マイクロ法人でおすすめの事業や業種は?税理士の費用についてもまとめて紹介!

カテゴリー:

公開日:2024年5月

更新日:2024年5月21日

マイクロ法人ってなに?

マイクロ法人という言葉は日本の会社法には具体的に定義されていませんが、最近ビジネス界で注目されているスタイルの一つです。マイクロ法人は従業員を雇用せず、自身で事業を運営する代表者によって経営される会社の形態を指します。

一般的な企業と比べて、マイクロ法人は代表者が一人で事業を運営することが多く家族が経営に参加する場合もあります。これは「プライベートカンパニー」とも呼ばれることがあります。会社法に従って会社設立登記を行う必要がある点は通常の会社と同様です。また、マイクロ法人は株式会社や合同会社、合名会社などの形態で設立可能です。それぞれの形態により、事業運営の柔軟性が生まれるのでおすすめです。

代表者が一人で経営するため、意思決定が迅速でスムーズに行えるのがおすすめの特徴です。従業員を雇わないため、事業運営コストを抑えられ、税理士の費用も通常の会社と比べて低く抑えることができます。

マイクロ法人は規模が小さいため、リスクを迅速に管理しやすく、事業主が自身のビジョンに基づいてビジネスを運営するのに適しています。事業運営の柔軟性があるため、経営者の判断で事業の方向性を調整しやすくなるところがおすすめポイントです。

また、マイクロ法人を運営する際には税理士の支援を依頼することをおすすめします。税理士は設立手続きや税務処理など幅広い分野でサポートを提供してくれます。税理士の費用は事業運営コストの一部ですが、専門家のアドバイスにより事業の安定性と効率が向上します。

マイクロ法人は事業主が自身のビジョンや目標に基づいて小規模な事業を展開するのに適した法人形態です。事業主は自身の事業計画に合わせて最適な法人形態を選択し、効率的かつ柔軟な事業運営を目指すことが重要です。

マイクロ法人おすすめの事業や業種の関連記事:マイクロ法人とは?個人事業主が設立するメリット・デメリットを解説

マイクロ法人でおすすめの事業や業種

マイクロ法人は一人で経営を行うため、効率的で小規模な事業や業種がおすすめです。この記事では、マイクロ法人におすすめの事業や業種について解説します。自分のスキルや興味、リスクを考慮しながら、適した事業や業種を選びましょう。

まず、マイクロ法人でおすすめな行いやすい事業・業種の特徴として、以下のような点が挙げられます。

マイクロ法人でおすすめな事業や業種の特徴

在庫や仕入れが少ない

商品を保管するスペースや仕入れコストが低いため、資金を効率的に活用できるところがおすすめです。

設備投資が少ない

高額な設備投資が不要な事業や業種は、初期費用を抑えることができるところがおすすめです。

小さなオフィスや在宅での活動

オフィスの維持コストを削減できるため、経費を抑えることができるところがおすすめです。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    マイクロ法人と相性の良い業種については以下の記事もおすすめです。

おすすめ記事:マイクロ法人と相性の良い業種とは?

マイクロ法人でおすすめな事業や業種の具体例

それでは、次は具体的なおすすめ事業や業種を見てみましょう。

資産管理/運用

不動産や株式、仮想通貨などを活用した資産運用は、在庫や仕入れが少ないためマイクロ法人におすすめです。

コンテンツクリエイター

YouTuberやライバー、インスタグラマーなどの活動は、個人のスキルを活かして収益を得ることが可能なのでおすすめです。

フリーランス

ライターやプログラマー、デザイナー、コンサルタントなどのスキルを提供するビジネスは、在庫や設備投資が不要で、在宅での活動が可能なのでおすすめです。

オンラインサロン運営

自身の専門知識や経験を活かし、オンラインでコミュニティを運営することで収益を得ることができるのでおすすめです。

転売

転売ビジネスは、リサーチや販売力を活かして利益を得ることができるのでおすすめです。商品の回転を効率的に行うことが重要です。

フードデリバリー

Uber EatsやWoltなどのプラットフォームを活用したフードデリバリーは、簡単に始められる事業や業種としておすすめです。

ブログやアフィリエイト

オンラインで情報を発信し、広告収入やアフィリエイトで収益を得ることができるのでおすすめです。

マッサージや整体

手技を活用してサービスを提供し、固定客を獲得することで安定した収益が期待できるのでおすすめです。

出版や執筆

自身の専門知識や経験を活かした執筆活動や書籍の出版も、マイクロ法人で行いやすい事業や業種としておすすめです。

これらの事業や業種は、マイクロ法人のスケールに合ったものが多く、自分のスキルや興味に合った事業や業種を選択することで、成功への道・業種が開けるでしょう。また、税理士のサポートを活用することで、事業運営がよりスムーズになります。

マイクロ法人おすすめの事業や業種の関連記事

マイクロ法人で事業や業種を選ぶ際の注意点

マイクロ法人で事業や業種を選ぶ際にはいくつか注意が必要です。まず、個人事業とマイクロ法人で同じ業種を選ばないようにしましょう。個人事業の業種とマイクロ法人の業種が同一だと、マイクロ法人の事業や業種が実体のないものと疑われる恐れがあります。そのため、個人事業とマイクロ法人で異なる業種を選択することが重要です。

もし選択する業種に迷った場合は、資産管理会社として設立する方法も検討できます。資産管理会社とは、株式や不動産、投資信託などの資産を運用する会社です。このような形態であれば、業種の選択肢が広がるかもしれません。ただし、初期の資産として最低でも1000万円から2000万円程度の資産が必要と考えられます。これにより、十分な資本を確保でき、安定した運営が可能となります。また、個人事業として資産運用や投資を行っていないことが条件です。資産の面と併せ、事業・業種として同一のものが二つあると問題が生じるため、その部分には注意が必要です。

また、マイクロ法人の設立に際しては、最低でも役員報酬控除前で110万円程度の所得が必要です。これは、役員報酬や維持費、税金などの経費をカバーするためです。人件費には約80万円、その他維持費や税金には約30万円が必要になります。

マイクロ法人で役員報酬を支払うことで、社会保険に加入することが可能となります。これにより、マイクロ法人と個人事業の「二刀流」スキームが成立し、節税効果が期待できます。ただし、役員報酬の額は年金事務所と相談して適切な金額に調整しましょう。

マイクロ法人の事業運営は慎重な選択が求められますので、税理士のアドバイスを受けながら適切な事業や業種を選ぶことが大切です。

マイクロ法人おすすめの事業や業種の関連記事:マイクロ法人を作る時の業種は何がいいか?

マイクロ法人と個人事業主の二刀流おすすめの事業例

マイクロ法人と個人事業主を組み合わせた「二刀流」アプローチは、様々な業種や事業を並行して行うことで多様な収入源を確保し、効率的な税務戦略を構築する方法です。ここでは、マイクロ法人と個人事業主として並行することで得られる事業例をいくつか紹介します。

マイクロ法人と個人事業の二刀流おすすめ事業・業種例

長年塾講師として経験を積み、会社員時代に副業を開始して独立を果たした方の例です。副業として行っていたオンライン家庭教師の仕事をマイクロ法人にスライド。

マイクロ法人:オンライン家庭教師  ×  個人事業主:営業コンサルタント 

オンライン家庭教師の仕事で既に十分な顧客を確保している場合は、マイクロ法人に移行しても安定した収益が期待できそうです。個人事業として相性が良さそうでおすすめなものは、ブロガーや教材執筆・校正業、工芸家、コンサルタントなどがおすすめです。

マイクロ法人と個人事業の二刀流おすすめその他事業・業種例

マイクロ法人:ソーラーパネル発電  ×  個人事業主:不動産投資  

マイクロ法人:せどり  ×  個人事業主:株式投資

マイクロ法人:ウーバーイーツ  ×  個人事業主:せどり

マイクロ法人:ウェブデザイン  ×  個人事業主:ECサイト制作

マイクロ法人:イラストレーター  ×  個人事業主:ITコンサルティング

これらのおすすめした事業例では、業種や職種の制限がなく、様々な分野での事業・業種を組み合わせることが可能です。小売業や運輸業、サービス業、不動産業など、幅広い選択肢が存在します。

重要なポイントは、マイクロ法人で最低でも年80万円以上の収入を得ることができる事業を選択することです。また、法人税を抑えるために、自分で収入を調整できる事業・業種をマイクロ法人に、収入が上限なく増えやすい事業・業種を個人事業主として行う傾向があります。

このような二刀流アプローチにより、収入の最適化と税務上の効率化を図ることができます。事業・業種の選択や組み合わせについては、税理士のおすすめアドバイスを受けながら最善のプランを考案しましょう。

マイクロ法人おすすめの事業や業種の関連記事:マイクロ法人と個人事業主の二刀流におすすめする事業内容

マイクロ法人に税理士は必要?

マイクロ法人を設立して事業・業種を進める際に、税理士の必要性について考えることは重要です。マイクロ法人は節税対策の一環として設立されることが多いため、税理士費用を抑えたいと考える方も多いでしょう。しかし、正確な確定申告や適切な節税対策、税務調査への対応など、専門知識が求められる作業を自力で行うのは難しいと感じる方も少なくありません。

マイクロ法人で税理士が必要なケースとしては、まず、税務会計の独学が難しい場合があります。マイクロ法人の税務会計は個人事業主のものよりも複雑で、青色申告やインボイス制度など、最新の税制改正に対応する必要があります。税理士に依頼することで、正確な税務会計を行い、事業に集中できるメリットがあります。

また、法人の税務会計が難しい場合も税理士のサポートが重要です。マイクロ法人と個人事業主の二刀流で事業・業種を進める際、個人事業主よりも難しい法人の税務会計を行わなければなりません。貸借対照表や損益計算書、法人税申告書など、多くの書類作成が必要であり、専門知識が必要です。税理士に依頼すれば正確な税務会計が可能となります。

さらに、事業に集中して時間を有効に使いたい場合にも、税理士の力を借りることをおすすめします。マイクロ法人と個人事業主の二刀流で事業を進めると、効率的に売上を伸ばすことができます。税務会計に時間をかけず、事業・業種の将来や税制改正への対応を専門家に相談できる状態にしておくことは重要です。

一方で、マイクロ法人に税理士が不要なケースもあります。それは、独学で財務会計や税務会計を行える場合です。マイクロ法人と個人事業主の二刀流で事業・業種を進め、自力で正確に税務会計を行えるなら、顧問税理士の必要性は低くなります。ただし、マイクロ法人でも税務調査が入る可能性もあるため、対応できない場合は税理士のサポートが必要です。追徴課税のリスクを避けるためにも、税理士のアドバイスを受けることで事業・業種に集中して売上を伸ばすことができるでしょう。ぜひとも税理士にアドバイスを依頼することをおすすめします。

マイクロ法人と税理士に関連するおすすめ記事:マイクロ法人に強い税理士は必要?費用相場や後悔しない選び方を解説

マイクロ法人のサポートを税理士に依頼する費用相場

マイクロ法人が税理士に依頼する際には、主に2つの選択肢があります。まず一つ目は、税務顧問として税理士と長期契約を結び、年間を通じて税務に関するアドバイスを受けながら、決算期末には決算書や確定申告書の作成・提出を依頼する方法です。ケースによっては、記帳代行も税理士に任せることがあります。そして二つ目は、決算期末のみ税理士に依頼して確定申告を行う方法です。この場合、年間の事業活動に関する税務アドバイスを受けることはなく、決算期末に決算申告のタイミングで税理士と相談しながら確定申告を進めていく形となります。

マイクロ法人の決算申告のみを税理士に依頼する際の費用は、一般的に20万円以上からが多いです。ただし、年商や業種などによってこの最低料金は異なるため、必ずしも全てのケースで20万円以上というわけではないことに注意が必要です。年商や業種だけでなく取引数やその複雑性によっても報酬金額が変動するため、具体的な費用は税理士と直接相談して見積もりをとることが望ましいです。

一方で、税理士と顧問税理士契約を結び、年間契約で継続的に税理士にサポートを受ける場合、月額の税理士顧問料と決算申告の料金が別途発生することがあります。このような契約では、決算申告のみを依頼するよりも顧問税理士契約の方が総合的に費用を抑えることができる場合があります。月額の顧問税理士報酬は、業種や年商、取引数などによって異なりますが、一般的には月額2~3万円以上、決算申告料金が15万円以上が相場とされています。

マイクロ法人の事業展開において税理士を活用するかどうかは、法人の規模や業種、個々の事業活動の内容によって異なるため、自分の事業・業種に合った最適な選択をすることをおすすめします。

マイクロ法人と税理士に関連するおすすめ記事:マイクロ法人に強い税理士を検討するポイント

マイクロ法人のサポートを税理士に依頼するメリット、デメリット

マイクロ法人に税理士のサポートを依頼することには、事業運営においていくつかのメリットとデメリットがあります。以下に、それぞれについて詳しく説明します。

マイクロ法人のサポートを税理士に依頼するメリット

事業への集中

税理士に法人会計のサポートを依頼すると、税務関連の事務手続きに費やす時間と労力を軽減できます。日常の記帳や確定申告書、決算書の作成などの手間を省けるため、その分事業の成長や拡大に専念できます。

法改正に合わせた節税の確実な実施

最新の税法や法改正に精通した税理士に依頼することで、正確な節税を確実に行うことが可能になります。誤った会計報告は意図的でなくてもペナルティが発生することがあります。税理士のアドバイスをもとに正しい方法で節税を行うことで、重加算税などのリスクを軽減できます。

資金繰りや経営のサポート

税理士に会計を任せると、資金繰りや経営に関するアドバイスも受けられます。金融機関からの融資を受ける際も、法人の財務状況を税理士が把握していることで有利に進めることができます。事業・業種内容に詳しい税理士がいることで、経営面でも精神的に支えられるでしょう。

マイクロ法人のサポートを税理士に依頼するデメリット

費用の発生

税理士に依頼することで税理士の顧問料やスポット料金がかかります。顧問契約では税務調査の際も強力なサポートを受けられますが、その分費用が高くなります。スポットで依頼する場合は特定の業務に限定されるため料金は抑えられますが、事業規模によっては依然として負担になることもあります。

マイクロ法人に強い税理士を探すことが容易ではない

税理士にも得意分野があり、特定の業種や事業・業種に精通した専門家を探すのは容易ではありません。将来的な展望を考慮した上で、どの分野を得意とする税理士を求めるかを明確にしておく必要があります。ネット検索や紹介などで探す場合、信頼性や経験豊富な税理士を見つけるのは難しいかもしれません。

マイクロ法人の事業を円滑に進めるためには、これらのメリットとデメリットを十分に考慮した上で、税理士のサポートを受けるかどうかを判断することが重要です。

マイクロ法人と税理士に関連するおすすめ記事:マイクロ法人に税理士は必要?|賛成派と反対派の意見を一挙紹介

まとめ

今回は、マイクロ法人でおすすめの事業や業種は?税理士の費用について紹介しました。マイクロ法人は節税や節約の観点で注目されがちですが、スモールビジネスを始めるにも適しています。

フリーランスの方が収入の不安や焦りを感じることは少なくありません。そうしたリスクを解消するためにも、マイクロ法人を立ち上げることで新たなビジネスチャンスを創出することが可能です。事業展開の多様化や収益源の拡大を目指して、マイクロ法人を活用してみてはいかがでしょうか。

さらに、税理士のサポートは、マイクロ法人にとって非常に重要です。日々の記帳や決算書の作成、確定申告書の提出などの会計業務を代行してもらうことで、事業者は本業に専念できます。また、税理士は法改正や最新の税務情報に精通しているため、適切な節税対策を提案してくれるでしょう。税務調査が入った場合にも、税理士が立ち会ってくれるため、とても心強い存在です。

さらに、税理士は資金繰りや経営に関するアドバイスを提供してくれるパートナーでもあります。法人としての財務状況を把握し、資金調達のサポートや事業計画の見直しなど、経営者にとって有益な情報を提供してくれます。税理士と連携することで、事業の成長や拡大に向けた戦略的な意思決定が可能となるでしょう。

マイクロ法人は、節約と新規収益を両立させるための選択肢の一つです。事業を多角化させることで、リスクを分散しながら将来への希望を見出すことができます。マイクロ法人の設立や運営を通じて、あなたの事業の可能性を最大限に引き出してみてください。

マイクロ法人おすすめの事業や業種の関連記事:【マイクロ法人で何をする】おすすめの事業内容(業種)

税理士を探すのが大変と感じた方

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう