マイクロ法人化で後悔?後悔の実例から税理士に相談する必要性まで解説!

カテゴリー:

公開日:2024年5月

更新日:2024年5月16日

マイクロ法人とは

マイクロ法人とは、従業員を雇わず、代表者自身が1人で事業活動を行う会社のことを指します。最近では、個人事業主やフリーランスの方が税金や社会保険料を節減するために、この形態を選ぶことが増えています。マイクロ法人は、特定の株主や複数の従業員を持たないため、代表者が全ての業務を担当することが特徴です。このような会社形態は、経費の節減と税制のメリットを追求するために設立されることが多いです。

一般的な企業とは異なり、マイクロ法人は株主や役員を置く必要がありません。通常の企業は、投資を集めるために株主を募集し、役員や従業員を雇用しますが、マイクロ法人はそのような体制を取らず、代表者1人が全てを担います。しかし、会社法では、非公開会社においても役員や株主の人数に制限がないため、法律上は一般の企業とマイクロ法人は同じ扱いを受けます。このため、マイクロ法人を設立する際には、他の法人と同様に会社法に基づいた手続きを行う必要があります。また、会社設立登記も不可欠です。

マイクロ法人の設立は、事業の拡大を目指す通常の企業とは異なり、主に節税を目的としています。株主への利益還元を行う必要がないため、収益の再投資や事業の規模拡大に縛られない柔軟な経営が可能です。

また、マイクロ法人化のメリットの一つは、法人税率が所得税率よりも低い場合が多いため、利益が大きい場合には税負担を軽減できることです。また、経費として認められる範囲が広がるため、事業運営にかかる費用を法人の経費として計上できる点も大きな利点です。さらに、役員報酬として自分自身に支払う給与を調整することで、所得税の課税所得を減らすことができます。

マイクロ法人を設立する前には、自身のビジネスの将来性や経営計画をしっかりと考えることが重要です。短期的な節税効果だけでなく、中長期的な視点で見たときに、本当にマイクロ法人化が最適な選択であるかを慎重に判断する必要があります。

また、マイクロ法人を設立する際には、税理士に相談することが強く推奨されます。税理士は、法人化の手続きや税務に関する専門知識を持っているため、適切なアドバイスを受けることができます。例えば、どのような形で法人を設立するか、どの程度の役員報酬を設定するか、経費として認められる項目をどのように扱うかなど、具体的な指導を受けることで、節税効果を最大限に引き出すことが可能です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士に相談することで、専門的な視点からのアドバイスを受けることができ、後悔しない選択をするための助けとなるでしょう。

マイクロ法人化で後悔?税理士相談に関連する記事

マイクロ法人化 -個人事業主との違い-

マイクロ法人と個人事業主は、運営形態が異なるだけで、日々の業務内容には大きな違いはありません。しかし、マイクロ法人化することで得られる税務上のメリットが存在するため、多くのフリーランスや個人事業主が法人化を選ぶケースが増えています。

個人事業主として事業を始める際には、税務署に開業届を提出する必要があります。一方、マイクロ法人を設立するためには、定款の作成や法務局での法人登記が必要となります。この手続きは個人事業主としての開業に比べて複雑で時間がかかりますが、その分、税制面での優遇措置を受けられる場合も多いです。マイクロ法人化によって節税効果を享受できることが大きな魅力です。

マイクロ法人にすることで、法人税率が個人の所得税率よりも低い場合が多いため、利益が大きい場合には税負担を軽減できるという利点があります。また、経費として認められる範囲が広がり、事業運営にかかる費用を法人の経費として計上することで、さらに節税効果が期待できます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    これらのメリットから、マイクロ法人を立ち上げることを選ぶ個人事業主は少なくありません。

また、企業に勤める会社員が副業としてマイクロ法人を設立することも可能ですが、会社の規定によっては副業を禁止している場合もあります。会社員がマイクロ法人を設立することで、労働契約に違反する可能性があるため、事前に会社の規定を確認することが重要です。

個人事業主として活動を続けるか、マイクロ法人化するかの判断は、中長期的な視点で行うことが重要です。短期的な節税効果だけに目を向けず、将来的な事業の発展や安定性を考慮する必要があります。そのため、専門的な知識を持つ税理士に相談することが強く推奨されます。税理士は、法人化の手続きや税務に関する専門的なアドバイスを提供し、最適な経営戦略を立てるサポートをしてくれます。

マイクロ法人化 -後悔する主な理由-

マイクロ法人の設立を検討する際、メリットばかりに目が向きがちですが、実際にはいくつか後悔に繋がるデメリットも存在します。ここでは、マイクロ法人化で後悔する3つの理由について詳しく解説します。

マイクロ法人化 -後悔する主な理由①-

事務手続きに時間と費用がかかる

マイクロ法人を設立する際、事務手続きが個人事業主に比べて非常に煩雑であることは大きな後悔の原因となります。マイクロ法人は年に一度、決算申告を行わなければなりません。この決算申告には、貸借対照表や損益計算書といった決算報告書に加えて、勘定科目内訳明細書や法人事業概況説明書の提出が必要です。

さらに、会計上で費用として認められても、税法上では損金として認められない場合があり、申告調整の手続きを要します。これらの書類を個人で作成するのは容易ではなく、専門的な知識が必要です。そのため、多くのマイクロ法人は税理士に依頼することになりますが、税理士の費用も無視できません。これらの手続きの煩雑さとコストがマイクロ法人化の後悔の一因となります。

マイクロ法人化 -後悔する主な理由②-

赤字でも税金の支払いがある

個人事業主の場合、赤字であれば所得税や住民税の支払いは発生しません。しかし、マイクロ法人の場合、たとえ赤字でも法人住民税の均等割を支払う必要があります。均等割とは、前年の所得金額にかかわらず、課税対象となる全ての法人が均等に負担する税金です。

均等割の金額は自治体によって異なりますが、通常7〜8万円程度かかります。赤字でもこの税金を支払う必要があるため、経済的な負担が増加します。これがマイクロ法人化を後悔する二つ目の理由です。

マイクロ法人化 -後悔する主な理由③-

ランニングコストが発生する

マイクロ法人の設立には初期費用がかかります。例えば、株式会社を設立する場合は約24万円、合同会社の場合でも約10万円の費用が必要です。しかし、初期費用だけでなく、設立後のランニングコストも考慮する必要があります。

具体的には、バーチャルオフィスの利用料や電話受付代行サービスの費用などです。これらの費用は毎月発生するため、年間で見るとかなりの額になります。これらのコストが、削減される税金や社会保険料と比べて、本当にマイクロ法人化のメリットを上回るのか、後悔しないため慎重に評価する必要があります。ランニングコストが高くなることも、後悔の理由の一つです。

後悔を避けるためにはマイクロ法人化を検討する際に、事前に税理士に相談することが非常に重要です。税理士は、法人化のメリット・デメリットについて専門的な視点からアドバイスを提供してくれます。例えば、マイクロ法人としての税務処理や、経費計上の方法、さらには赤字の場合の対策など、具体的な戦略を一緒に考えてくれます。

また、税理士の助言を受けることで、法人設立後の税務や会計の煩雑な手続きをスムーズに進めることができます。適切なアドバイスを受けることで、後悔しない選択をするための道筋が明確になります。

総じて、マイクロ法人化には多くのメリットがある一方で、後悔につながる予想外のデメリットも存在します。これらを十分に理解した上で、専門家である税理士に相談し、自身のビジネスに最適な判断を下すことが重要です。後悔しないための慎重な計画と準備を怠らないようにしましょう。

マイクロ法人化で後悔?税理士相談に関連する記事

マイクロ法人化 -後悔の実例-

マイクロ法人を実際に立ち上げた起業家の中には、「思っていたのと違った」「もっとこうすればよかった」と後悔するケースも少なくありません。ここでは、実際にマイクロ法人を立ち上げた人々の具体的な後悔の実例を紹介します。これらの事例を知ることで、将来的に発生し得る課題を事前に把握し、適切な対策を講じることができます。

マイクロ法人化 -後悔の実例①-

マイクロ法人の立ち上げ前や直後に後悔したこと

まず、マイクロ法人の設立前や直後に起業家が後悔した事例を見てみましょう。

定款の内容を適当に決めてしまった

設立時に作成する定款の内容を深く考えずに決めてしまい、後から修正が必要になり3万円もかかってしまったというケースです。定款の内容は法人の基本となるため、しっかりと考えた上で作成することが重要です。

自分だけの判断で届出書類を作成した

税務上有利な方法を見逃してしまい、税金の面で損をしてしまったという事例です。専門的な知識が不足していると、後々大きな後悔に繋がります。

設立の申請作業を一人で行った

非常に手間がかかり、本業に支障が出てしまったという話もよく聞かれます。設立時の手続きは多岐にわたるため、時間と労力がかかります。

設立費用の補填に使える助成金の存在を知らなかった

助成金を利用しなかったために、余計な費用を負担することになったケースです。事前に助成金や補助金についてリサーチしておくことが大切です。

マイクロ法人に関する注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

これらの後悔の事例から分かるように、マイクロ法人の設立時には多くの注意点があります。一人で全てをこなそうとすると、知識不足や手続きの煩雑さから後悔につながってしまいがちです。

マイクロ法人化 -後悔の実例②-

マイクロ法人の立ち上げ後に後悔したこと

次に、マイクロ法人を立ち上げた後に起業家が後悔した事例を見ていきましょう。

法人の決算が想像以上に大変だった

経費処理や法人税の計算が複雑で、想像の10倍も大変だったという声があります。個人事業主時代の確定申告とは異なり、法人の決算は多くの書類や詳細な計算が必要となります。

社会保険料の計算が難しかった

法人として社会保険に加入する際の計算が難しく、自分一人では対応できなかったという事例です。社会保険の手続きや計算は非常に複雑で、専門知識が求められます。

維持費が予想以上に高かった

バーチャルオフィスの契約料や社会保険料、法人税などのランニングコストが意外と大きく、予想以上の負担となったケースも多く見られます。

これらの後悔の事例から分かるように、マイクロ法人の運営は思った以上に複雑で費用がかかることがあります。個人事業主としての経験だけでは対応しきれない部分が多く存在します。

マイクロ法人を設立する際に後悔しないためには、専門家の助言を受けることが重要です。特に、税理士に相談することでたくさんのメリットを享受できます。マイクロ法人化の際に税理士に相談し、後悔するリスクを大幅に減らすことが可能となります。専門家の力を借りて、適切な準備と計画を立てることが成功の鍵となります。

これらの後悔の実例を参考にして、マイクロ法人を設立する際には慎重に準備を進め、専門家の助言を活用することが大切です。後悔しないために、必要な情報をしっかりと収集し、適切な判断を下しましょう。

マイクロ法人化 -後悔しないための注意点-

マイクロ法人を設立する際、事前にしっかりと準備と理解をしていないと、後悔することが多々あります。ここでは、マイクロ法人設立後に後悔しないための重要な注意点について解説します。特に、税理士のアドバイスを受けることで、失敗を避けることができます。

マイクロ法人化 -後悔しないための注意点①-

本業とは別の事業を選ぶ

マイクロ法人を設立する際に最も重要なのは、個人事業と法人事業の内容を明確に分けることです。これを怠ると、税務上の問題が生じる可能性があります。以下の点に注意しましょう。

所得の分散に対する税務上のリスク

個人事業と法人事業が同じ内容であれば、所得を分散させることで税金逃れとみなされる恐れがあります。税務署から脱税の疑いをかけられることも考えられます。この後悔に繋がるリスクを避けるためにも、事業内容の区別は明確にすることが必要です。

事業の選定

マイクロ法人として行う事業は、個人事業とは異なるものであるべきです。例えば、資産管理会社、YouTubeやSNSを活用したコンテンツ制作、不動産業、太陽光発電などが挙げられます。これらの事業は、在庫を必要とせず、比較的低コストで運営できるため、マイクロ法人に適しています。マイクロ法人を設立する際には、選ぶ事業内容も非常に重要です。適切な事業を選ぶことで、マイクロ法人のメリットを最大限に享受することができます。

マイクロ法人化 -後悔しないための注意点②-

サラリーマンは社会保険料を節約できない

会社員がマイクロ法人を設立する際には、社会保険料の節約効果を期待するのは避けた方が良いでしょう。以下の理由があります。

社会保険料の増加

会社員がマイクロ法人から役員報酬を受け取ると、社会保険料が増える可能性があります。会社員としての給与に加えて役員報酬が加算されるため、結果的に社会保険料が高くなることがあります。

副業がバレるリスク

2つ以上の会社で社会保険に加入する場合、本業の会社に通知が届き、副業がばれる可能性があります。この後悔に繋がるリスクを避けるためにも、副業としてマイクロ法人を設立する際には慎重な判断が必要です。

マイクロ法人を後悔しないよう設立する際には、事前の準備と理解が非常に重要です。本業とは別の事業を選び、社会保険料の増加や税務上のトラブルを避けるためにも、税理士の助言を活用することが推奨されます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    専門家の力を借りることで、後悔することなく、マイクロ法人のメリットを最大限に活かすことができるでしょう。

マイクロ法人化で後悔?税理士相談に関連する記事:
マイクロ法人の作り方5ステップ!後悔しないための注意点も紹介

マイクロ法人化 -後悔しないための対策-

マイクロ法人化で後悔しないためには、事前の準備と計画が不可欠です。多くの後悔、失敗例を見ると、その原因の多くは十分な検討不足や準備不足に起因しています。ここでは、後悔しないための具体的な対策について解説します。特に税理士のアドバイスを得ることが重要です。

マイクロ法人化 -後悔しないための対策①-

事前に入念な計画を立てる

マイクロ法人化で後悔しないためには、法人化前にしっかりと計画を立てることが重要です。具体的には以下の点に注意しましょう。

事業計画と経営方針

法人化後の事業計画や経営方針を明確に定めておくことが大切です。法人化することで事業がどのように変わるのか、どのように成長させるのかを考えておきましょう。

資金計画

法人化には設立費用や運営費用がかかります。これらの費用をどう賄うか、どの程度の資金が必要かを具体的に計画しておくことが重要です。

市場調査

競合他社の動向や市場ニーズをリサーチして、法人化後の事業展開に役立てましょう。市場の状況を把握することで、より適切な戦略を立てることができます。

計画を立てずに法人化すると、予期せぬ出費や手間が発生し、結果として後悔することになりかねません。

創業時に融資を受ける

資金繰りの悪化は法人化での失敗や後悔の大きな原因の一つです。特に設立直後は、さまざまな手続きや初期費用がかかるため、資金不足に陥りやすいです。そこで、創業融資を活用することを検討しましょう。

創業融資の活用

日本政策金融公庫の新創業融資制度や自治体・金融機関・信用保証協会による制度融資など、公的な融資制度を活用することで、設立初期の資金不足を補うことができます。

資金計画の策定

創業融資を受ける際には、具体的な資金計画を立てることが求められます。どのくらいの資金が必要で、どのように返済していくかを明確にすることで、資金繰りの不安を解消することができます。

マイクロ法人化で後悔?税理士相談に関連する記事

マイクロ法人化 -後悔しないための対策②-

経営や税制、手続きの知識を身につける

マイクロ法人化で後悔しないためには、法人化に伴うさまざまな知識を事前に身につけておくことが不可欠です。

経営の知識

法人としての経営は、個人事業主とは異なる点が多いです。経営戦略やマーケティング、人事管理など、基本的な経営知識を身につけておくことが重要です。

税制の知識

法人税や消費税、社会保険料など、法人化することで税金の仕組みが大きく変わります。適切な節税対策を講じるためにも、税制についての理解を深めておきましょう。

手続きの知識

法人設立には多くの手続きが必要です。定款の作成や法務局での法人登記、税務署への届け出など、必要な手続きを事前に把握しておくことで、スムーズに設立を進めることができます。

マイクロ法人化で後悔しないためには、事前の準備と計画が鍵となります。本業とは別の事業を選び、十分な資金計画を立てること、経営や税制に関する知識を身につけることが重要です。また、税理士のアドバイスを活用することで、よりスムーズに法人化を進め、後悔することなく運営を続けることができるでしょう。これらの対策を講じることで、マイクロ法人のメリットを最大限に活かし、成功への道を歩むことができます。

合わせて読みたい「マイクロ法人の会社設立や税理士への依頼」に関するおすすめ記事

マイクロ法人は税理士に依頼すべき?会社設立からおすすめの税理士の選び方解説

この記事ではマイクロ法人の設立に関して税理士に依頼すべきか否かについて解説するとともに、マイクロ法人の会社設立に関しておすすめの税理士の選び方を紹介しています。

マイクロ法人化 -税理士に相談する必要性-

マイクロ法人を設立する際に、税理士に依頼することを検討するのは非常に重要です。税理士に依頼しなかった場合、実際にどのような問題が発生するのでしょうか。ここでは、税理士に相談しなかったことで後悔した例を紹介し、その重要性を解説します。

マイクロ法人化 -税理士に相談する必要性①-

本業に集中できる

マイクロ法人を経営する際、事務手続きにかかる時間と労力は非常に大きな課題です。特に会計や税務関連の手続きは複雑であり、専門知識が必要不可欠です。多くのマイクロ法人経営者が、税理士に依頼せずに自力で解決しようとすることで後悔しています。

まず、法人会計の複雑さに多くの経営者が直面しています。会計ソフトを使用しても、法人会計は個人事業主の確定申告と比べて格段に難易度が高いことが予想以上であることが分かっています。経営者たちは、会計業務に費やす時間の多さに驚き、自らで対処することの難しさを実感しています。

さらに、知識不足によるミスが後を絶ちません。会計や税務に関する正しい知識が不足していると、帳簿の記録ミスや誤った決算処理、税金の計算ミスなどが頻繁に発生します。これらのミスは後で修正するのが難しく、結果として時間と労力の無駄遣いにつながります。

そこで、税理士に相談することが重要です。税理士に手続きを任せることで、専門家が適切に対応し、経営者自身は本業に集中することができます。後悔を避けるためには、早い段階で税理士と相談し、事務手続きを円滑に進める準備をすることが肝要です。

マイクロ法人化 -税理士に相談する必要性②-

不確かな情報に振り回されない

マイクロ法人を運営する際に、税務や会計の情報を自ら収集することは一般的ですが、これが後悔の原因となることもあります。

まず、情報の正確性が問題です。インターネットや書籍から得られる情報は必ずしも最新かつ正確ではなく、法改正前の情報や個人の解釈が含まれていることがあります。これに振り回されると、誤った判断を下す可能性が高まります。

さらに、時間と労力の浪費も避けられません。新たな情報を得てはその意味を理解し、適用するために多くの時間を費やすことになります。これが何度も繰り返されると、心身ともに疲弊してしまいます。特に、マイクロ法人の経営者は本業と並行してこれらの作業を行うため、負担が非常に大きくなります。

こうした問題を解決するためには、税理士に相談することが重要です。税理士は正確で最新の情報を提供し、経営者が迅速かつ的確な判断を下せるようサポートします。専門家のアドバイスを受けることで、無駄な時間と労力を削減し、後悔することなく適切な対応が可能になります。

マイクロ法人化 -税理士に相談する必要性③-

経理を雇う費用と税理士を雇うコストが変わらない

マイクロ法人の経営者が経理担当者を雇うことを検討する際、その費用と顧問税理士を雇うコストがほとんど同じであることに驚くことがよくあります。

経理担当者のコストを考えると、アルバイトや派遣社員として雇う場合、その時給は平均して1,100円から1,681円程度です。例えば、月末だけのパートタイムで経理担当者を雇うと、年間で約24万円かかります。

一方で、税理士に決算書の作成と申告をスポット契約で依頼した場合、費用は10万円から20万円程度です。顧問税理士を雇った場合でも年間30万円ほどで済みます。

経理担当者を雇う費用と税理士を雇うコストは大きく変わりません。むしろ、税理士に依頼することで、専門知識を活かした正確な対応が期待できるため、コストパフォーマンスが高いと言えます。税理士には節税や法令遵守などの専門知識があり、経営者の負担を軽減する役割を果たします。

マイクロ法人化 -税理士に相談する必要性④-

税理士に相談することで得られるメリットがある

税理士に相談することは、マイクロ法人経営者にとって数多くの利点があります。税理士の専門的な知識やアドバイスは、最新の税法や会計に関する情報に基づいており、経営に関する様々な疑問や不安に的確に答えてくれます。

また、税理士に手続きや書類の作成を任せることで、経営者は本業により多くの時間を割くことができます。税理士が正確な帳簿作成や決算処理を行うことで、後からの修正や問題が生じる可能性が低くなります。

さらに、税理士は最適な節税対策を提案してくれるため、法人としての税負担を軽減することができます。このように、税理士に相談することは経営の効率性や正確性を高めるだけでなく、税金の節約にもつながります。

マイクロ法人を設立する際に、税理士に相談することの重要性を理解することが、後悔しない経営の第一歩です。自身での対応にはリスクが伴うことがありますが、税理士の専門知識を利用することで、効率的で正確な経営を行うことができます。税理士の支援を得ることで、事務手続きの負担を軽減し、経営に集中できる環境を整えることが可能です。

マイクロ法人化で後悔?税理士相談に関連する記事:
法人化を後悔する10個のパターン!税理士目線で失敗しない方法を解説

まとめ

今回は、マイクロ法人化の主な後悔のポイントや、実際の起業した起業家の後悔の実例、税理士に相談する必要性まで解説しました。

マイクロ法人化に関する後悔やリスクを考える上で、税理士に相談することの重要性は非常に大きいことが明らかになります。マイクロ法人経営者が後悔する原因の多くは、事務手続きの複雑さや知識不足から生じるものです。しかし、税理士の専門知識やアドバイスを活用することで、これらのリスクを最小限に抑えることができます。

税理士は、マイクロ法人の経営者が直面するさまざまな問題に対して、的確な解決策や助言を提供してくれます。税理士は最新の税法や会計基準に精通しており、経営者が知識や経験不足から生じる後悔を防ぐのに役立ちます。

また、税理士に事務手続きや書類作成を任せることで、経営者は本業に専念できる時間を増やすことができます。これにより、経営の効率性が向上し、後悔の原因となる時間や労力の浪費を回避することができます。

さらに、税理士は節税対策の専門家でもあります。彼らのアドバイスを受けることで、マイクロ法人の経営者は税金の負担を軽減する方法を見つけることができます。これにより、経営者は後悔することなく、より効率的かつ持続可能な経営を実現することができます。

マイクロ法人を運営する際には、ぜひ税理士に相談しましょう。税理士の専門知識やアドバイスを活用することで、後悔やリスクを最小限に抑え、より成功した経営を行うことができます。経営者が税理士との協力を通じて経営のプロセスを最適化し、潜在的なリスクを管理することで、持続的な成長と成功に向けて歩みを進めることができるでしょう。

マイクロ法人化で後悔?税理士相談に関連する記事

税理士を探すのが大変と感じた方

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう