税理士を変更するには?変更のタイミングや注意点、おすすめの方法を紹介

カテゴリー:

公開日:2024年2月

更新日:2024年4月19日

経営者が税理士を変更する決断は、経営していくうえで重要な転換点となり得ます。本記事では、依頼する税理士を変更する主な要因として、サービスの質やコミュニケーションの問題、節税提案の不足、そして会社ニーズの変化をあげ、変更を検討する際の決め手やメリット、さらにはデメリットについても詳しく解説します。

また、税理士変更時のおすすめタイミングや依頼する税理士の変更に必要な手続きについても触れ、経営者がスムーズに依頼する税理士を変更するためのガイドラインを提供します。経営者が直面する様々な課題に対応し、企業成長をサポートするためのパートナーとして、税理士選びの重要性を解説していきます。
税理士を変更したい、変えたいと思っている方におすすめの内容となっておりますのでぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 税理士を変更したい、変えたいと思う主な要因
    1. 税理士を変更する要因①:料金に対して税理士のサービス内容に不満がある
    2. 税理士を変更する要因②:税理士とのコミュニケーションに不満がある
    3. 税理士を変更する要因③:税理士が節税や補助金・助成金などの提案をしてくれない
    4. 税理士を変更する要因④:税理士へのニーズが変わった
  2. 税理士を変更する決め手にはどんなものがある?
    1. 変更の決め手①:税理士の対応に物足りなさを感じた時
    2. 変更の決め手②:税務だけでなく労務も併せて丸投げしたいと感じた時
    3. 変更の決め手③:税理士の料金が高いと感じた時
  3. 税理士を変更するメリット
    1. 税理士からの積極的な提案を受けることができる
    2. 試算表などの会計データをすぐに共有してもらうことができる
    3. 経理業務の効率化につながる
  4. 税理士を変更するときのデメリット
    1. 新しく依頼する税理士を探すのに時間がかかる
    2. 場合によっては税理士顧問料が値上がりする可能性がある
  5. 顧問税理士を変更する時に必要な手続き
    1. ①現在依頼している顧問税理士との契約内容を確認する
    2. ②現在依頼している顧問税理士に解約希望を伝える
    3. ③仕訳帳や決算書などの会計データを返却してもらう
  6. 税理士を変更するときのおすすめのタイミング
    1. 変更のおすすめタイミング①:法人税申告書を提出した直後
    2. 変更のおすすめタイミング②:税務調査が入った場合は修正申告書を提出した直後
    3. 変更のおすすめタイミング③:決算の3ヶ月前からは変更しないのが無難
  7. まとめ

税理士を変更したい、変えたいと思う主な要因

経営者が依頼する税理士を変更する理由は多岐にわたり、サービスの質、コミュニケーション、節税提案の不足、ニーズの変化などが主な要因です。

税理士変更に関するおすすめ記事:顧問税理士を変えたい|変更するタイミングやデメリット・注意点など解説

ここでは税理士を変更する要因のうち、主なものを4つ紹介していきます。

税理士を変更する要因①:料金に対して税理士のサービス内容に不満がある

経営者や個人事業主は、税理士に税務や会計に関する専門的な知識を活かし、経営をサポートしてもらいたいと期待しています。税理士の独占業務である税務代理、税務書類の作成、税務相談などは、経営者が安心して税理士に依頼できるポイントです。

しかし、実際に税理士と契約すると、思ったようなサービスが提供されない場合があります。例えば、税務処理や会計処理が迅速に進まず不満を感じる、疑問点や懸念事項に対する適切なアドバイスが得られない、税務相談などのサポートを依頼しているのに期待通りに行われない、といった場合です。

依頼した業務への対応面や、税理士のアドバイス通りに作成した書類にも関わらず税務調査で多くの指摘を受けたりすることもあります。経営者は、税理士が自社の経営をサポートする立場にないと感じると、信頼関係が揺らぎ、依頼する税理士を変更することを考えるようになります。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

税理士の変更を行う前に、今一度依頼中の税理士との契約を改めて確認しておいても良いかもしれません。契約内容によっては既存の料金内でアドバイスを依頼できることもあります。

税理士変更に関するおすすめ記事
税理士を変更すべきタイミングとは?手続きの流れや失敗しないための3つのポイントを詳しく解説!

税理士を変更する要因②:税理士とのコミュニケーションに不満がある

税理士とのコミュニケーションが不十分な場合、経営者は不満を感じることがあります。例えば、税理士との連絡手段が限られており、電話やFAXでのみ対応している場合や、面談が年に1度の決算申告時のみであるケースがあります。

経営者は日々の業務で発生する問題や疑問に迅速に対応できることが求められています。しかし、限られたコミュニケーション手段では、経営者のニーズに十分に応えられない可能性があります。

また、税務や経営に関する重要な意思決定を行う際に、税理士との意見交換が必要ですが、コミュニケーションが不十分な場合、経営者は孤立感を感じることがあります。

経営者は、定期的な打ち合わせやチャット、メールなどのツールを活用して、依頼している税理士とのコミュニケーションを強化する必要があります。もし、税理士との関係が単なる決算書作成代行に留まっている場合、税理士の変更を検討してもよいかもしれません。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士の変更を考えていたり、税理士を変えたいなと思っている人の中には「税理士と連絡を取る機会がないから何をしてくれているかわからない」と考える人もいるかと思います。
    そのような不満は税理士に抱く不満を紹介した記事でも書いてある通り、税理士を変更する大きな要因の一つのようです。

税理士を変更する要因③:税理士が節税や補助金・助成金などの提案をしてくれない

企業にとって節税対策は重要な課題の一つです。節税対策に積極的な税理士は、決算前の検討会や日々の打ち合わせから、今期の利益着地や納税予測のシミュレーションを行い、その結果に基づいた節税方法を提案してくれます。

一方、節税対策に消極的な税理士は、毎年納税額を直前に伝えてくることがあります。このようなケースでは、節税対策が十分に考慮されていない可能性があります。経営者は、節税対策を通じて無駄な納税を避けるためにも、積極的な税理士への変更を検討する必要があります。

税理士を変更する要因④:税理士へのニーズが変わった

企業(事業)の経営状態に応じて、経営者が税理士に求めることは変化します。たとえば、経理担当者が不在である、または辞めてしまった場合や、経営が難しい状況にある場合、経営アドバイスや経理業務のサポートを税理士に期待することが増えます。

また、企業の成長フェーズや状況に応じて、依頼している税理士から受けるべきサービスも変化します。例えば、売上が急成長しているのにも関わらず、税理士からのサポートが決算申告のみである場合や、経理の改善や店舗・部門別の管理提案を受けられない場合などが挙げられます。

このような状況下では、経営者は税理士により多くの支援や提案を期待しますが、それが受けられない場合、税理士への信頼性が揺らぐことがあります。
特に、経理担当者が不在である状況下では、経理業務のアウトソーシングを検討する場合もありますが、現在の会計事務所がそのような要望に応えられない場合、経営者は他の会計事務所への変更を検討する必要があります。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

経営者は会社のフェーズやニーズの変化に合わせて、税理士の提案やサポート内容を見直し、必要に応じて税理士への変更を検討することが重要です。

税理士の変更に関するおすすめ記事
変える人は意外と多い?|税理士を変更したいと思った理由とベストなタイミング

税理士を変更する決め手にはどんなものがある?

税理士を変更する決め手としては、企業によって様々ですがここではよくある3つの決め手について紹介します。

変更の決め手①:税理士の対応に物足りなさを感じた時

多くの経営者は、地元との繋がりが強く、長年同じ税理士に依頼しているケースが見られます。しかし、このような関係性の中で、年に1回しか打ち合わせがないことや、相談に対するレスポンスが遅いといった不満を抱く経営者も少なくありません。

長年の関係があるために、このような不満を我慢してしまうこともありますが、企業の成長やニーズの変化に合わせて、税理士の変更を考慮することをおすすめします。

特に、創業時はその関係で十分だったとしても、企業が成長し売上が増えるにつれて、昔ながらのサービスだけでは物足りなく感じることがあります。税理士が提供するサービスも、企業の規模や成長スピードに合わせて変化していくべきであり、具体的には経理の体制や節税対策、経営支援など、成長企業に適したサポートが必要です。

成長企業に合った積極的な提案を受けられているか、税理士の感覚と企業のスピードが合っているか、違和感を感じた時には、税理士との関係を見直し、変更を検討するタイミングと考えるべきです。

税理士が提供するサービスが企業の成長に見合ったものであるかどうかを常に確認し、必要に応じて適切な税理士を選択することをおすすめします。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    こちらの記事で解説されていますが、経営者の8割が依頼中の税理士に不満を感じており、「変更したいな、変えたいな」と思っているようです。

変更の決め手②:税務だけでなく労務も併せて丸投げしたいと感じた時

税理士と社労士を別々に契約している場合、相談窓口が分かれているため、時間がかかるという課題があります。しかし、一部の会計事務所では、税理士法人と社労士法人を同じグループで保有しており、一つの窓口で税務申告や労務関連の相談までワンストップで依頼できるようになっています。これにより、話がスムーズに進みやすくなるだけでなく、社内の担当者も他の業務に時間を使えるようになります。

また、一部の税理士事務所では、記帳代行や給与計算代行などの業務をアウトソーシングしてくれるサービスを提供しています。経営者が経理業務に時間を取られている場合や、経理担当者を採用することが困難な場合には、外部の専門家に業務を委託することで、効率的かつ高品質な経理体制を構築することができます。

おすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

税理士に依頼するだけでなく、社労士にも依頼するとなると費用がその分かかりますが、
経理担当者を1人雇うことに比べたら安いとも考えられます。経理や税務・労務全般にかかるトータルコストを踏まえて検討することをおすすめします。

おすすめ参考記事:「丸投げ」から「自計化」まで。税理士にはどこまで依頼するべきか徹底解説!

実際に、経理代行を依頼した場合、経理担当者の採用や教育にかかる費用よりも安価で依頼できることがあります。経理担当者を採用するのが困難な場合や、経理業務の効率化を図りたい場合には、経理代行サービスへの変更を検討することが有益です。

経理業務や労務管理に関する専門的なサポートを必要とする場合には、税理士や社労士との契約を見直し、経営者が業務に集中できる環境を整えることをおすすめします。

変更の決め手③:税理士の料金が高いと感じた時

現在依頼している税理士の報酬が高いと感じた場合、税理士の変更を検討することがあります。税理士の報酬は通常、月額で支払われるため、高額な料金は経費の負担となります。

月額の料金が高い場合、年間で見ると大きなコストになることがあります。例えば、月額5,000円でも年間で60,000円の費用です。このような場合、少しでも経費を節約したいと考える経営者も少なくありません。

しかし、現在の税理士に対して報酬の減額を依頼することが難しい場合や、契約上の制約がある場合は、新しい税理士への変更を検討することが選択肢となります。新しい税理士を選ぶ際には、料金だけでなく、提供されるサービス内容や信頼性も検討することが重要です。

経費の削減やコストダウンを目指す場合、料金が合理的であると感じる税理士への変更を検討することが、企業の経営にとって重要です。

合わせて読みたい「税理士に依頼する時の費用」に関するおすすめ記事

税理士へ依頼する際の費用はいくらが相場?法人の場合について解説!

この記事では税理士へ依頼するときの費用の相場や、費用に応じた税理士へ依頼できることを紹介しています。税理士費用がネックで税理士の変更を検討したいと考えている方や「もう税理士高すぎて変えたいんだけど!」と思っている方におすすめの記事です。

税理士を変更するメリット

税理士を変更することで、税理士からの積極的な提案や、迅速な会計データの共有、経理業務の効率化など経営に直結する多大なメリットが得られます。

ここでは税理士を変更するメリットのうち、主要なものを3つ紹介します。

税理士からの積極的な提案を受けることができる

税理士を変更することで、自社の悩みに合った専門家から積極的な提案を受けることができます。これまでの税理士が、経営者からの相談や提案がない限り積極的なアドバイスをしてこなかった場合でも、新しい税理士では「攻めのアドバイス」をもらえる可能性が高まります。

経営者が自ら情報を集めるのは時間と労力がかかるものですが、専門的な税理士からの提案を受けることで、最新の情報や専門知識を手に入れることができます。例えば、経営課題に特化した税理士からは、市場動向や競合他社の動向、新たなビジネスモデルやテクノロジーの活用方法など、幅広い情報を提供してもらえるでしょう。

経営判断のスピードを上げるためには、常に最新の情報を取り入れることが重要です。税理士からの積極的な提案を受けることで、今後の経営戦略や意思決定において迅速かつ正確な判断を行うことが可能になります。

一般的に税理士が相談に乗ってくれる相談例がわかるおすすめの記事

税理士_依頼_おすすめの記事

税理士の変更をお考えの方は、こちらの記事「税理士はどんな相談にのってくれる?相談例をケース別に紹介」を参考に、一般的な税理士が乗ってくれる相談事例と今の税理士を比較して、どのような差があるかを確認することで税理士を変更するかどうかの判断材料にしていただくのがおすすめです。

試算表などの会計データをすぐに共有してもらうことができる

会計事務所によっては、試算表の提出スピードが大きく異なります。現在依頼している税理士が試算表を提出するのに30日以上かかっているという場合は、迅速な経営判断が難しくなります。しかし、毎月タイムリーに試算表を提出してくれる事務所に変更することで、売上の好不調や現在の利益が即座に可視化され、スピーディーな経営判断が可能になります。

タイムリーな試算表の提出は、投資を正確に把握することを支援します。経営者はいつ何にどれだけ投資できるのかを容易に判断することができるため、事業の成長や安定化に向けた戦略を立てやすくなります。また、銀行への融資相談もスピーディーに行えるため、経営基盤を強固にすることができます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    経営者にとって、試算表や会計データの迅速な共有は、事業の健全性を確保し、将来の成長を支援する上で非常に重要です。したがって、試算表の提出スピードを早めるために、適切な会計事務所を選択することが必要です。

おすすめ記事:月次試算表の使い方とは?税理士から貰える試算表の使い方を解説

合わせて読みたい「税理士変更時の引き継ぎ事項」に関するおすすめ記事

税理士変更するときに引継ぐべき事項は?引継ぎ手続きの手順も解説!

この記事では税理士を変更するときに必要となる会計データや税務関係の書類など、引き継ぎを行うべき事項と引き継ぎ時の注意点について紹介します。

経理業務の効率化につながる

経理コンサルを得意とする事務所に依頼することで、経理業務の効率化が実現します。このような事務所では、最新のシステムを提案したり、経理フローの改善を提案したりすることが可能です。さらに、自社の手が回らない部分をアウトソーシングすることで、効率的な業務運営が実現できます。

たとえば、税理士と協力してクラウド会計を導入することで、従来の経理作業が大幅に簡略化されます。クラウド会計の利用により、銀行への通帳記帳などの手間が省かれ、自動的にデータが取り込まれます。その結果、経理担当者は記帳作業から解放され、社長が確認したい経理や財務の数字をより効率的にまとめることができます。

経理業務の効率化により、時間と労力の節約だけでなく、正確性や透明性も向上します。経理作業の合理化は、企業の成長にとって重要な要素であり、経営者の意思決定をサポートするための貴重な手段です。

税理士変更に関するメリットについては以下の記事もおすすめです。
顧問税理士を変更する注意するべきポイントと7つのメリット

税理士を変更するときのデメリット

一方で税理士を変更することによるデメリットも少なからずあります。

新しく依頼する税理士を探すのに時間がかかる

税理士を変更する際の大きなデメリットの一つは、新しい税理士を見つけるのに時間と労力がかかることです。税理士を変更しようとしても、簡単に済むものではありません。

・今の税理士に変更の意向を伝える
・自社に適した新しい税理士を見つける
・今の税理士から提供された書類を回収する

など、これらのステップには通常3ヶ月から半年ほどの時間がかかる場合があります。忙しい経営者にとって、通常の業務と並行して税理士の変更手続きを進めるのは容易ではありません。

税理士変更のデメリットに関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

税理士変更のデメリットに関するおすすめ記事については以下の記事も参考になるかと思います。
税理士を変えるデメリット|面倒なリスクを回避し円滑に変更する方法

しかし、時間や労力を費やしてでも税理士を変更することに価値を見出す場合もあります。経営者が新しい税理士に期待するサービスや支援が得られると信じる場合、変更する価値は十分にあるかもしれません。

  • SoVa税理士ガイド編集部

    次の税理士への希望があらかた決まっている方は、freeeの税理士紹介で条件を絞りながら自分に合う税理士を探すのもおすすめです。業種や対応している地域、依頼したい内容などから検索結果を絞ることができとても便利です

場合によっては税理士顧問料が値上がりする可能性がある

これまで安価な料金で月次顧問を依頼していた場合、税理士変更によって顧問料が上昇することは避けられないかもしれません。しかし、安価な料金はその分だけ提供されるサービスの質や範囲が制限される場合があります。自社に適した質の高いサービスを受けるためには、それに見合った対価を支払う必要があります。

安かろう悪かろうで現状を維持するか、今後の成長のために信頼できる事務所に依頼するか、経営判断が求められます。顧問料の上昇が将来の成長や効率化に繋がる可能性もあるため、そのコストを投資として捉えることも重要です。

格安税理士の特徴がわかるおすすめサイト

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

安価な料金で対応してくれる税理士が一般的に対応している業務内容についてこちらのサイト「格安税理士とは?月額顧問料1万円以下の格安税理士29社【料金表あり】」で一度確認してから、自身が税理士に求めているものと照らし合わせながら判断することをおすすめします。

合わせて読みたい「税理士変更と税務調査」に関するおすすめ記事

税理士変更で税務調査の対象になる?税務調査の注意点について解説

この記事では税理士を変更することによる税務調査への影響について解説しています。「税理士の変更によって税務調査に影響があるのではないか?」と不安に思う方も多いかと思います。税理士変更のタイミングなどポイントを解説していますのでぜひ一度ご覧ください。

顧問税理士を変更する時に必要な手続き

顧問税理士を変更する時に必要な手続きをステップ別に紹介していきます。

①現在依頼している顧問税理士との契約内容を確認する

契約書には解約の申し出を3か月前に通知する義務があるといった内容が記載されている場合がありますので、事前に契約書を確認しておくことが重要です。また、報酬をいつまで支払う義務があるのかという点も把握しておくことが必要です。

税理士変更に関するおすすめ記事:
【揉めたくない】税理士を円満に変更する断り方|コツ&トラブル対策

②現在依頼している顧問税理士に解約希望を伝える

契約解除の旨を現在の税理士に丁寧に伝えます。契約には解除の申し出に期限を設けられていることがあるため、期限までに断りを入れるようにします。

税理士に断りを入れる際は、できる限り対立を避けるよう心がけましょう。不満や非があっても、「取引先に勧められた税理士に変更することになった」「身内の税理士にお願いすることになった」といったやむを得ない理由を示すのが良いでしょう。

また、契約解除の日付を明確にして、書面などで確認しておくと、後々のトラブルを防ぐことができます。

税理士変更に関するおすすめ記事:
顧問税理士は変更できる?変更の手順やタイミングを解説

③仕訳帳や決算書などの会計データを返却してもらう

解約の手続きが進むにつれて、現在の税理士に保管されている重要な会計データを返却してもらう必要があります。以下の書類は特に重要なので、確実に返却してもらうよう心がけましょう。

・請求書や領収書など金銭関係の書類
・給与関連の書類(年末調整関係書類、扶養控除申告書など)
・決算書(内訳明細書、固定資産台帳など)
・会計データ(総勘定元帳、試算表、仕訳帳など)
・税務署に提出した届出書(法定調書、消費税関係など)
・会社の定款、登記簿謄本

解約後の書類返却が円滑に進まない場合もあるため、解約手続きを早めに行うことが重要です。税理士から書類を返してもらえない場合は、会社の所有物であることを主張しましょう。また、トラブルを避けるためにも、お互いに納得できる解約の方法を模索することが大切です。

税理士変更に関するおすすめ記事:
【税理士監修】[例文付き]税理士変更の断り方!コツと円満に断る方法とは?

税理士の変更について気をつけておきたい注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

税理士の変更は計画的に進めることが欠かせません。計画的に進めなければ、「新しい税理士を見つけたけど、今の税理士を断れない…」や「今の税理士と契約を解除したものの新しい税理士が見つからない…」なんてことになりかねません。税理士の変更をお考えの方は、タイミングを見計らい、十分な準備をしておきましょう。税理士の変更をお考えの方は、以下の記事を参考に新しい税理士を探してみてください。

おすすめ記事:失敗しない税理士の選び方とは?選ぶ基準やおすすめの探し方

税理士を変更するときのおすすめのタイミング

税理士を変更するといってもタイミングが重要です。ここではおすすめの変更のタイミングについて3つ紹介します。

変更のおすすめタイミング①:法人税申告書を提出した直後

法人の場合、法人税申告書の提出は税務業務の締めくくりとなります。通常、法人税の申告期限は事業年度終了日の翌日から2ヶ月以内です。例えば、3月末で決算を迎える会社の場合、5月申告が終わった6月が最適なタイミングとなります。

法人税申告書を提出した後に税理士を変更することで、同年度での残りの業務を引き継ぐ必要がなくなります。また、新しい税理士と共に次年度からの計画や税務相談を進めることができるため、円滑な業務推進が可能となります。

変更のおすすめタイミング②:税務調査が入った場合は修正申告書を提出した直後

税務調査が入った場合は、税務調査が終了し結果を受け取った直後も税理士を変更するのに最適なタイミングの一つとなります。また、税務調査の結果を受けて修正申告書を提出する必要がある場合は、修正申告書提出後に税理士を変更することをおすすめします。

税理士変更に関するおすすめ記事:
税理士を変更するタイミングや変更する際のポイントを徹底解説!

税務調査は確定申告や法定調書の内容に誤りがないかを確認するための調査ですので、税理士のサポートが重要です。また、税務調査時に税理士に代理人として協力してもらうためには、税務代理権限証書が必要です。

税務調査が予定されている場合は、税務調査の前後に税理士の変更手続きを行うと手続きがスムーズに進められます。税務調査の時期は一概には言えませんが、通常は7月から12月にかけて多く実施される傾向があります。税務調査が行われた場合は、調査終了後に税理士を変更することを検討しましょう。

変更のおすすめタイミング③:決算の3ヶ月前からは変更しないのが無難

決算は、1年間の会社の業績をまとめて経営状況を把握するための重要な手続きです。正確な損益計算や税金の算出が必要ですので、税理士のサポートは不可欠です。決算には最低でも3ヶ月前から準備や資料の確認が始まるため、この期間には税理士の変更は避けるべきです。

税理士は1年間の税務処理や税務相談の内容を把握しているため、現在の税理士以外に引き継ぐことは困難です。税理士同士の引き継ぎは通常行われませんので、決算が近づいている場合に新しい税理士に変更すると、会社の経営状況や1年間の税務処理を理解するのが難しくなり、決算に悪影響を及ぼす可能性があります。

業務の円滑な進行を確保するためにも、決算の3ヶ月前から法人税申告書の提出が完了するまでは、税理士の変更は控えるべきです。

税理士変更のおすすめのタイミングについては以下の記事も参考になるかと思います。税理士の変更|ベストなタイミングや変更時の3つの注意点を解説

まとめ

経営者が税理士を変更する主な理由はサービスの質、コミュニケーション不足、節税提案の不足、ニーズの変化などです。税理士の変更は、積極的な提案、迅速な会計データ共有、経理業務の効率化など多大なメリットをもたらしますが、新しい税理士を見つける時間や労力、場合によっては顧問料が上昇する可能性もあります。変更のおすすめタイミングは、法人税申告書提出直後、税務調査後、または決算の3ヶ月前では変更を避けるのが無難です。適切なタイミングでの税理士変更は、企業の経営状況を改善し、成長を促進する重要なステップとなります。

税理士を探すのが大変と感じた方

最近従業員を雇い始めて、給与計算が必要になってきたんです。でも、今の税理士さんは給与計算の代行サービスは提供していないみたいで…。これって社労士に依頼するしかないんでしょうか?
実は、給与計算代行サービスを提供している税理士もいるんですよ。税理士と社労士、どちらにも依頼できる業務ですが、会計業務全般を一貫して担当してもらえる税理士に依頼すると、経理業務がスムーズになることが多いですね。
そうなんですね!じゃあ、給与計算も含めて対応してくれる税理士を探せばいいんですね。情報ありがとうございます、新しい税理士を探してみることにします。
税理士の変更時は注意点もあるから以下の記事を参考にしつつ進めるのがおすすめですよ。
税理士変更のタイミングと伝え方/税理士を変える際の注意点

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう