記帳代行と経理代行の違いは?記帳代行業者と税理士の違いについても解説!

カテゴリー:

公開日:2024年4月

更新日:2024年5月21日

記帳代行ってそもそも何?

記帳代行とは、企業の経理業務の中でも特に重要な記帳作業を、外部の専門業者や税理士に委託するサービスです。このサービスは、企業の日々の取引内容を正確に帳簿に記載し、決算書の作成や納税申告のサポートを提供します。記帳は税務申告や経営状況の把握に欠かせない作業でありながら、細かな数字を扱う煩雑な業務であるため、企業の担当者にとって負担が大きいことは間違いないです。

かつては、すべての事業者に記帳が義務づけられていたわけではありませんでしたが、平成26年1月の税法改正により、すべての事業者に記帳と帳簿の保存が義務づけられたことで、記帳代行サービスの需要は間違いなく急増しました。また、記帳代行サービスにより、企業は税務調査などにおける透明性を確保でき、税務当局からの信頼も得ることができるようになりました。

記帳代行サービスを利用すると、企業は証憑書類を専門業者や税理士に提出するだけで、仕訳作業や会計ソフトへの入力、試算表や総勘定元帳などの帳簿作成を記帳代行してもらえます。これにより、企業は記帳にかかる時間や労力を削減し、本業に集中することが可能になります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    また、記帳代行サービスを利用することにより、税理士の専門知識と経験を活用できるので、簿記の知識がなくても正確な記帳が行える点も記帳代行サービスの魅力のポイントです。

さらに、記帳代行サービスは経営判断に必要な正確な経営データの提供にも役立てることができます。企業の業績を正確に把握し、経営戦略を立てるためには、正確な記帳データが不可欠です。専門業者や税理士が記帳代行することで、企業は信頼性の高いデータを基に、間違いの起こりにくい経営判断を行うことができます。

記帳代行サービスは、税理士のサポートを受けながら企業の記帳業務を効率的に進めるための重要な手段といって間違いないでしょう。企業はこのサービスを活用することで、経理業務の負担を軽減し、納税申告や経営判断に必要な情報を確実に間違いなく得ることができます。結果として、記帳代行サービスを利用することで、企業はより円滑な経営を実現することができるのです。

参考おすすめ記事:記帳代行とは?経理代行との違いやメリット・デメリットまで徹底解説

記帳代行と経理代行の違いについて

記帳代行と経理代行の違いについて解説していきます。まず、記帳代行は、会計ソフトへの仕訳入力を主に担当するサービスです。企業の取引内容を正確に記録する作業に特化しており、税務申告に必要な帳簿の作成を支援します。このような記帳代行は、通常の経理業務に含まれる記帳作業を税理士や記帳代行業者、経理代行業者に委託することで、企業の経理負担を軽減する役割を果たします。

一方、経理代行における記帳代行との違いは、記帳代行の業務に加え、経理に関連するさまざまな業務を包括的にサポートするのが経理代行の特徴です。例えば、給与計算や請求書の発行、経理資料のファイリング、取引先への振込作業の代行、従業員の立て替え経費の精算業務など、経理に関わる幅広い業務を代行するサービスが経理代行サービスです。経理代行は、記帳代行と違い企業の経理業務全般をサポートするため、記帳代行より経理代行の方が多様な業務を担当します。

ただし、経理代行サービスを提供するかどうかは、税理士や事務所の規模や業務内容によって違います。一人で運営している税理士事務所では、税務相談や税務調査の対応に特化している場合もあり、経理代行サービスまで手が回らないことも間違いなく可能性として考えられます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    一方、大規模な事務所や組織化された税理士事務所では、一人で運営している税理士事務所と違い、経理代行サービスを提供している可能性が高いです。

また、記帳代行や経理代行の範囲や内容によってコストが変動するため、依頼する前にサービス内容と料金について想定と間違いがないか、確認することが重要です。経理代行まで税理士に依頼することも選択肢の一つですが、振込や消込などの経理業務はタイムリーに実施する必要があるため、企業によっては自社で行う方が効率的である場合もあります。

記帳代行と経理代行の違いの結論として、記帳代行は会計ソフトへの仕訳入力に特化したサービスであり、経理代行は記帳代行に加えて給与計算や請求書発行など、幅広い経理業務をサポートするサービスという違いがあります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    企業は自身の経理業務のニーズや負担に応じて、間違いのない記帳代行サービス、経理代行サービスを選択することが重要です。

参考おすすめ記事:記帳代行と経理代行の違いとは?それぞれのメリット・デメリットを税理士に聞いてみた

記帳代行を利用するメリット、デメリット

記帳代行を利用することには多くのメリットとデメリットが存在します。記帳代行のサービスを利用する際には、それぞれのポイントを理解し、自社に間違いのない最適なサービスを選ぶことが重要です。

記帳代行を利用するメリット

記帳代行を利用する最大のメリットは、記帳作業にかかる手間を削減して時間を節約できる点です。企業が伝票作成や記帳作業に費やす時間を記帳代行に依頼し、他の業務に取り組めるため、会社全体の生産性が向上します。

また、記帳代行は大幅なコストダウンにもつながります。記帳代行を利用することで、固定費を抑えながら経理業務の大半を委託できるため、経費の削減が可能です。さらに、記帳代行サービスの料金は、依頼内容に応じて調整できるため、柔軟な運用が可能です。

記帳代行サービスや税理士事務所の実務経験は、迅速かつ正確な記帳を可能にします。初めて記帳を行う場合と比較しても効率的に処理できるだけでなく、税理士の知識を活用することで安心感も得られます。

記帳代行サービスでは記帳のミスを減らせる点も大きなメリットです。経理に不慣れな担当者が行う記帳作業は、ミスの発生リスクが高まります。

記帳代行・経理代行の違いに関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

記帳代行サービスで、記帳のプロに依頼すればミスのリスクを最小限に抑えることができ、税務調査の対象にならないよう正確な処理が記帳代行サービスでは実現可能となります。

おすすめ記事:記帳代行と経理代行のサービスの違い

記帳代行を利用するデメリット

記帳代行サービスにはいくつかのデメリットも存在します。まず、利用コストが不明瞭な場合がある点です。追加料金が発生するケースがあるため、事前に料金体系に間違いがないか確認することが重要です。複数の記帳代行サービスを比較検討して、最適なサービスを選びましょう。

経理の現状を把握しにくい点もデメリットとして挙げられます。記帳代行サービスを利用すると、企業がリアルタイムでお金の流れを把握するのが難しくなります。自社で業務を行っている時と違い、請求書の提出から記帳作業の完了までに時間がかかるため、タイムラグが発生します。

また、社内で業務を行わないため、記帳業務のノウハウが蓄積されない点も考慮すべきです。記帳代行サービスを利用すると経理担当者のスキルアップが期待できないため、将来的に記帳代行サービスを依頼せず、社内で記帳を対応する予定がある場合は検討が必要です。

情報漏えいの可能性もデメリットの一つです。経理情報を第三者に渡すため、情報漏えいリスクはゼロではありません。個人情報保護法や情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得している記帳代行会社を選ぶと安心です。

記帳代行・経理代行の違いに関する注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

記帳代行のメリットとデメリットを理解し、企業のニーズやリスク許容度に合わせて最適な選択を行うことが重要です。

参考おすすめ記事:記帳代行とは?税理士との違い | メリット・費用相場・注意点

合わせて読みたい「税理士への記帳代行の依頼」に関するおすすめ記事

記帳代行は税理士に依頼すべき?おすすめの依頼先とメリットを紹介

この記事では税理士へ記帳代行を依頼することのメリット・デメリットとおすすめの依頼先、記帳代行を依頼するときの費用について解説しています。

経理代行を利用するメリット、デメリット

経理代行を利用することにも、もちろん多くのメリットとデメリットが存在します。経理代行のサービスを利用する際にも、それぞれのポイントを理解し、自社に間違いのない最適な経理代行サービスを選ぶことが重要です。

経理代行を利用するメリット

経理代行を利用する最大のメリットは、記帳代行を利用する際と同じく事務作業の効率の向上です。自社で経理業務を行う必要がなくなるため、経理代行サービスを利用すれば、間違いなく事務作業の効率化が図れます。

また、経理代行サービスは税理士など専門の会社が提供しているため、精度の高い経理業務を安心して任せることができます。記帳代行だけでなく、税理士の知識を活用して間違いのない経理業務の処理が期待できます。

経理に割いていた人的リソースを経理代行サービスを利用することで、他の業務をアサインすることができ、より深く本業に専念できる点も大きなメリットです。経理代行サービスによって経理にかかる時間と手間を削減し、本業により多くの時間とエネルギーを投入できます。

記帳代行・経理代行の違いに関するポイント

税理士_依頼_おすすめのポイント

経理代行サービスを利用することで、人件費の削減も可能です。自社で経理を担当するスタッフを雇用する必要がなくなるため、経理代行サービスは、間違いなくコスト削減に寄与することができるでしょう。

おすすめ記事:今話題の「経理代行」って、「記帳代行」と何が違うの?

経理代行を利用するデメリット

一方で、経理代行サービスにはデメリットも存在します。まず、サービスの料金が高額になる場合があるため、依頼内容や業者選びに間違いがないか注意が必要です。経理代行の費用が自社で行うよりも高くなる可能性があるため、料金体系をしっかりと経理代行業者に確認しておくことが重要です。

また、経理代行をアウトソーシングすると、自社に経理業務のノウハウが蓄積されない点もデメリットとして挙げられます。経理業務に関しては外部に頼らざるを得ないため、将来的に経理代行をアウトソーシングせず、自社で経理業務を行いたい場合にはデメリットとなります。

さらに、記帳代行を利用する際と同じく、情報漏えいのリスクも考慮すべき点です。経理代行業者には請求書や従業員の給与などの重要な情報を預けることになるため、情報漏えいの危険があります。信頼性の高い間違いのない経理代行業者を選択することが選択として間違いがないと言えるでしょう。

記帳代行と経理代行の違いに関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

以上のように、記帳代行と同じく、経理代行サービスを利用するメリットとデメリットを理解し、自社の状況に合った間違いのない経理代行サービスの選択を行うことが重要です。

参考おすすめ記事:経理代行サービスと税理士って何が違うの?

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    経理代行も記帳代行もサービスを依頼する際には信頼できる実績があるか確認しましょう!
    専門資格を持つ税理士や公認会計士が在籍している企業を選ぶと安心です。

参考おすすめ記事:経理を外注するメリットとデメリットは?費用や選ぶポイントも解説!

税理士とはそもそも何をしてくれる?

税理士は、税務に関する業務を専門的に行うプロフェッショナルです。税務代理や税務相談、税務書類の作成代行など、税に関する知識を駆使してアドバイスを提供します。税務に関する業務は税理士にしか行えない独占業務であり、税理士資格を持たない者が行うと罰則の対象となることに注意が必要です。

税理士は経営者に代わって税務署への書類作成を行い、複雑な計算方法も間違いなく処理してくれるため、安心して任せることができます。

記帳代行と経理代行の違いに関するおすすめ記事

記帳代行業者と税理士の違いについて

記帳代行業者と税理士の違いについてですが、記帳代行業者と税理士はそれぞれ異なる専門性を持つため、業務内容の違いや料金相場の違い、契約期間にも違いがあります。この記事では、記帳代行業者と税理士の違いについて詳しく解説します。

1. 料金相場の違い

記帳代行サービスと税理士の料金相場は異なります。記帳代行は税理士資格を持たない場合もあり、記帳業務のみを担当しますが、税理士は税務全般の業務を担当します。そのため、税理士の方が料金は高めですが、記帳業務だけを依頼したい場合は、記帳代行サービスの方が安価であることが特徴です。

2. 業務内容の違い

一般的に、税理士のいない記帳代行サービスでは記帳以外の業務を任せることはできません。記帳代行は記帳業務のみを担当しますが、税務に関する業務は税理士だけが担当できます。

税務申告書の作成、節税対策、税務相談、税務署への届出などの税理士業務は、法律で税理士以外が行うことが禁止されています。そのため、記帳以外の業務や税務関連のアドバイスが必要な場合は、税理士に依頼することをお勧めします。

おすすめ記事:経理代行・税理士に記帳代行どっちがおすすめ?

3. 契約期間の違い

一般的に税理士との契約は、記帳代行だけでなく決算処理まで含めるケースが多いため、進行中の期から決算終了まで契約を解除しにくい場合が多いです。一方、記帳代行サービスでは、最低利用期間を経過すると自由に契約解除ができるケースが多いため、柔軟な利用が可能です。

以上のように、記帳代行と税理士には違いがあり、依頼する際には自社のニーズや目的に合わせて間違いのない選択することが重要です。

参考おすすめ記事:【税理士と記帳代行サービス】どっちがおすすめ?料金や業務内容の違いを解説!

税理士に記帳代行を依頼するメリット、デメリット

税理士に記帳代行を依頼することには、メリットとデメリットの両方があります。この記事では、税理士に記帳代行を依頼する際の利点と課題について詳しく解説します。

税理士に記帳代行を依頼するメリット

◇本業への集中が可能

税理士に記帳代行を依頼することで、税務に関する細かな点や帳簿の内容を税理士が確認してくれるため、依頼主は間違いなく安心感を得られます。税務のプロである税理士がチェックすることで、記帳や経理のミスを大幅に減らすことができます。また、記帳業務は緊急性が低いため後回しにされがちです。しかし、税理士に記帳代行を依頼すると、その時間を本業に集中させることができます。会計ソフトへの入力業務に費やしていた時間を、事業のコアな部分に充てることができます。

◇正確な記帳が実現

記帳には簿記や消費税に関する一定の知識が必要です。税理士に記帳代行を依頼すると、経験豊富なプロが正確な記帳を行います。自社で記帳するよりもミスが少なく、正確なデータを得られるため、安心して業務を任せられます

◇決算書や申告書の作成も依頼可能

税理士に記帳代行を依頼すると、税務にまつわる相談から、決算や申告を意識した記帳が可能です。節税対策や銀行融資を考慮しながら記帳を行ってくれるため、将来的な経営戦略に役立ちます

税理士に記帳代行を依頼するデメリット

費用が高い

税理士に記帳代行を依頼すると、記帳代行業者と比べ、高い費用が発生します。自社で記帳する場合と比較して、税理士に依頼する場合のコストを検討する必要があります。

◇試算表の作成に時間がかかる

税理士に記帳代行を依頼すると、資料を税理士に渡してから作業開始となるため、自社で記帳するより試算表の作成に時間がかかることがあります。また、税理士に渡す資料を準備する手間もかかります。

このように、税理士に記帳代行を依頼することにはメリットもデメリットもあります。自社の状況やニーズに合わせて、間違いのない最適な選択を検討することが大切です。

参考おすすめ記事:記帳代行とは?メリット・デメリットや依頼先の探し方、注意点を解説

まとめ

記帳代行と経理代行、そして税理士の違いについてまとめると、以下の点がポイントとなります。

まず、記帳代行や経理代行は価格面で見ると、税理士よりも費用を抑えられるのが特徴です。経理業務に関して特にこだわりがなければ、記帳代行業者や経理代行業者を選ぶことで経済的に業務を依頼することができます。

一方で、税理士に記帳代行を依頼することで、税務や帳簿に関する細かい点を税理士が確認してくれるため、依頼主は間違いなく安心感を得ることができます。税務のプロである税理士が記帳や経理業務をチェックすることで、ミスも大幅に減らすことができます。

税理士事務所には、税理士資格を持つスタッフのほかに専門スタッフも在籍しています。そのため、実際の記帳作業は税理士資格を持たないスタッフが担当する場合もありますが、税理士が内容に間違いがないか確認してくれます。記帳内容に間違いがないか、経理処理に間違いがないかを税理士にチェックしてもらえますので、税理士に記帳代行や経理代行を安心して依頼することができます。また、税理士は税務のプロなので、税理士の知識と経験を活用し、正確な記帳代行、経理代行を遂行してもらうことで、依頼主は経理に関するトラブルや間違いを心配せずに本業に集中できます。

さらに、税理士に依頼すれば税務処理や税金に関する相談もでき、専門的なサポートを受けられます。最近では、税理士と提携して税に関する業務に対応する記帳代行サービス、経理代行サービスも増えており、費用を抑えつつ税務処理も任せたい場合は、このようなサービスを選ぶと良いでしょう。

参考おすすめ記事:「記帳代行」と「経理代行」それぞれ何を依頼できるのか

税理士を探すのが大変と感じた方

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう