記帳代行は税理士に依頼すべき?おすすめの依頼先とメリットを紹介

カテゴリー:

公開日:2024年2月

更新日:2024年4月20日

事業を運営する上で避けて通れないのが、日々の金銭のやり取りを帳簿に記録する記帳作業です。記帳作業は、収支を正確に仕訳し、簿記のルールに従って取引を分類する必須の作業であり、特に取引量が多い企業や個人事業主にとっては、大きな負担となりがちです。「記帳代行サービス」の利用により、記帳作業の正確性が保証され、経営者や事業主は本業に専念できますが、コスト面での検討も必要です。この記事では、記帳代行のメリット・デメリットと依頼先選びのポイントについて解説し、利用時の注意点にも触れます。

記帳と記帳代行とは?

記帳とは、企業や個人事業主が事業運営に伴って発生するさまざまな取引の内容を会計帳簿に記録することを指します。このプロセスは、財務状況を正確に把握し、税務申告の準備を行い、経営判断を下すために不可欠なデータを提供します。収入や支出、資産の購入や負債の発生など、事業に関連する全ての金銭の流れは適切に記帳される必要があります。この作業は、法人税や所得税の計算の基礎として機能し、法律により一定期間保存することが義務付けられています。

記帳代行とは記帳業務を専門知識を持つ税理士や会計事務所、または専門の記帳代行サービス提供者に依頼することです。多忙な事業者が日常業務に追われる中で、記帳の正確性と効率性を維持するために、記帳代行サービスの利用がおすすめされます。記帳代行を税理士や記帳代行業者に依頼することにより、領収書や請求書の控え、通帳のコピーなどの必要書類を依頼先である税理士や記帳代行業者に提供するだけで、仕訳、会計ソフトへの入力、試算表や総勘定元帳などの帳簿の作成までを依頼先である税理士や記帳代行業者が行ってくれます。記帳代行を税理士や記帳代行業者に依頼することで、経理業務からの解放はもちろん、より経営に集中できる環境が整います。

おすすめ参考記事:記帳代行とは。アウトソーシングにおけるメリット・デメリット

おすすめの記帳代行サービスを選ぶ際には、税理士に依頼できるサービスの範囲や料金、サポートの質を検討し、自社のニーズに最も合った依頼先(税理士・記帳代行業者)を選択することが重要です。記帳代行の依頼を検討する際には、信頼できる税理士や会計事務所を選ぶことが、事業の健全な経理管理の第一歩となりますので、記帳代行の依頼先は慎重に検討することをおすすめします。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    おすすめの記帳代行サービスを選ぶ際には、税理士に依頼できるサービスの範囲や料金、サポートの質を検討し、自社のニーズに最も合った依頼先(税理士・記帳代行業者)を選択することが重要です。記帳代行の依頼を検討する際には、信頼できる税理士や会計事務所を選ぶことが、経営管理の第一歩となりますので、記帳代行の依頼先は慎重に検討することをおすすめします。

合わせて読みたい「クラウド会計による記帳と税理士費用」に関するおすすめ記事

クラウド会計ソフトの利用で税理士への依頼費用は安くなる?

この記事ではクラウド会計ソフトの利用によって記帳作業が簡単になる方法や、税理士費用を安くすることができる理由、メリットについて紹介しています。

記帳代行は税理士以外にも依頼できる

記帳代行サービスは、必ずしも税理士に限定された業務ではありません。税理士法によると、記帳代行は税理士の専門業務からは外れるため、税理士資格を持たない個人や企業にも記帳代行を依頼することが可能です。この規定により、記帳代行業界には多様な記帳代行サービスの提供者が登場しており、事業者は自社に最適な依頼先を選べるようになっています。

しかし、帳簿作成は専門知識を要する業務であるため質の高いサービスを受けるためには、依頼先となる税理士事務所や記帳代行業者の知識レベルを見極めることが重要です。税理士事務所ではない記帳代行業者であっても税理士の有資格者を擁しているところもあり、そのような税理士資格を有する者がいる記帳代行業者に依頼することで、完成した帳簿の質の向上や、納品物の精査に要する時間の削減が期待できるのでおすすめです。

記帳代行を依頼する際は、サービス提供者が日商簿記2級以上の資格を持つスタッフを配置しているかどうかをチェックすることをおすすめします。このようなチェックを行うことで、依頼先である税理士事務所や記帳代行業者が備えている知識水準がわかり、安心して記帳代行業務を依頼することができるのでおすすめです。

おすすめ参考記事:記帳代行とは?業務内容やメリット・費用相場

合わせて読みたい「税理士の探し方」に関するおすすめ記事

良い税理士の探し方とは?おすすめの方法や依頼時のポイントも紹介

この記事では、税理士の良い税理士の探し方について、様々な観点から紹介を行っています。起業したてで「これから税理士をつけたいんだけど、どう探せば良いかわからない…」と考えている方に特におすすめです。
 

記帳代行と経理代行の違い

企業の経理業務をサポートするサービスには、記帳代行と経理代行がありますが、これら二つのサービスは業務の範囲において大きな違いがあります。記帳代行サービスは主に、企業の取引記録を帳簿に記入するか、または会計ソフトに入力する業務に特化しています。このようなサービスは、税理士や専門の記帳代行業者に依頼することが一般的で、おすすめの選択肢として多くの事業主から信頼されています。

一方で、経理代行とは、記帳代行の提供範囲を超え、請求書の作成や支払い業務の代行など、より広い範囲の経理関連業務をカバーしています。このため、経理代行サービスの方が料金が高めに設定されていることが多いですが、事業の経理業務を幅広くサポートしてくれるという点がおすすめです。記帳代行は税理士に依頼することが多い一方、経理代行は税理士のみならずBPO業者もおすすめの依頼先です。

事業のニーズに応じたサービスを選択する際には、依頼できるサービスの詳細と料金を比較し、税理士や専門業者に依頼することを検討しましょう。特に、税理士に記帳代行や経理代行を依頼する場合は、その専門知識を活用して、より正確で信頼性の高い経理処理を期待できます。また、おすすめの業者を選ぶ際には、過去の実績やクライアントからの評価を参考にしたうえで、依頼するかを検討することをおすすめします。

おすすめ参考記事:税理士に経理代行を依頼できる?専門会社との違いや代行サービスのメリット・デメリットを解説

経理代行と記帳代行の違いについて解説しているおすすめのサイト

税理士_依頼_おすすめのポイント

経理代行にするか記帳代行にするか悩んでいる方はこちらのサイト「記帳代行と経理代行の違いとは?それぞれのメリット・デメリットを税理士に聞いてみた」をみて、より詳細に記帳代行と経理代行のメリットデメリット、費用相場などを調べていただくのがおすすめです。

合わせて読みたい「

記帳代行

業者

、経理代行業者、税理士の違いについて

」に関するおすすめ記事

記帳代行と経理代行の違いは?記帳代行業者と税理士の違いについても解説!

この記事では、記帳代行業者、経理代行業者、税理士のそれぞれを比較し、どのように異なるのかを記載しました。

記帳代行を依頼する際のおすすめの依頼先

記帳代行を依頼する場合には主に2つの選択肢があります。1つは記帳代行を税理士事務所に依頼する方法で、もう1つは記帳代行を記帳代行業者に依頼する方法です。ここでは記帳代行を依頼する場合の選択肢となるそれぞれについて、おすすめの理由とともに紹介していきます。

おすすめの記帳代行の依頼先①:税理士事務所(会計事務所)

記帳代行サービスを検討する際、最も一般的かつおすすめの選択肢は税理士事務所(会計事務所)です。特に、決算申告や年末調整など、税理士資格が必要とされる業務を含めて依頼したい場合には、これらのサービスを一貫して提供できる税理士事務所に依頼するのがおすすめです。税理士事務所への記帳代行の依頼は、決算申告までのプロセスをスムーズに進めることができるため、非常におすすめです。
税理士事務所に記帳代行を依頼する際、通常は長期的な関係を築くための顧問契約を結びます。税理士は税務の専門家であるため、契約に基づき、帳簿作成の依頼だけでなく、税務に関する相談やアドバイスなどを依頼することも多いため顧問契約を結ぶこともおすすめです。 このように、記帳代行の依頼から税務相談の依頼まで幅広くサポートを受けられる点が、税理士事務所を依頼先としておすすめする大きな理由です。

おすすめ参考記事:税理士に記帳代行を依頼すべき理由

おすすめの記帳代行の依頼先②:記帳代行業者

記帳代行業者は、財務記録を専門に扱う業者であり、記帳代行サービスを提供しています。これらの業者は、税理士による税務の専門性は持たないものの、おすすめの選択肢として依頼先として考慮されます。 記帳代行の品質や対応速度は業者によって異なりますが、税理士に依頼するよりもコストが抑えられることが多いため、特に費用対効果を重視する場合におすすめです。単月での契約が可能となる場合がある点も、記帳代行業者に記帳代行を依頼するメリットの一つです。

税理士資格のない人に記帳代行を依頼することはできる?

もしかすると、記帳代行を税理士資格を持っていない人に依頼することはできないと思われている方もいるかもしれません。確かに税理士資格を有するものにしかできない独占業務が税理士法で定められています。
しかし、記帳代行はこの独占業務には含まれていません。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    したがって、税理士資格のない人に対しても記帳代行業務を依頼することはできます。

おすすめ記事:資格がない記帳代行は税理士法違反?依頼時の注意点を解説

税理士資格のない人に記帳代行を依頼すべきか?

税理士資格を有する者に記帳代行を依頼した場合、記帳から申告までの一連のプロセスを一手に依頼できることが多いです。

一方、記帳代行業者に依頼するの場合は、記帳作業のみが対応範囲であり、申告は原則自分で行うか、別途企業代行サービスを利用して税理士に依頼する形になります。

記帳代行を税理士資格を有するものに頼むと費用が高くなることが多いため、多くの企業ではコストを抑えるために記帳代行は専門業者に、その他の会計業務は会計事務所(税理士事務所や税理士法人)に依頼するという分担が見られます。

気をつけておきたい注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

ただし、ここで注意すべきは決算申告の依頼料まで見越してどちらに依頼すべきかを検討することです。

確かに記帳代行業務の依頼料だけ見れば、税理士の方が高くなるかもしれませんが、その分決算申告の料金が安くなることもあります。
また、税務上の相談事項もすぐに依頼できるという安心感もあります。

おすすめ記事:記帳代行に資格は必要?利用におけるメリットやデメリットも解説!

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    記帳代行業者に依頼することもおすすめの選択肢の一つですが、決算申告や税務相談のような税理士の独占業務も併せて依頼したい場合には税理士事務所や会計事務所に依頼するのがおすすめです。

合わせて読みたい「記帳代行の税理士への依頼」に関するおすすめ記事

資格なしで記帳代行は税理士法違反になる?依頼時の注意点も紹介

この記事では税理士資格なしでの記帳代行業務が税理士法に違反するのか及び記帳代行を税理士に依頼するときの注意点について解説しています。

記帳代行は税理士に依頼するのがおすすめ!

依頼した記帳代行業者内に税理士がいない場合、決算申告などの税務業務を直接依頼することはできません。 このケースでは、記帳代行で整理された帳簿を別途税理士にチェックしてもらう必要があり、それに伴って税理士へ支払う追加の費用が発生する場合があります。

そのため、記帳代行を依頼する際は、税理士の有無、サービスの質、そしてコストを総合的に検討し、自社にとって最適な業者を選定することが重要です。 記帳代行の依頼を検討する際には、これらの点を念頭に置き、適切な業者選びを行うことをおすすめします。

前述の通り、記帳代行を依頼する場合には税理士と記帳代行業者の2つの選択肢がありますが、本記事では記帳代行を税理士に依頼することをおすすめしています。

その理由に関して記帳代行を税理士に依頼する場合のメリット・デメリットを比較しながら紹介していきます。

おすすめ参考記事:税理士に記帳代行を依頼するべきか?

税理士に記帳代行を依頼するメリット

記帳代行を税理士に依頼するメリット及びおすすめの理由は以下の4つがあります。

税理士に依頼するメリット①:記帳業務にかかる手間や時間を削減できる

記帳代行を税理士に依頼するメリットは、記帳業務で必要な時間や労力を減らせることです。依頼時に税理士や業者へ書類を提供するだけで、会計データの入力や帳簿の準備を依頼先の税理士が代わりに行ってくれます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士に記帳代行を依頼することで、経営者がビジネスに集中できる環境が整いますのでおすすめです。

おすすめ記事:記帳代行を税理士に依頼するメリットとは?記帳代行で任せられることやコストについて

税理士に依頼するメリット②:記帳ミスの不安が減る

税理士に記帳代行を依頼することで、記帳ミスに関する心配も少なくなるという点は、依頼する大きな利点です。記帳作業において簿記に関する深い知識がない、あるいは慣れていない場合、誤りが生じやすく、その誤りを発見しても原因を特定するのが難しいことがあります。税理士に記帳代行を依頼することで、このようなミスへの不安を減少させることが可能になる点も税理士に記帳代行を依頼することをおすすめする理由の1つです。

記帳代行に関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

税理士へ記帳代行を依頼するメリットについては以下の記事もおすすめです。
記帳代行は自社で行うべき?税理士に依頼する場合のそれぞれのメリットとデメリット

税理士に依頼するメリット③:本業に集中する時間が増える

税理士に記帳代行を依頼することで、経営者は本来の事業活動に専念できるようになります。特に創業間もない小規模な会社では、経営者が直接記帳業務を担当することも少なくありません。税理士などに記帳代行を依頼することにより、経営者が記帳代行に割く時間がなくなり、本来の事業活動に専念できるようになるというメリットがあります。また、会社に経理担当がいる場合、記帳を担当している担当者の手が空くことにより、社内全体としての効率化を進めることができます。

おすすめ記事:記帳代行サービスとは?作業内容や外注相場、おすすめ業者や税理士・会計事務所などを紹介

税理士に依頼するメリット④:決算申告までがスムーズ

基本的な簿記・会計の知識があれば、日常の入出金記録などの取引を帳簿に記入することはできますが、税務申告を見据えた正確な記帳が求められる場面は少なくありません。交際費の区分、減価償却資産と修繕費の判断、役員賞与の扱い、消費税の課税対象の判定など、多岐にわたります。
税理士に記帳代行を依頼する場合、税務申告に必要な記帳を適切に行うことが期待でき、スムーズに税務申告を完了させることに繋げられることも、税理士に記帳代行を依頼するおすすめの理由の1つです。

おすすめ参考記事:記帳代行とは?経理代行との違いやメリット・デメリットまで徹底解説

合わせて読みたい「税理士に決算のみを依頼するメリット」に関するおすすめ記事

決算申告のみを税理士に依頼する場合のおすすめの方法を解説!

この記事では決算申告のみを税理士に依頼する場合のメリットやデメリット、おすすめの方法について解説しています。決算申告をスポットで依頼することを考えている方におすすめです。

税理士に記帳代行を依頼するデメリット

税理士に記帳代行を依頼する場合には必ず費用が発生します。税理士に記帳代行を依頼することで記帳作業に要する労力や時間が省ける利点がある一方、税理士に記帳代行を依頼する場合には料金が伴うことが、記帳代行を税理士に依頼することのデメリットとして挙げられます。

税理士に記帳代行でなく丸投げサービスを依頼したい場合

税理士に依頼する「記帳代行」と「丸投げ」は、事業主が自身の経理業務にどれだけの外部サポートを求めるかに基づいて選択されます。これら2つ、「記帳代行」と「丸投げ」のサービスは、それぞれコスト、対応範囲、事業主の業務負担軽減の面で異なるメリットとデメリットを提供します。記帳代行サービスは主に日常の会計処理を支援するものであり、税理士は提供された取引データを基に帳簿を整備します。一方、丸投げサービスは事業の経理および税務全般を税理士が一手に引き受けることを指し、戦略的な財務アドバイスや税務計画も含まれる場合があります。この選択は事業の規模、内部リソースの可用性、財務管理に対する事業主の知識と時間の制約によって左右されます。

気をつけておきたい注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

丸投げ型の全面サポートサービスは、特に中小企業にとっては高額な費用がかかるため、大きな経済的負担になることがあります。さらに、提供されるサービスの品質は、税理士の専門知識や経験、能力に強く依存します。そのため、適切な税理士の選定は非常に重要であり、選択を誤ると望んだサービスを受けられないだけでなく、ビジネスに大きなリスクをもたらすこともあります。

おすすめ記事:記帳代行と丸投げの違い

丸投げサービスでは、事業主は経理と税務に関連する業務の全てを税理士に完全に委託します。これには、日常の記帳から、年末の決算、税務申告の作成、さらには財務戦略のアドバイスや計画の立案までが含まれます。丸投げサービスでは、税理士が提供する包括的なサポートには以下の重要な要素が含まれます。記帳代行との違いを理解すすつ読み進めていただくのがおすすめです。

丸投げサービスの依頼を考えている方は一度以下の記事で、「記帳代行」と「丸投げ」の違いについて調べていただくことをおすすめします。

合わせて読みたい「税理士に依頼できる記帳代行と丸投げサービスの違いについて」に関するおすすめ記事

税理士に依頼できる「記帳代行」と「丸投げ」の違いとは?

この記事では税理士へ依頼できるサービスの2つである「記帳代行」と「丸投げサービス」の違いについて、それぞれのメリットとデメリットを書きながら記載しております。

記帳代行を税理士に依頼した場合の費用相場

税理士に記帳代行の業務を依頼する際、通常は月額の顧問料に基づく契約を税理士と締結することが多いです。
この顧問料には記帳代行が含まれていることがほとんどで、その平均的な費用は法人の場合約4万円から、個人事業主の場合約3万円からが相場とされていますが、記帳代行の費用は基本的に会社の仕訳数によって変動します。
仕訳というのは会社が行った取引の件数だと思っていただいて構いません。取引数が多ければ、その分だけ帳簿に記帳しなければならないため、税理士に記帳代行を依頼する場合、仕訳数によって記帳代行の費用が増加します。

ここでは具体的なケースをいくつか紹介します。

従業員数5名から10名のような小規模な会社の場合の費用相場

従業員数が5名から10名程度の小規模な会社では、業種にもよりますが、一般的には取引件数が限られていることが多いため、記帳代行の費用が高額になることは少ないと言われています。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    具体的には、このような規模の会社の場合において記帳代行を税理士に依頼する場合には月額10,000円程度かかると言われています。

おすすめ記事:税理士に依頼するといくら?記帳代行の費用相場まとめ【2024年最新版】

従業員数30名から50名のような中規模の会社の場合の費用相場

従業員が30名~50名からのような中規模の会社の場合については、取引件数も多くなることから記帳代行を税理士に依頼する場合の費用は高額になります。
ただし、この規模の会社の場合においては自社で会計ソフトの入力(記帳作業)を行う担当者がいることも多いかもしれません。このように、自社で記帳作業を行うことができれば、税理士に記帳代行を依頼する必要もなくなるため、記帳代行を依頼する際の費用はかからなくなります。

しかしながらこの場合においても注意しておかなければならないことがあります。それは記帳作業の誤りやミスです。いくら自社で記帳作業を行ったとしてもその内容が間違っていれば、後から修正する必要があります。
そしてこの記帳作業は決算申告と密接に紐づいており、ほとんどの企業が決算申告を税理士に依頼することでしょう。

このような場合において自社での記帳作業が誤っていた場合には、税理士によって記帳作業をやり直してもらうことになります。税理士に記帳作業をやり直してもらう場合には、結果として記帳代行を依頼したときと同じ費用がかかってしまうことので注意が必要です。

記帳代行の費用相場に関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

記帳代行の費用相場については以下の記事も参考になるかと思います。
おすすめ記事:記帳代行の費用相場や利用する4つのメリットとは?

合わせて読みたい「税理士に依頼する時の費用」に関するおすすめ記事

税理士へ依頼する際の費用はいくらが相場?法人の場合について解説!

この記事では税理士へ依頼するときの費用の相場や、費用に応じた税理士へ依頼できることを紹介しています。記帳代行を依頼したときの費用だけでなく、決算申告を依頼した時の費用などについても記載しているのでおすすめです。

合わせて読みたい「税理士に記帳代行を依頼する時の費用」に関するおすすめ記事

税理士に記帳代行を依頼するといくら?記帳代行の費用相場について解説

この記事では税理士へ記帳代行を依頼するときの費用の相場や、税理士に記帳代行を依頼することのメリットについて解説しています。記帳代行を依頼するときの費用が気になっている方におすすめです。

おすすめ参考記事:記帳代行とは?メリット・デメリット、料金相場を徹底解説

記帳代行を税理士に依頼する際に注意すべきポイント

記帳代行を税理士に依頼する際には、いくつかの重要な考慮事項があります。以下で、特に重要な2点について説明します。

この2点をもとに税理士に記帳代行を依頼するか依頼しないかを検討することをおすすめします。

決算申告や年末調整にかかる費用も考慮する

記帳代行サービスのコストを単独で比較すると、税理士事務所と記帳代行業者間で大きな違いは見られないかもしれません。しかし、記帳代行業者に税理士が不在の場合、決算申告や年末調整のためには別途税理士への依頼が必要になります。

これらのサービスは税理士事務所でも別途料金が発生しますが、顧問契約をしている場合には割引が適用されることがあります。全体的なコストを考えた時、記帳代行業者よりも税理士事務所に依頼した方が、コスト削減が見込める場合があります。

したがって記帳代行を依頼する場合には、記帳代行の料金だけでなく、決算申告や年末調整の費用も前もって検討することが重要です。

おすすめ参考記事:年末調整を税理士に代行してもらうメリットや費用相場を解説

税理士に依頼する適切なタイミングを考える

記帳代行を税理士に依頼するタイミングについても、慎重に考える必要があります。税理士に記帳代行を依頼する最適なタイミングとしては、経営者が記帳業務によって本業に割ける時間が不足している場合です。
ただし、取引の件数が少ない、または記帳業務に熟練した従業員がいる場合は、税理士に記帳代行を依頼せずに社内で記帳を行うことでコストを抑えることが可能です。記帳代行の利用に際しては、そのメリットとデメリットを十分に検討し、適切な判断を下すことをおすすめします。 また、記帳代行を利用しているが年間の取引数が1万件を超えるなど、規模が大きくなってきた場合は、社内での自計化を検討することもおすすめです。

まとめ

この記事では法人や個人事業主が記帳業務を効率的に行うために税理士や記帳代行業者に依頼するメリットやデメリット、税理士に依頼する適切なタイミングについて詳しく解説してきました。

記帳業務は企業運営において欠かせない作業であり、正確な記帳は経営判断や税務申告に直結します。そのため、多忙な事業者や簿記の知識が不足している場合には、税理士に記帳代行を依頼することがおすすめです。 税理士に記帳代行を依頼すると、記帳業務にかかる手間や時間を削減できるだけでなく、記帳ミスのリスクも軽減されます。

さらに、経営者は本業に集中する時間を増やすことができ、決算申告などの手続きもスムーズに行えます。経営者が記帳業務に時間を費やすことが難しい場合や、記帳の専門知識が不足している場合には、税理士に依頼するタイミングや事業規模、予算などを考慮した上で税理士に記帳代行を依頼することをおすすめします。

税理士を探すのが大変と感じた方

記帳代行って言いますけど、税理士に依頼しなくても自分で会計ソフトの入力ってできません?そんなに大変なんですか?
そう思いますよね。気持ちはわかります。でも、めちゃくちゃ大変なんですよ。この取引の勘定科目がどうなるとかって簿記の知識がないとそもそもわからないんですよ。だから記帳代行は税理士に依頼することをおすすめしているわけです。記帳を税理士に依頼するか悩んでいる方は以下の記事もおすすめなので見てみて下さいね。
記帳代行とは。アウトソーシングにおけるメリット・デメリット
なるほど。専門知識がないと難しいんですね。とりあえず税理士に依頼してみる形で検討してみようかなと思います。

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう