税理士に経営相談やアドバイスを依頼できる?メリットと選び方のポイントを紹介

カテゴリー:

公開日:2024年4月

更新日:2024年5月17日

この記事では、税理士に経営相談やアドバイスを依頼するメリットと、適切な税理士の選び方について詳しく解説します。税理士は会計や税務の専門家ですが、実は経営のアドバイザーとしても大きな役割を果たすことができます。会社設立から資金調達、経営課題の解決まで、幅広い支援を提供する税理士の活用法と、自社にとって最適な税理士を見つけるためのポイントを紹介します。経営者や起業家が直面する様々な課題に対して、どのように税理士が解決の手助けをするか、具体的な事例とともにご紹介します。

おすすめ参考記事:経営についてのアドバイスや提案がほしい

税理士に経営アドバイスを依頼するメリット

税理士といえば、一般的には経理や会計処理の専門家として捉えられることが多いでしょう。
しかし、実際には税理士に経営アドバイスや経営相談を依頼することも可能です。税理士の中には、会社設立時からサポートを提供し、設立後には決算書の数字から会社の収益性、資金性、安全性、生産性などを評価し、会社の状況や課題を明確にし、その改善策まで提案する専門家も存在します。

税理士が会社設立をサポートしてくれる

会社を設立する際には、定款の作成・認証、登記など様々な手続きが必要です。資本金の額や決算期など、重要な事項を検討する際には注意が必要です。

例えば、資本金が1,000万円未満の場合、設立後2年間は通常の消費税の納付が免除される場合があります。また、法人住民税の均等割額も資本金によって変動します。

決算期に関しても、売上予定に応じて第1期を7カ月以下に設定するか、7カ月以上に設定するかで、税負担が変わることがあります。例えば、設立時の6カ月間の売上や給与が1,000万円以下の場合、第2期も消費税がかからない場合があります。さらに、第1期が7カ月以下であれば、第2期も消費税の対象外となります。また、インボイス制度の導入により、意図的に課税事業者となる場合もあります。

おすすめ記事:税理士に経営相談はできる?税理士の選び方や相談時のポイントを解説

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

税理士に経営相談することで、定款の作成・認証や登記手続きはもちろん、資本金や決算期の選択などについても相談をしたりアドバイスを受けることができます。

おすすめ記事:税理士に経営相談をするメリット

資金調達に必要なアドバイスをしてくれる

会社を経営する上で最も重要な要素はお金です。会社の「お金の流れ」は、人間の身体の「血液の流れ」と例えられることがあります。なぜなら、お金の流れが停止すれば、会社は迅速に倒産してしまうからです。

特に起業後の2〜3年間は、資金繰りに苦労する経営者が少なくありません。しかし、起業して間もない企業には通常、融資をしてくれる金融機関がほとんどありません。

しかし、税理士に相談すれば、民間の金融機関だけでなく、日本政策金融公庫など、起業したての企業にも融資を行ってくれる金融機関からの融資手続きをサポートしてもらえます。さらに、業種に応じて利用できる補助金や助成金の情報を提供し、申請書類の取得や作成を支援してくれることもあります。

起業時だけでなく、資金難に直面している場合は、まず顧問税理士に相談してみることをおすすめします。

税理士への経営相談・経営アドバイスの依頼に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

顧問税理士がいない場合でも、資金調達に詳しい税理士であれば、事務所を訪問して利用可能な資金調達方法について相談することもおすすめです。

おすすめ記事:資金調達に困ったら税理士事務所に相談してみよう!

自社の経営課題についてアドバイスしてくれる

「売上を伸ばしたい」「事業を拡大させたい」「従業員の数を増やしたい」といった意欲を持つことは重要ですが、自社の状況を把握した上で適切なプランを立てなければ、最悪の場合には倒産に至る可能性もあります。事業意欲が高いほど、無計画な経営はリスクを招くこともあります。実際、新規設立企業の多くが倒産するというデータもあります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    このようなリスクを回避するためには、自社の課題を明確にすることが不可欠です。

そして、倒産を回避し、課題を明確にするための重要な情報源が「決算書」です。どんな会社も、年に1度は決算書を作成しています。決算書を単なる「納税額を計算するための書類」と見る人もいますが、実際には企業の会計上のデータが詰まっています。適切に分析すれば、自社の課題や強みが明確になります。

決算書には貸借対照表や損益計算書、キャッシュ・フロー計算書などが含まれ、これらを見れば会社の業績の状況を把握できます。また、金融機関も決算書を基に会社に貸し出す金額や金利を決定します。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

税理士に相談したり、アドバイスの提供を受けながら、決算書の読み方や分析方法を理解することは、経営者として必須のスキルと言えます。

おすすめ記事:税理士が行う経営コンサルティング業務とは?

経営目標に関するアドバイスをもらえる

中期目標を短期目標に落とし込み、具体的な行動目標を設定していきます。目標は漠然としたものではなく、具体的な数値や行動計画を含む必要があります。例えば、「売上を3倍にする」という目標を達成するためには、どれだけの商品を仕入れて売る必要があり、それに伴う人件費なども計算して検討する必要があります。

税理士に相談したり、経営アドバイスを依頼することで、目標達成のために必要な具体的な数値や計画を提案してもらうことができます。これにより、より効果的で具体的な対策を検討することが可能になります。

資金繰りに関する相談ができる

資金繰りに関して、「売上が増えれば、自然と資金も増えるだろう」という漠然とした考えを持つ経営者が存在します。特に中小企業の経営者の中には、マーケティングに強くても財務に対する理解が不十分な場合が多いです。

しかし、経営者は会社の存続を確保するためには、翌月や翌々月、さらに長期的な資金状況を常に把握しておく必要があります。まずは、過去の実績を元に実績表を作成し、経営の特性や資金の流れを理解することが重要です。資金繰り表は将来のキャッシュ・フローの状況を把握するだけでなく、過去の資金の流れを分析し、経営の特徴や課題を明らかにするためにも役立ちます。

そして、経営の特徴や問題点が把握されたら、将来の資金繰り表を見直していきます。資金繰り表を作成するには、簿記の知識が必要ですので、早めに税理士に相談や資金繰り表の作成を依頼し、経営の実態を把握することが重要です。

税理士への経営相談や経営アドバイスに関するおすすめ記事

税務調査の対象となりにくい

顧問税理士を持つことで、税務調査の対象になりにくくなり、会社の資金を節約できる可能性があります。なぜなら、税務申告書には「税理士法第33条の2第1項に規定する添付書面」が添付されている場合、その申告書は専門家である税理士によって丁寧に検査されたものであるとみなされ、税務署に対して「顧問税理士がいるのであれば、不正行為はしていないだろう」という信頼を与えることができます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    仮に税務調査の対象になった場合でも、事業内容を十分に理解している税理士にすぐに相談ができれば、税務調査の準備に関する適切なサポートを受けることができ、税務調査の結果に大きな影響を与えることもあります。

おすすめ記事:税理士に経営コンサルタントを依頼する5つのメリット

経営アドバイスに強い税理士の見分け方

経営アドバイスや経営相談に強い税理士を見極めるためには、まずはその税理士の経営アドバイスの提供実績や経営相談の自責を確認することが重要です。これは、過去にどれだけの企業や経営者に対して経営アドバイスの提供や経営相談を行い、その結果どのような成果を挙げたかを調査することです。
また、会計事務所自体の経営がしっかりしているかも重要なポイントです。経営が安定している会計事務所であれば、その税理士が提供する経営アドバイスや経営相談も信頼性が高いと考えられます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士を選ぶ際には実績や料金だけでなく、自社にとって必要なアドバイスや何を依頼したいかを事前に明確にしておきましょう。自社にとってメリットの高い提案をしてくれる税理士を見つけることが重要です。

おすすめ記事:税理士にコンサルタントを依頼する8つのメリット

経営相談・経営アドバイスの提供実績

経営アドバイスの提供実績や経営相談の実績は、税理士の信頼性や実力を測る重要な指標です。過去にどれだけの企業や経営者に対して経営アドバイスの提供や経営相談を行い、その結果どのような成果を挙げたかを確認することが重要です。経営アドバイスや経営相談に関する実績が豊富であり、多くの経営者から信頼を得ている税理士であれば、その提供するアドバイスや経営相談も信頼性が高いと言えます。

会計事務所自体の経営がしっかりしている

経営アドバイスや経営相談に強い税理士を選ぶ際には、その所属する会計事務所自体の経営がしっかりしているかを確認することも重要です。
会計事務所が健全な経営基盤を持ち、安定した経営を行っている場合、その所属する税理士も信頼性が高いと考えられます。しっかりとした経営基盤を持つ会計事務所であれば、経営アドバイスの質も高いと期待できます。

経営アドバイスに関するメディア実績を確認する

経営アドバイスや経営相談に関するメディア実績を確認することも、税理士の信頼性や実力を評価する際の重要なポイントです。
メディアでの露出がある税理士は、その専門知識や経験が認められている可能性が高く、経営アドバイスの提供実績や経営相談の実績も豊富であることが期待されます。メディアでの実績がある税理士であれば、その経営アドバイスや経営相談の信頼性が高いと考えられます。

経営アドバイスに関するセミナーの実績を確認する

経営アドバイスや経営相談に関するセミナーの実績も、税理士の信頼性や実力を評価する上で重要なポイントです。
過去に開催された経営相談会やセミナーの参加者数や評判、提供された内容などを調査することで、その税理士がどれだけの経営者に対して有益な情報を提供してきたかを把握することができます。
経営相談会やセミナーの実績が豊富な税理士であれば、その経営アドバイスや経営相談も信頼性が高いと言えます。

おすすめ記事:3%しかいない!経営コンサルに強い税理士の見分け方とは?

税理士が提供できる経営アドバイスにも得意・不得意がある

税理士が提供できる経営アドバイスや経営相談にも得意・不得意があります。
経営アドバイスや経営相談は多岐にわたるため、税理士が得意とする分野や専門知識によって提供できる内容が異なります。得意分野では高い専門性と経験を活かし、経営者に対して的確なアドバイスを提供することができますが、不得意な分野では十分なサポートが期待できない場合もあります。

経営アドバイスや経営相談の得意分野としては、例えば財務分析や資金調達、業績改善策の提案などが挙げられます。これらの分野に強い税理士は、経営者の課題やニーズに応じて的確なアドバイスを提供し、事業の発展を支援することができます。

一方で、税務や会計処理に関するアドバイスや経営相談には得意な税理士でも、戦略的な経営アドバイスには不得意な場合もあります。経営者が抱える課題や目標に適した税理士を選ぶ際には、その税理士の得意分野や経験を考慮することが重要です。

おすすめ記事:税理士事務所でコンサル?コンサルティングファーム以外の選択肢とは

税理士に経営アドバイスを依頼するときのポイント

確かに、記帳や決算書の作成を依頼するだけであれば、税理士との相性はそれほど気にならないかもしれません。しかし、経営アドバイスの提供を依頼し、事業をさらに発展させたいと考える場合は、経営上の悩みを安心して相談できる信頼できる税理士を選びたいというのは重要です。

さらに、分かりやすいメリットのある提案をしてくれるか、業界に精通しているかなども重要な判断基準です。
経営コンサルタントとしての税理士は、事業の将来性や課題について的確なアドバイスを提供し、事業を成長させるための戦略を共に考える相談相手として期待されます。そのため、経営者との相性や信頼関係は非常に重要です。

どのようなアドバイスを依頼したいのかを明確にしておく

経営の相談相手となる税理士を選ぶ際に、まず重要なのは自分が何を求めているのかを明確にすることです。

多くの経営者が、「うちの税理士は何も提案してこない」と不満を抱くことがありますが、その場合、経営者自身が具体的にどのような提案を期待しているのかを明確にしていないことが多いです。「税理士に何を提案してほしいですか」と尋ねると、明確な回答が得られないことがあります。

例えば、「資金繰りを改善したい」「適切な給与額を知りたい」「融資を受けたい」といった具体的な課題や要望を明確にすることが重要です。これらの要望が明確でなければ、税理士も適切な提案を行うことができません。

また、経営者の悩みや課題を共有し、経営者にとって有益な提案をしてくれる税理士がいるかどうかは、事業の成長に大きく影響します。税理士を選ぶ際には料金だけでなく、自社に必要なサービスや提案力を重視し、そのサービスを最大限に活用できる税理士を選ぶことが重要です。

おすすめ記事:税理士の経営コンサルタント業務とは?高付加価値を関与先に提供!

税理士が自社の業界に強いかどうかを確認している

最近では、「飲食業の税理士」「美容業界の税理士」「クリニック専門の税理士」など、特定の業種や業務に精通した税理士が増加しています。業界に精通した税理士であれば、専門用語の説明が不要であり、他社の成長過程を理解しているため、現時点で必要な対策を提案してもらえます。

特に中小企業の海外進出が増加している現在、国際税務に精通した税理士が必要とされます。

また、会社の発展を促進するためには、複数の税理士を活用することがおすすめです。たとえば、記帳と申告を担当する税理士、経営計画の策定や経営アドバイスや経営相談の提供を担当する税理士、海外進出をサポートする税理士などと契約することが考えられます。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

税理士の得意分野ごとに活用することで、通常の顧問料以上のメリットを得ることができます。

おすすめサイト:経営コンサルに強いおすすめの税理士一覧

まとめ:税理士の経営アドバイスをうまく活用しよう!

税理士に経営アドバイスや経営相談を依頼することで、会社設立から資金調達、経営課題の解決まで幅広いサポートを受けられます。税理士の経営アドバイスや経営相談を活用することで、会社の成長を支援し、税務調査のリスクを軽減することも可能です。

経営者が具体的な要望や課題を明確にし、自社の業界やニーズに合った税理士を選ぶことが重要です。

税理士を探すのが大変と感じた方

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう