資金調達は税理士に依頼しよう!メリットやおすすめポイントについて徹底解説!

カテゴリー:

公開日:2024年4月

更新日:2024年5月22日

目次

  1. 資金調達ってなに?
  2. 資金調達の手段
  3. 資金調達ケース① 金融機関からの融資
    1. 都市銀行
    2. 地方銀行
    3. 信用金庫・信用組合
    4. 日本政策金融公庫
    5. ノンバンク
  4. 資金調達ケース② 補助金・助成金を受ける
  5. 返済不要の資金調達に税理士は必要?返済不要の資金調達の方法やメリット・デメリットまで解説
    1. 補助金・助成金の制度ごとの目的を理解する
    2. 補助金・助成金の種類と特徴
    3. 認定支援機関の役割
    4. 税理士のサポート
  6. 資金調達ケース③ VC(ベンチャーキャピタル)からの出資
    1. ベンチャーキャピタルの種類と特性
    2. 出資の際の注意点と税理士の役割
    3. 出資を受けた後の経営
  7. 税理士に依頼しよう!特におすすめな支援
    1. 1. 経営力強化資金の申請支援
    2. 2. 補助金制度(例:ものづくり補助金)の申請支援
    3. 3. 資金繰り表の作成支援
    4. 4. 金融機関(銀行、信用金庫、信用組合)の紹介
    5. 5. 金融機関への同行支援
    6. 税理士のサポートがもたらすメリット
  8. 事業フェーズや目的にあわせた資金調達!おすすめの手段とは?
    1. 起業時の資金調達
    2. 拡大時の資金調達
    3. 経営難時の資金調達
  9. 資金調達は税理士への依頼がおすすめ!報酬相場は?
    1. 税理士事務所に依頼する場合
    2. 顧問税理士に依頼する場合
  10. 資金調達は税理士への依頼がおすすめ!税理士を探すポイントってある?
    1. 資金調達の際に税理士への依頼がおすすめな理由
    2. 資金調達に強い税理士事務所を探すポイント
  11. 資金調達は税理士への依頼がおすすめ!注意するポイント①
  12. 資金調達は税理士への依頼がおすすめ!注意するポイント②
  13. 税理士に資金調達を依頼するメリットは?
    1. 最適な資金調達の選定
    2. 書類作成のサポート
    3. 金融機関との面談サポート
    4. スピーディーな資金調達の進行
    5. 経営サポート
  14. 資金調達に強いと言われる税理士とは?
  15. 税理士に相談を依頼しよう!資金調達対策おすすめポイント!
  16. まとめ

資金調達ってなに?


資金調達とは、企業が経営を円滑に進めるために、外部から必要な資金を調達するプロセスを指します。新規事業の立ち上げや設備投資、企業買収などの際に必要となるほか、日々の経営を維持するための運転資金の確保にも重要です。税理士は、資金調達に関する様々な手続きやアドバイスを専門知識を活かして提供してくれるため、企業にとって心強いパートナーとなるでしょう。

資金調達の重要性は、企業の事業活動を持続し、存続や発展を実現するために欠かせない要素にあります。日々の経費や債務の支払い、従業員の給与、広告宣伝費などの支出に加え、収益が入金されるまでのタイムラグをカバーする運転資金が必要です。資金調達が適切に行われない場合、資金不足により事業活動の継続が難しくなり、最悪の場合、倒産の危機に直面することもあります。

税理士に依頼して資金調達を進めることには多くのメリットがあります。税理士は、金融機関やベンチャーキャピタル、補助金・助成金などの様々な資金調達手段に精通しているため、企業にとって最適な選択肢を提案してくれるでしょう。また、資金調達に関連する申請手続きや書類作成などを代行してくれるため、企業は煩雑な手続きに煩わされることなく本業に専念できるので大変おすすめです。

資金調達の手段には、様々な方法があります。企業の状況や目的に合わせた手段を選択することで、事業運営の効率を高め、成長を後押しすることが可能です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士のサポートを得ながら、資金調達の戦略を適切に立てることが、企業の持続的な発展につながるでしょう。

参考おすすめ記事:資金調達とは?企業の資金調達方法やメリット・デメリットを簡単に解説

資金調達の手段

資金調達には、様々な手段があります。それぞれの手段には異なるメリットとデメリットがあり、企業の状況に合わせて選択することが重要です。税理士に依頼すると、専門知識を活用して最適な資金調達方法を提案してもらえますので、おすすめです。

アセットファイナンス(資産)
資産を売却して現金を調達する方法です。代表的な例として売上債権のファクタリングがあります。また、リースバックを利用して事業用資産を一時的に売却し、その資産をリースで借りることも可能です。税理士は、資産を有効に活用して資金調達を行う手法についてアドバイスしてくれるでしょう。

デットファイナンス(負債)
負債を増やして資金調達する方法です。銀行や金融機関から融資を受けたり、社債を発行したりして資金を調達します。税理士に依頼すると、最適な融資条件や社債発行のサポートが受けられるのでおすすめです。また、政府系金融機関の融資制度や自治体の制度融資も利用しやすいです。

エクイティファイナンス(純資産)
株式を発行して新たな株主から資金を調達する方法です。投資家やベンチャーキャピタル(VC)からの出資を受け、企業の成長を後押しします。税理士に依頼すると、出資者との契約条件や交渉のサポートを受けられるため、おすすめです。ただし、出資者の影響力が強まり経営の自由度が制約されることがあるため、創業者は注意が必要です。

  • SoVa税理士ガイド編集部

    資金調達は、①アセットファイナンス(資産)、②デットファイナンス(負債)、③エクイティファイナンス(純資産)の大きく3つの方法に分かれます。税理士に相談し、自社にとって最適な資金調達を選択しましょう。

参考おすすめ記事:【経営者必見】資金調達の手段・方法には何がある?それぞれのメリット・デメリットも徹底解説!

資金調達の手段は事業のフェーズや状況に応じて選択する必要があります。たとえば、創業期には実績が乏しいため、銀行からの融資を受けるのは難しいですが、税理士が支援することで創業者向けの融資制度を利用しやすくなります。成長期のスタートアップやベンチャー企業は、投資家やVCからの出資を受けることで新たな資金を調達できます。税理士への依頼は、資金調達に関する手続きや戦略を円滑に進めるために非常に有効です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士は各手段のメリットやリスクを理解しているため、企業の状況に合わせたおすすめの資金調達方法を提案してくれるでしょう。

次項で資金調達のケース別に詳しく紹介していきます。

参考おすすめ記事:資金調達における税理士の重要性やメリット、選び方とは?

資金調達ケース① 金融機関からの融資

金融機関からの融資は、企業が資金調達を行う上で最も一般的な方法の一つです。しかし、金融機関には様々な種類があり、それぞれの特徴や条件が異なります。税理士に依頼して最適な融資方法を見つけることで、企業のニーズに合った資金調達を実現することができます。以下は、金融機関の種類とその特徴です。

都市銀行

都市銀行は、大手企業から中小企業まで幅広い取引先を持つため、多様な融資を提供しています。一般的には定型化された融資商品が中心で、企業の格付けに基づいて融資の判断がなされるケースが多いです。

おすすめ参考記事:融資元の選び方とは?より良い資金調達にはどのように金融機関を選ぶべきか

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

税理士は、都市銀行との取引に関して企業の格付けや条件の交渉をサポートしてくれるため、おすすめです。

地方銀行

地方銀行は、特定の地域に特化した営業エリアを持ち、地域活性化のために地元の企業や事業に対して積極的に融資を行うことが期待できるのでおすすめです。地方銀行に融資を依頼する際は、地域への貢献をアピールすることが大切です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士は、地方銀行との取引のサポートや適切な融資先の選定に役立ちます。

参考おすすめ記事:創業支援で税理士に依頼できること

信用金庫・信用組合

信用金庫や信用組合は、地域の会員の相互扶助を基本理念とした小規模な金融機関です。金利は高めですが、きめ細かな対応が期待できます。税理士に依頼することで、信用金庫や信用組合との取引に関するサポートや条件の交渉を円滑に進められるのでおすすめです。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、国が出資する特殊な株式会社で、民間の金融機関では対応が困難な分野に資金を貸し付ける役割を果たします。起業間もない企業や個人事業主に対しても、低金利で柔軟な融資制度を提供しています。税理士は、日本政策金融公庫への融資申請に関しても専門的なアドバイスを提供してくれるため、おすすめです。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    日本政策金融公庫の融資を税理士に依頼する方法については以下の記事もおすすめです。

おすすめ記事:日本政策金融公庫の融資は税理士に依頼するべき?

ノンバンク

ノンバンクは審査が緩やかで、決算内容が悪くても融資を受けることができます。しかし、金利が高いため返済が困難になる可能性があります。また、ノンバンクからの借り入れが他の金融機関との取引に影響を与えることがあるため、注意が必要です。税理士に相談して慎重に判断することをおすすめします。

税理士への資金調達の依頼に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

金融機関からの資金調達は、企業の状況やニーズに合わせて選択する必要があります。税理士に依頼することで、企業に最適な資金調達方法を見つけるサポートが受けられますので、ぜひ活用をおすすめします。

参考おすすめ記事:資金調達の15の方法|借入・受給・出資・その他

資金調達ケース② 補助金・助成金を受ける

補助金や助成金は、企業の発展や労働者の賃金向上を目的とした政府の支援策です。これらの資金調達手段は原則として返済不要ですが、要件を満たし審査を通過する必要があります。税理士に依頼することで、補助金や助成金の活用を効果的に進めることができます。以下は、補助金・助成金の受け取りに関するポイントです。

返済不要の資金調達に税理士は必要?返済不要の資金調達の方法やメリット・デメリットまで解説

合わせて読みたい「中小企業の税理士への資金調達の依頼」に関するおすすめ記事

返済不要の資金調達に税理士は必要?返済不要の資金調達の方法やメリット・デメリットまで解説

この記事では返済不要である資金調達を実施しようと考えている場合において税理士に資金調達を依頼するメリットデメリットに、さらには注意点まで紹介しています。
 

補助金・助成金の制度ごとの目的を理解する

補助金・助成金は、制度ごとに運営事務局が異なります。例えば、補助金は経済産業省、助成金は厚生労働省が管轄しています。また、中小企業庁や地方自治体なども事務局として関与しています。補助金・助成金の種類や目的は多岐にわたりますので、制度ごとの目的を理解し、適切な準備が必要です。税理士に依頼することで、最新の情報や制度の詳細な解説を受けることができ、おすすめです。

補助金・助成金の種類と特徴

補助金は国や地方自治体が特定の政策目的を達成するために企業や個人事業主を支援する制度です。一方、助成金は労働者の雇用維持や環境改善を目的としています。企業は自社の事業目的に合った制度を選び、申請する必要があります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士は、補助金・助成金の選定や申請手続きに関するアドバイスを提供してくれるため、資金調達の成功に向けて心強い存在です。

参考おすすめ記事: 創業融資でタッグを組む税理士を選ぶポイント

認定支援機関の役割

補助金の申請には、経営革新等支援機関(認定支援機関)のフォローが要件となる場合があります。認定支援機関は、金融機関や税理士、公認会計士などの専門家が公的な支援機関として国から認定された組織です。税理士に依頼することで、経営状況や財務内容の細かな調査や分析を行い、補助金申請の際の書類作成や手続きのサポートを受けることができます。

税理士のサポート

税理士に依頼することで、補助金・助成金の申請に関する細かな手続きや書類作成、審査のポイントについて専門的なアドバイスを受けることができます。また、税理士は補助金・助成金の申請に関する最新の情報や変更点を常に把握しているため、効率的な資金調達を実現するために欠かせない存在です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    補助金・助成金の受け取りは、事業の成長や経営の安定に大きく貢献します。税理士に依頼して、最適な補助金・助成金の活用方法を見つけることがおすすめです。

参考おすすめ記事:資金調達手段を探せる・学べる 専門家を頼れる「資金調達ナビ」

資金調達ケース③ VC(ベンチャーキャピタル)からの出資

ベンチャーキャピタル(VC)からの出資は、新興企業やスタートアップにとって大きな資金調達の方法の一つです。ベンチャーキャピタルは、成長が期待される企業に投資して、企業が株式公開(IPO)した際にキャピタルゲイン(売買差益)を得ることを目的としています。この方法を選ぶことで、企業は大規模な資金調達が可能となりますが、慎重な検討と税理士のサポートが必要です。

ベンチャーキャピタルの種類と特性

ベンチャーキャピタルには、政府系、銀行系、証券会社系などさまざまな種類が存在し、投資対象の分野が異なることがあります。政府系のベンチャーキャピタルは、投資対象の分野に制限が少ない傾向があります。一方、銀行系や証券会社系のベンチャーキャピタルは、安定した分野に重点を置くことが多いです。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    また、バイオテクノロジーやインターネット分野など、特定の業種に特化したベンチャーキャピタルもあります。

参考おすすめ記事:【税理士監修】個人や個人事業主が、資金調達する7つの方法と知っておきたいポイント

出資の際の注意点と税理士の役割

ベンチャーキャピタルからの出資を受ける際には、将来のエグジット戦略(上場やM&Aなど)を考慮する必要があります。企業の成長が期待される分野であり、将来性が見込まれる事業計画を持っているかが重要です。ベンチャーキャピタルは事業計画書や資金繰り表などの書類を精査し、企業の成長性や投資の見返りを見極めます。

この段階で税理士に依頼することがおすすめです。税理士は、ベンチャーキャピタルが重視するポイントや審査基準について詳しく知っています。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

事業計画書やその他の資料の作成、審査のサポート、手続きの進め方などに関して専門的なアドバイスを受けることで、資金調達の成功率を高めることができます。

出資を受けた後の経営

ベンチャーキャピタルからの出資を受けた場合、事業の方向性や経営戦略に関してアドバイスを受けることがあります。経営者はベンチャーキャピタルの意見を受け入れつつ、事業の成長に向けた戦略を練ることが求められます。また、税理士のサポートを受けることで、出資後の経営戦略の策定や財務面のサポートを得ることができます。

ベンチャーキャピタルからの出資は、大規模な資金調達と専門家のサポートを受けることができる一方で、事業の方向性や経営方針に影響を与える可能性があります。税理士に依頼して、適切なアドバイスとサポートを受けながら、資金調達を成功させることが大切です。

参考おすすめ記事:資金調達を税理士に相談するメリットは?資金調達の方法別に解説

税理士に依頼しよう!特におすすめな支援

資金調達を検討する際に税理士のサポートを得ることは非常に効果的でおすすめです。以下では、資金調達において特に税理士に依頼をおすすめする申請支援など、おすすめのポイントについて詳しく説明します。

1. 経営力強化資金の申請支援

経営力強化資金は、企業の経営改善や成長をサポートするための資金調達手段です。申請には多くの手続きや書類作成が必要であり、税理士に依頼することで効率的に進めることができます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士は必要な資料や損益計画の作成、申請書類の確認やサポートを行います。

2. 補助金制度(例:ものづくり補助金)の申請支援

補助金制度は、企業の成長や技術開発を支援するための制度です。申請手続きには専門的な知識が必要であり、税理士のサポートを得ることで申請の成功率を高めることができます。税理士は認定支援機関としての役割も果たし、必要な書類の作成や申請手続きのサポートを行います。

3. 資金繰り表の作成支援

資金繰り表の作成は、企業の財務状況を把握する上で欠かせない作業です。税理士に依頼することで、正確な資金繰り表の作成や予測財務諸表の作成が可能になります。税理士は企業の財務状況をよく理解しているため、効率的な資金調達戦略の策定にも役立ちます。

4. 金融機関(銀行、信用金庫、信用組合)の紹介

税理士は多くの場合、金融機関とのネットワークを持っています。税理士に依頼することで、企業に合った金融機関の紹介を受けることができます。また、税理士が同行することで、金融機関との信頼関係を築くのに役立ちます。

5. 金融機関への同行支援

税理士の同行は、金融機関との面談や交渉を円滑に進めるために重要です。税理士が同行することで、企業の財務状況や計画を的確に説明し、資金調達の成功率を高めることができます。

税理士のサポートがもたらすメリット

資金調達において税理士に依頼することで、申請手続きの効率化や成功率の向上が期待できます。また、税理士は企業の財務状況や経営計画に精通しているため、最適な資金調達戦略の提案やアドバイスを受けることができます。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

税理士のサポートを受けることで、資金調達のプロセスをスムーズに進めることができます。資金調達を成功させるためには、税理士との連携が欠かせません。ぜひ税理士に依頼して、資金調達に取り組んでみてください。

参考おすすめ記事:資金調達が必要になった場合の税理士・会計事務所の活用方法(2)

事業フェーズや目的にあわせた資金調達!おすすめの手段とは?

事業の成長や経営の安定を図るためには、事業フェーズや目的に合わせた資金調達の選択が重要です。資金調達の手段は多岐にわたりますが、最適な方法を選択することが企業の成功につながります。ここでは、事業の状況や目的に応じたおすすめの資金調達手段について、詳細に説明します。

起業時の資金調達

新しく事業を始める際には、創業資金の確保が不可欠です。自己資金だけで事業を立ち上げるのは難しいことも多いため、税理士に依頼して以下の資金調達手段を検討してみるのがおすすめです。

政府系金融機関からの創業融資
日本政策金融公庫などの政府系金融機関からの融資は、無担保・無保証で融資を受けられることが多く、起業家にとっては魅力的です。金利が低く、審査も比較的通りやすいため、起業時の資金調達に適しています。

民間銀行からの創業融資
地方銀行や信用金庫などは、創業者向けの融資を提供しています。信用保証協会の制度融資も活用でき、創業前から融資の相談が可能です。

個人投資家からの出資
実績が少ない起業家でも、斬新なアイデアや明確な事業計画があれば、個人投資家からの出資を得ることができます。個人投資家の支援を受けることで、資金だけでなく経営アドバイスやネットワークの拡大も期待できます。

クラウドファンディング
寄付型クラウドファンディングを利用することで、商品やサービスの市場性を確認できます。短期間で資金を調達できるため、ビジネスアイデアを素早く検証することが可能です。

拡大時の資金調達

事業が軌道に乗り、さらなる成長を目指す際には、次の資金調達手段を検討してみましょう。

VCからの出資
事業の成長に向けて数千万~数億単位での資金調達を考える場合、ベンチャーキャピタル(VC)からの出資がおすすめです。資金調達後の返済が不要なため、事業の成長に集中できます。ただし、VCの意向に合わせた経営が求められる場合もあるため、慎重に選択しましょう。

民間銀行からの融資
事業が好調な時期には、民間銀行からの融資を受けることが容易です。経営への介入を避けたい場合や、まとまった事業資金を調達したい場合に適しています。

経営難時の資金調達

経営が難しい状況に直面した際には、以下の資金調達手段を検討しましょう。

補助金・助成金
国や自治体が提供する補助金や助成金を活用することで、経営難を乗り切ることができます。 種類が多いので、条件や支給時期を確認して申請しましょう。

政府系金融機関からの融資
政府系金融機関は、経営難に直面した事業者に対しても支援を提供しています。たとえば、日本政策金融公庫の「経営環境変化対応資金」は、業績悪化時の企業に対する融資制度です。

ファクタリング
売掛金を担保にファクタリング会社から融資を受ける方法です。迅速な資金調達が可能なため、資金繰りに困った際に有効です。

税理士に依頼して、事業フェーズや目的に合わせた最適な資金調達方法を選択することで、事業の成長と安定を実現しましょう。税理士は専門知識と経験を活かして、資金調達に関するアドバイスや手続きのサポートを行ってくれます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    資金調達に悩む際は、ぜひ税理士に依頼して相談してみてください。

参考おすすめ記事:資金調達の手段・方法には何がある?それぞれのメリット・デメリットも徹底解説!

資金調達は税理士への依頼がおすすめ!報酬相場は?

資金調達に関して税理士への依頼を検討する際、報酬の相場がどのようなものか気になる方も多いでしょう。税理士への依頼に関しては、資金調達のサポートを受けることで専門的な知識を活用できるという大きなメリットがあります。しかし、その反面、報酬についてしっかりと確認しておくことも重要です。

税理士への依頼の報酬には、いくつかの形態があります。「着手金」「成功報酬」「スポット契約」「顧問契約」など、契約形態や内容によって費用が異なります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    以下に、それぞれの形態における報酬相場をまとめましたので、参考にしてください。

税理士事務所に依頼する場合

着手金
着手金は依頼時に最初に支払う金額です。報酬相場は30,000~50,000円程度で、税理士が資金調達のサポートに着手するための初期費用として必要となります。

成功報酬
成功報酬は、資金調達が成功した場合に調達額の2~5%を税理士に支払う形式です。成功報酬は、税理士の成果に対する報酬ですので、成功しなければ支払う必要がありません。

補助金・助成金の申請
補助金や助成金の申請に関しては、着手金がかからないケースもあります。ただし、成功報酬は調達額の15~30%と比較的高めの設定になっています。

スポット契約
スポット契約は一度限りの依頼契約です。事業計画書の作成に関しては30,000~50,000円程度、資金調達の相談などは1時間あたり10,000円から依頼できるので顧問契約までは費用を捻出するのが難しいという方にはおすすめです。

顧問税理士に依頼する場合

顧問税理士契約
顧問税理士との契約は、継続的に税理士のサポートを受けることができる契約形態です。顧問契約においては、着手金がかからず、成功報酬も調達額の2~5%程度です。ただし、契約内容によっては成功報酬が不要になるケースもあります。

税理士に依頼することで、資金調達に関する専門的なアドバイスやサポートが受けられ、事業の成功に向けた確実な資金調達が可能です。報酬相場を参考にしつつ、税理士との契約内容を詳細に確認してみましょう。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    資金調達の依頼は、税理士にお願いすることが最もおすすめです。

参考おすすめ記事:融資・資金調達に強い税理士【口コミ・料金で比較】

資金調達は税理士への依頼がおすすめ!税理士を探すポイントってある?

資金調達の際に税理士への依頼を検討している方にとって、信頼できる税理士事務所を見つけることは大変重要です。本記事では、資金調達において税理士に依頼するメリットや、税理士事務所を選ぶ際のおすすめのポイントについて解説します。資金調達をスムーズに進めるために、ぜひ参考にしてください。

資金調達の際に税理士への依頼がおすすめな理由

税理士への依頼は、専門的な知識と経験を持つ税理士から的確なアドバイスを受けることができる点がおすすめです。また、最新の法規制に精通しているため、法的リスクを最小限に抑えるサポートが受けられます。

資金調達に強い税理士事務所を探すポイント

以下の2つのポイントを重視して、信頼できる税理士事務所を探しましょう。

1. 信頼性と評判の確認

税理士事務所を選ぶ際、信頼性と評判を確認することは重要です。口コミやレビューを調査して事務所の過去の実績を確認し、他の企業や起業家からの評価をチェックしましょう。実績豊富な税理士事務所は、迅速で的確な対応が期待できるため、資金調達プロセスをサポートするうえで信頼性が高いです。

2. サービス料金や契約条件の明確な理解

税理士事務所が提供するサービス料金や契約条件を事前にしっかりと把握しましょう。費用対効果の高いサービスを受けるためにも、明確な契約条件と透明な料金体系を確認しておくことが重要です。予算を考慮しながら資金調達を進めるために、税理士事務所との契約内容を慎重に検討しましょう。

資金調達を税理士に依頼する際は、信頼性と評判、そして料金や契約条件を重視して選びましょう。これにより、資金調達プロセスをスムーズに進め、事業の成功につなげることができます。

税理士への資金調達の依頼に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

信頼できる税理士事務所と良好なパートナーシップを築き、資金調達における様々な課題をクリアしていきましょう。

参考おすすめ記事:資金調達でおすすめの税理士事務所23選!メリットや探すポイントを解説

資金調達は税理士への依頼がおすすめ!注意するポイント①

すべての税理士が資金調達に詳しいわけではない

資金調達を検討する企業にとって、信頼できる税理士事務所への依頼は重要な選択肢です。しかし、税理士事務所を選ぶ際には特に注意が必要です。その最大のポイントは、「すべての税理士が資金調達に詳しいわけではない」ということです。

税理士は「税金や会計のプロ」ではありますが、「資金調達のプロ」とは限りません。税理士の業務は幅広いため、得意分野が異なります。資金調達に関する知識や経験が豊富な税理士事務所を選ぶことが重要です。資金調達に精通した税理士であれば、銀行や金融機関との交渉において的確なサポートを提供し、企業の資金調達を成功に導くことができます。

おすすめサイト:融資・資金調達に強いおすすめの税理士一覧

資金調達に関して税理士事務所を選ぶ際には、以下の点に注意してください。

資金調達の専門知識と実績の確認
資金調達に関する知識や経験が豊富な税理士事務所を選ぶことで、審査に通りやすい書類作成や適切なアドバイスを受けることができます。過去の実績やクライアントの声を参考に、事務所の専門性を確認することをおすすめします。

報酬とサービス内容の透明性
低価格のサービスが一見魅力的に見えるかもしれませんが、資金調達におけるサポートの質を重視してください。報酬体系やサービス内容が明確で、費用対効果が高い税理士事務所を選ぶことをおすすめします。

銀行との連携経験の有無
銀行が融資の可否を判断する基準に精通している税理士は、審査に通りやすい書類の作成やアドバイスを提供してくれます。銀行との連携経験が豊富な税理士事務所を選ぶと安心です。

資金調達を成功させるためには、資金調達に特化した税理士事務所を選ぶことが重要です。信頼できる税理士に依頼することで、企業の資金調達プロセスが円滑に進むでしょう。

資金調達を税理士に依頼する際の注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

税理士の選定に慎重になり、最適なパートナーを見つけてください。

参考おすすめ記事:すべての税理士が資金調達に詳しいわけではない!

資金調達は税理士への依頼がおすすめ!注意するポイント②

信頼できる税理士事務所を選ぶ

資金調達を成功させるためには、信頼できる税理士事務所を選ぶことが重要です。しかし、税理士事務所の選び方には慎重さが求められます。特に長期的な顧問契約を結ぶ場合は、パートナーとして長期間の付き合いになるため、最適な選択を心掛ける必要があります。

以下に、信頼できる税理士事務所選びにおける注意点を5つご紹介します。これらのポイントに注目して、資金調達のプロセスを円滑に進めることができます。

面談の際の準備
税理士事務所に依頼する際には、面談を行うことが一般的です。その際、事前に以下の準備を行っておくとスムーズに話が進みます。
売上規模や予算の確認
・税理士に依頼したい業務内容(融資サポート、記帳代行、節税対策など)
過去3期分の決算書の用意
事業計画書、登記簿謄本、定款(新会社設立時)

レスポンスの速さ
税理士事務所のレスポンスが迅速かどうかを確認しましょう。質問や連絡に対する対応の速さは、将来的なサポート体制の指標になります。

適正な予算管理
顧問料や相談料が高すぎる場合、予算に悪影響を及ぼします。一般的な価格帯を把握し、見積もりを確認しながら適正価格でサービスを提供してくれる税理士事務所を選びましょう。

税理士の専門分野
資金調達に関する経験や実績が豊富な税理士を選ぶことで、的確なアドバイスやサポートを受けることができます。得意分野や過去の実績を確認して、専門性を見極めましょう。

コミュニケーション能力
長期的な顧問契約を結ぶ場合、税理士とのコミュニケーションが円滑に進むことが重要です。意思疎通がスムーズで、信頼関係を築ける税理士事務所を選びましょう。

以上のポイントを参考に、資金調達に最適で信頼できる税理士事務所を見つけることで、企業の成長と成功をサポートしてくれる最適なパートナーを見つけることができます。

参考おすすめ記事:【2024年最新版】資金調達に強い! おすすめ税理士事務所8選

税理士に資金調達を依頼するメリットは?

資金調達を成功させるためには、税理士に依頼することで多くのメリットを享受することができます。税理士は税金に関する専門家として知られていますが、資金調達に関しても豊富な知識と経験を持っている税理士に依頼することで、スムーズな資金調達を実現できます。以下に、税理士に資金調達を依頼するメリットを詳しく解説します。

最適な資金調達の選定

税理士はさまざまな資金調達の手段や制度に精通しているため、事業に最適な資金調達方法を提案してくれます。例えば、民間金融機関や公的機関からの融資、補助金や助成金の活用など、複数の選択肢の中から適切な手段を選ぶ際には、税理士の知識と経験が役立ちます。また、時期や事業の特性に応じて、どのような資金調達がベストなのかをアドバイスしてくれるため、効率的な資金調達が可能となります。

書類作成のサポート

資金調達には多くの書類作成が必要ですが、税理士のサポートを受けることで、正確かつ効果的な書類を作成することができます。事業計画書や決算書、財務諸表などの書類を専門的な視点からブラッシュアップしてもらうことで、金融機関からの信頼度も向上します。税理士のサポートを受けながら、書類の完成度を高めることで、資金調達の成功率を高めることができます。

金融機関との面談サポート

融資を受ける際には、金融機関との面談が行われることが一般的です。税理士は面談での質問に対する適切な回答やプレゼンテーションの準備をサポートしてくれます。その結果、融資担当者に好印象を与えることができ、資金調達の成功率を高めることができます。特に細かい数字や財務状況については、税理士の知識が役立ちます。

スピーディーな資金調達の進行

資金調達のプロセスは通常、時間がかかるものですが、税理士のサポートを受けることで迅速に進めることが可能です。税理士は必要な書類の作成や手続きに精通しているため、スムーズな資金調達を実現します。税理士に依頼することで、プロセスを効率的に進めることができ、事業の計画に遅れが生じるリスクを軽減できます。

経営サポート

税理士は税務や会計の専門家であるため、資金調達に伴う経営サポートも提供してくれます。資金調達の活用方法や財務状況の分析、経営計画の策定など、事業の発展に必要なアドバイスを受けることができます。また、税理士によっては長期的な経営戦略のアドバイスを提供することもあり、事業全体の成長をサポートします。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

以上のように、税理士に資金調達を依頼することで、専門的なサポートとアドバイスを受けることができ、事業の成功に繋がります。税理士のサポートを活用して、資金調達のプロセスをよりスムーズに進めてみてください。

参考おすすめ記事:税理士に資金調達を依頼するメリット|おすすめの融資方法や費用相場なども解説

資金調達に強いと言われる税理士とは?

資金調達は事業の成功に欠かせない重要な要素であり、資金調達に強い税理士に依頼することで、より効果的な資金確保が可能になります。それでは、資金調達に強いと言われる税理士とはどのような特徴を持っているのでしょうか。

まず、資金調達に強い税理士は、銀行からの借り入れだけでなく、国や自治体の融資、補助金・助成金について幅広く精通しています。これにより、事業主に最適な資金調達方法を提案することができます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    また、融資担当者との交渉術や、事業計画書・創業計画書の作成方法についても熟知しているため、申請を有利に進めるサポートが可能です。

参考おすすめ記事:資金調達(融資)に強い税理士の特徴は?見分けるポイントを紹介します

さらに、資金調達に特化した税理士事務所では、資金調達を得意とする税理士が多数在籍しています。こうした事務所では、実績や経験が豊富な税理士が多いため、安心して資金調達を依頼することができます。

資金調達に強い税理士の中には、金融機関での勤務経験がある人もいます。金融機関での経験がある税理士は、融資を行う金融機関側の事情や審査基準を熟知しているため、資金調達のサポートをより効果的に行うことができます。このような税理士への依頼は、事業主にとって非常に心強い存在です。

資金調達が得意な税理士に依頼することで、融資結果が大きく向上する可能性があります。創業時や新規事業を始める際の資金集めは特に重要であり、税理士選びは事業の成功を左右する大切な要素です。

資金調達に強い税理士の特徴として、金融機関の出身者であったり、経営革新等支援機関に認定されていることが挙げられます。また、税理士のネットワークを活用して他の事業主との情報交換やサポートを受けることも可能です。

資金調達に強い税理士に依頼することで、効率的で適切な資金調達が可能になります。事業の成功を確実にするためにも、信頼できる税理士を選び、効果的な資金調達を実現しましょう。

税理士への資金調達の依頼に関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

税理士への資金調達を依頼するときには以下の記事もおすすめです。

参考おすすめ記事:資金調達を税理士に依頼したときの報酬相場とメリット

税理士に相談を依頼しよう!資金調達対策おすすめポイント!

税理士に相談することで、資金調達の対策を効果的に進めることができます。ここでは、税理士と相談する資金調達の対策を箇条書きでまとめます。

事業計画の策定
税理士と一緒に、資金調達に関する目標や戦略を含む詳細な事業計画を策定します。計画の中で必要な資金の額や使い道を明確にします。

財務状況の分析
税理士と協力して企業の財務状況を分析し、資金調達の必要性や適切な金額を把握します。財務面の健全性を示すことで、資金調達の成功に繋がります。

資金調達方法の選定
税理士のアドバイスを受けて、銀行融資や補助金・助成金、ベンチャーキャピタル、クラウドファンディングなど、さまざまな資金調達の方法から最適なものを選定します。

金融機関へのアプローチ
税理士と共に、金融機関に評価されやすい決算書や事業計画書を作成し、金融機関への依頼を成功させます。

補助金・助成金の申請
税理士のサポートを受けながら、国や自治体が設けている補助金・助成金の申請を進めます。これにより資金調達の幅が広がります。

資金調達のタイミング
税理士と相談し、事業の進捗や経営計画に合わせて最適な資金調達のタイミングを決定します。適切なタイミングでの資金調達が成功を導きます。

リスク管理
税理士のサポートを受けながら、資金調達に伴うリスクを評価し、対策を講じます。リスクを最小限に抑えることで、資金調達の成功確率が高まります。

信用力の向上
税理士のアドバイスに基づいて、企業の信用力を向上させる取り組みを行います。信用力が高まると、資金調達の依頼がスムーズに進みます。

進捗状況の監視
税理士と協力し、資金調達の進捗状況を常に監視し、必要に応じて調整します。進捗を適切に管理することで、資金調達の効果が最大限に引き出されます。

継続的な関係
税理士との継続的な関係を築き、資金調達だけでなく経営全般についてもサポートを依頼します。税理士の専門知識を活用することで、事業の成長が促進されます。

以上が、税理士と相談する資金調達の対策のおすすめポイントです。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士の専門知識と経験を活用して、効果的な資金調達を実現しましょう。

参考おすすめ記事:税理士事務所と取り組むべき5つの資金調達対策

まとめ

資金調達は企業経営において非常に重要なプロセスです。そのため、適切なサポートを受けることが成功への近道となります。そのサポートの中でも特におすすめなのが税理士に資金調達の依頼をすることです。

税理士に依頼するメリットは数多くあります。まず、税理士の知識と経験を活かして、金融機関や投資家からの信頼を得られるような事業計画書や財務資料を作成できます。税理士の専門知識によって、資金調達の成功率が大幅に向上するでしょう。

さらに、税理士は様々な資金調達方法についてのアドバイスを提供してくれます。例えば、銀行融資やベンチャーキャピタル、クラウドファンディングなど、企業に合った最適な方法を選ぶ手助けをしてくれます。また、補助金や助成金の活用法についても税理士からのおすすめ情報を得られます。

税理士との関係を築くことで、資金調達だけでなく長期的な経営サポートも受けることができます。税理士は税務や財務に関するアドバイスを通じて、企業の成長をサポートします。そのため、資金調達の依頼を機に税理士との長期的なパートナーシップを築くことがおすすめです。

資金調達に関するリスク評価や管理も、税理士のサポートを受けることで安心して行えます。リスクを最小限に抑え、安定した資金調達を実現できるでしょう。さらに、税理士のアドバイスにより、企業の信用力を高める取り組みも進められます。

税理士への資金調達の依頼は、企業経営の成功への第一歩です。資金調達の依頼を通じて税理士と連携し、企業の成長と安定した経営を実現しましょう。税理士は信頼できるビジネスパートナーとして、資金調達から経営全般にわたるサポートを提供してくれます。

最後に、税理士への資金調達の依頼は企業にとって大きなメリットがあります。おすすめの方法やアドバイスを受けることで、企業の成長と成功がさらに確実なものとなるでしょう。資金調達の依頼を通じて、税理士との長期的な関係を築き、企業の未来をより良いものにしていきましょう。

参考おすすめ記事:資金調達支援の専門家の選び方

税理士を探すのが大変と感じた方

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう