従業員数が数十人規模に増加した際は、社会保険労務士(社労士)への給与計算代行を依頼することをおすすめします
従業員が増えると、入退社の手続きや社会保険関連の業務が頻繁に発生し、管理が煩雑になりがちです。この段階で給与計算の業務を税理士から社労士へ依頼先を変更することもおすすめの選択肢の一つです。
さらに、雇用形態や勤務時間に関わらず、常時10人以上の従業員を雇用する場合、労働基準法に基づく就業規則の作成および届出義務が発生しますこれらの複雑な手続きを適切に管理し、法令遵守を保証するためには、社労士の専門的なサポートが非常に有効です

税理士と社労士は業務内容が密接に関連しており、個人や事務所間で提携していることも少なくありません社労士に給与計算業務を依頼したい場合、既に関係のある税理士を通じて紹介を受けることで、新たな依頼先となる社労士への資料の共有や業務の進行がスムーズになるだけでなく、信頼性の高いサービスを受けることが期待できます
またこちらの事務所のように、税理士や社労士が揃った総合型の事務所に給与計算業務を依頼することもおすすめの選択肢の一つです。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    非常に稀ではありますが税理士でありながら社労士の資格を持つ、非常に優秀な税理士の方もいます。そのような税理士の方には給与計算から年末調整、労務手続きまで一括して依頼することができます。

このような点を踏まえ、会社の初期段階では税理士に給与計算を依頼し、規模の拡大に伴い社労士へ依頼先に変更するという流れがおすすめです

特に、数十人から数百人規模の企業では、社労士に依頼することで、入退社手続きや社会保険、育児休暇などの多岐にわたる業務を一手に依頼することができるため非常におすすめです。税理士とは別の費用が発生するものの、複雑かつ大量の給与計算や各種手続きを一括で処理できることは大きなメリットです。

税理士・社労士への給与計算への依頼に関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

従業員規模に応じて給与計算を税理士に依頼するべきか、社労士に依頼するべきかについて比較した記事を読みたい方は以下の記事もおすすめです。
おすすめ記事:給与計算、税理士と社労士どちらに依頼すべき?

給与計算を依頼する場合の費用相場

給与計算を税理士・社労士に依頼する場合は、以下の費用がかかることを想定しておきましょう。こちらのサイトでも記載されている通り、費用は、「月額基本料金+単価✕従業員数」の料金体系にもとづいて算出されることが一般的です。

人数税理士社労士
〜10名〜20,000円10,000円~25,000円
11名〜30名20,000円〜35,000円25,000円~35,000円
30名〜50名35,000円~55,000円35,000円~50,000円
51名〜55,000円~50,000円~

上記はあくまで目安の料金です。対応範囲によって、料金が変動することも認識しておく必要があります。
なお、企業規模によっては給与計算の専門企業に依頼(アウトソーシング)するのもおすすめです。給与計算を外部に依頼する場合の費用相場については、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

合わせて読みたい「税理士に給与計算を依頼するときの費用」に関するおすすめ記事

税理士に給与計算を依頼!相場の費用やメリット・デメリットも知りたい!

この記事では税理士へ給与計算を依頼することのメリット・デメリットと給与計算を依頼するときにかかる費用の相場について紹介しています。

おすすめ参考記事:給与計算アウトソーシングの費用相場って?代行会社の選び方まで徹底解説!

合わせて読みたい「税理士に依頼する時の費用」に関するおすすめ記事

税理士へ依頼する際の費用はいくらが相場?法人の場合について解説!

この記事では税理士へ記帳代行や給与計算などの業務を依頼するときの費用の相場や、費用に応じた税理士へ依頼できることを紹介しています。
税理士へ依頼する際の費用に関して詳しく知りたい方におすすめの記事です。

税理士や社労士に給与計算を依頼する際の注意点

給与計算を税理士や社会保険労務士(社労士)に依頼する際、それぞれの専門分野を理解し、依頼する業務がその専門性に合致しているかを確認することが重要です。
税理士は給与計算から年末調整までの税務関連業務を担うことができますが、社会保険の手続きや入退社に関する労務管理業務はその専門範囲外です。

一方で、社労士は労務管理や社会保険に関する手続きを得意としていますが、年末調整(法定調書の作成・提出)のような税務処理に直接関わることはできません。依頼する際には、自社が必要とする業務がどの専門領域に属するのかを明確にし、適切な専門家を選択することをおすすめします。
税理士や社労士に給与計算を中心とした業務を依頼することで、専門的な知識を活用し、給与計算業務の正確性と効率性を高めることができるので非常におすすめです。

しかし、それぞれの専門分野を超えた業務を依頼してしまうと、法律違反になるリスクがあるため、給与計算業務の依頼前には専門領域を十分に理解しておくことが重要です。
また、給与計算だけでなく複数の業務を一つの専門家(税理士や社労士)に依頼したい場合は、事前にその専門家が提携している他の専門家を紹介してもらえるかどうかも確認することをおすすめします。これにより、異なる専門分野の業務もスムーズに進めることが可能になります。

おすすめ参考記事:税理士に依頼するといくら?給与計算アウトソーシングの費用相場【2024年最新版】

給与計算の業務は税理士や社労士に依頼して負担を減らしましょう

給与計算税理士社労士などの専門家に依頼することは、確かに費用が発生しますが、それによって得られるメリットは大きいです。

給与計算業務を依頼することで、企業は労働環境の改善など、本業に直結する重要な業務により集中することが可能になります。また、税理士や社労士などの専門家に給与計算業務を依頼することで、法令遵守の徹底や最新の税務・労働法規の変更に迅速に対応することも可能となり非常におすすめです。

おすすめ記事:給与計算をアウトソースしたい!社労士に依頼するメリット・デメリット

税理士や社労士など専門家へ給与計算を依頼することにはコストが伴いますが、そのコストを適切な投資と捉え、長期的な視点で企業経営を考えることが重要です。税理士や社労士の専門知識を給与計算業務に活用することで、企業は運営の効率化を図り、最終的にはコスト削減や生産性向上につながる可能性があります。

給与計算を税理士や社労士への依頼を検討する際には、依頼することのメリットとデメリットをしっかりと理解し、自社の規模やニーズに合ったサービスを選択することが肝心です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    適切な専門家とのパートナーシップを築くことで、企業はより強固な経営基盤を構築することができ、事業成長へと繋げることが可能となるでしょう。

税理士を探すのが大変と感じた方

この4月から新しく従業員を迎えることになって、給与計算をどうしたらいいのか迷っています。自分でやるべきなんでしょうか?
社内で給与計算を行うことも可能ですが、年末調整など複雑な手続きが発生した時に、専門家に依頼することになると思います。ですから、最初から税理士や社労士に給与計算の代行を依頼することをおすすめします。
なるほど、では税理士と社労士のどちらに依頼するのがいいんでしょう?
従業員数が少ない場合は、税理士に依頼しても十分対応できます。税理士は給与計算だけでなく、税務面のサポートも一緒に提供できるので、より総合的なサービスを受けることができますよ。どの方法で給与計算をするか悩んでいる場合は以下の記事を読んでいただくのがおすすめです。
給与計算を「社労士に依頼」「税理士に依頼」「自社対応」のどれが正解か?
わかりました。それなら税理士さんにお願いして、具体的な話を聞いてみることにします。ありがとうございます。

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう