マイクロ法人には税理士が必須?気になる節税と個人事業主から法人化するおすすめタイミングも解説!

カテゴリー:

公開日:2024年5月

更新日:2024年5月21日

マイクロ法人とは?

マイクロ法人とは、1人の代表者が中心となり、従業員を雇わずに事業を展開する会社形態です。この法人は、働き方改革の潮流や多様なビジネスモデルの出現に伴って注目を集めており、個人事業主が節税や社会保険料の削減を目的としてマイクロ法人を設立するケースが増加しています。

マイクロ法人の設立には、いわゆる節税など税制面でのメリットが期待されるだけでなく、社会的な信用も得やすくなります。この会社形態は、個人事業主やフリーランスにとって節税の一環として取り入れられることが多いです。

一般的な会社では、株主や複数の従業員を抱えながら事業活動を行いますが、マイクロ法人はその特徴として、代表者1人が経営のすべてを担当します。会社法に則った手続きや会社設立登記が必要ですが、役員や株主の人数に制限がないため、一般的な会社と同じ扱いとなります。

マイクロ法人の設立目的は、一般の企業が事業拡大を目指すのに対して、主に節税を重視しています。フリーランスや個人事業主として事業を行う場合と比較して、法人化することで税務上のメリットを享受できるため、多くの人々がマイクロ法人の設立を選択しています。

個人事業主として事業を開始する際には、税務署に開業届を提出しますが、マイクロ法人の場合は、定款の作成や法務局での法人登記が必要です。手続きにかかる手間は増えますが、税制上の優遇措置を得られることが多いため、中長期的な視点で判断することが重要です。

以上のように、マイクロ法人の設立には多くのメリットがありますが、事業を行う際には適切なタイミングと税務上の対策を考慮することが必要です。そのため、専門家である税理士に相談することで、最適な法人設立の判断が可能となります。

参考おすすめ記事:マイクロ法人設立とは?作り方・年収はいくらから?

マイクロ法人には税理士が必須?

マイクロ法人を運営する際、税理士のサポートが必要かどうかは重要なポイントです。特に、節税と効率的な会計処理を求める経営者にとって、税理士の知識と経験は非常に有益です。

まず、情報の信頼性に関してですが、本やネットでマイクロ法人の会計や税務に関する情報を調べることはできます。しかし、それらの情報の正確性や最新性を確認するのは難しく、法令の改定に関する確認も必要です。また、ネット上の情報には個人的な解釈や誤解が含まれる可能性があるため、税務や会計に関して自分で判断するのはリスクが伴います。税理士は最新の税法に精通しており、信頼性の高い情報を提供してくれます。

次に、マイクロ法人の決算処理は個人事業主の確定申告に比べて非常に複雑で手間がかかります。法人会計には、貸借対照表や損益計算書などの決算書類の作成、税務申告書の提出、社会保険料の納付など、様々な手続きがあります。これらを自分で行うには時間と労力が必要です。税理士に依頼すれば、これらの煩雑な手続きを効率的に処理してくれます。

また、税理士のサポートを受けることで、マイクロ法人が受けられる助成金や補助金を最大限に活用することができます。税理士は最新の税制や補助金制度に関する情報を持っており、適切なアドバイスを提供してくれるため、経営者が自分で情報収集する手間を省けます。

一方、税理士に依頼する費用がかかるため、節税効果と税理士報酬のバランスを考える必要があります。しかし、税理士が提供する節税対策や補助金の活用によって、最終的には経費を上回る経済的なメリットを得られるケースも少なくありません。

総じて、マイクロ法人の運営において税理士のサポートは節税や効率的な会計処理を実現するために有益です。特に、マイクロ法人に関する知識や経験が乏しい経営者にとっては、税理士の専門的なアドバイスが事業の成功に大いに役立つでしょう。

マイクロ法人と税理士に関するおすすめ記事

マイクロ法人の会計を税理士に依頼する際の費用相場

マイクロ法人で税理士に依頼する際の費用相場について詳しく解説します。

マイクロ法人が税理士に依頼する際の費用は、契約のタイプによって異なります。主に単発のスポット契約と継続的な顧問税理士契約の2種類があり、それぞれの費用相場やサービス内容が異なります。

スポット契約の費用相場

スポット契約は、一度限りのサービスで決算申告などを依頼する場合に選ばれます。費用相場は10万〜20万円程度で、マイクロ法人の規模や取引量によっても変動します。売上や取引量が比較的少ないマイクロ法人では、この範囲内で税理士に依頼できることが多いです。

ただし、確定申告や決算申告の業務が集中する11月〜翌年5月ごろは税理士事務所の繁忙期であるため、スポット契約を検討する際は早めに依頼することをおすすめします。繁忙期に依頼すると対応が難しいケースもあるため、計画的な依頼が重要です。

マイクロ法人の節税に関するおすすめ記事:マイクロ法人とは?作り方や個人事業主の節税・メリットを簡単に解説

個人事業主やサラリーマンがマイクロ法人を設立するのは違法?

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

個人事業主やサラリーマンがマイクロ法人を設立するのは違法ではありません。ただし、副業を禁止する勤務先との契約に違反する可能性があるため、注意が必要です。

顧問税理士契約の費用相場

顧問税理士契約は、マイクロ法人の税務会計や経理を継続的にサポートしてもらう契約で、費用相場は30万円以上からとなります。スポット契約に比べて高額ですが、専門家の税理士に継続的なサポートを受けることで、節税対策や税務調査の対応などに時間を割かずに済みます。

顧問税理士契約では、役員報酬の金額設定や最適な決算期の設定など、自社に合ったアドバイスが得られるため、経営の安定と節税効果の向上に寄与します。ネットで情報収集するよりも確実なサポートが得られ、事業に集中できるのが顧問税理士契約のメリットです。

税理士に依頼する際には、費用だけでなく対応業種や相性も考慮することが重要です。税理士の専門分野が自社の業種と合わない場合は依頼を断られることもありますし、相性が悪いと対応が適切でないことも考えられます。税理士の選択には慎重な検討が必要です。

マイクロ法人の設立と顧問税理士契約をセットで依頼すると、費用を抑えられるケースもあります。事務所によっては、顧問税理士契約を前提に会社設立支援を格安で提供する場合があるため、依頼先の税理士事務所のオプションを確認するのも良いでしょう。

マイクロ法人のメリットや節税について

マイクロ法人を設立することで、さまざまなメリットが得られます。それにより、節税や事業の信頼性の向上が期待されます。以下に、マイクロ法人の設立に伴うメリットと節税について詳しく解説します。

1.社会保険料の節約

個人事業主は原則として国民健康保険に加入する必要がありますが、マイクロ法人を設立して会社員となると、健康保険に加入することができます。条件によっては、国民健康保険の保険料と比べて大幅にコストを抑えることが可能です。また、将来の年金受給額や保障内容にも差が生まれます。

2.所得税と住民税の節税

マイクロ法人を通じて事業を行うと、個人事業主としての売上が法人の売上となり、役員報酬として給与を受け取ることができます。この給与に対しては「給与所得控除」が適用されるため、個人の所得税と住民税を大幅に節税することができます。

3.経費計上の幅の広さ

マイクロ法人は個人事業主と比較して、経費計上できる範囲が広いというメリットがあります。例えば、生命保険や家賃、出張手当、自動車保険料など、個人事業主では経費計上が難しい項目もマイクロ法人では損金として計上可能です。これにより、節税効果が高まります。

さらに、マイクロ法人の設立によって「個人事業主」から「株式会社」または「合同会社」の代表取締役に肩書きが変わります。これにより、事業の信頼性が向上し、新規顧客やビジネスチャンスを獲得しやすくなるという利点もあります。

マイクロ法人の運営には、節税効果だけでなく、事業運営の効率化や将来的な成長の可能性が高まる点も見逃せません。税理士のアドバイスを受けながら、最適なタイミングでマイクロ法人の設立を検討することをおすすめします。これにより、事業の継続的な発展と税制面でのメリットを最大限に活かすことができるでしょう。

マイクロ法人の節税に関するおすすめ記事:マイクロ法人とは? 作り方、個人事業主の節税、メリット

マイクロ法人のデメリット

マイクロ法人には多くのメリットがありますが、それに加えていくつかのデメリットも考慮する必要があります。ここでは、マイクロ法人の運営に関連するデメリットを具体的に説明します。

1.複雑な経理作業

マイクロ法人は法人として事業を運営するため、個人事業主と比較して税務や会計の手続きが複雑になります。法人事業概況書や勘定科目内訳書など、専門知識がないと作成が難しい書類も多く、個人事業主の経験しかない方にとっては負担となります。そのため、多くの方が顧問税理士を雇ってサポートを受けていますが、その分税理士費用が発生することはデメリットのひとつです。

個人事業主とマイクロ法人の両方を並行して運営する場合、双方で確定申告が必要となります。法人の経理や税務会計は複雑で、さらに個人事業主の手続きも行うため、作業量が増加します。これにより、専門知識や経験がない方にとって事業運営の難易度が上がります。

2.設立費用と維持費用の発生

マイクロ法人を設立すると、設立費用がかかります。例えば、株式会社の場合は約24万円、合同会社の場合は約6万円です。設立費用に加え、維持費用も発生します。これには、法人住民税や社会保険料、税理士費用などが含まれます。これらの費用は、事業の規模や内容によって異なるため、資金面の計画が重要です。

マイクロ法人を運営する際は、これらのデメリットに対処しつつ、事業の規模や収益に応じて最適な選択を行うことが求められます。税理士など専門家のアドバイスを受けながら、マイクロ法人のメリットとデメリットを慎重に検討し、最適な経営方針を選択してください。

マイクロ法人の節税に関するおすすめ記事:【マイクロ法人設立で節税】個人事業主と二刀流のメリット・デメリットを解説

マイクロ法人の節税における注意点

マイクロ法人の設立と運営は、節税のメリットが期待される一方で、慎重な計画と管理が求められます。ここでは、マイクロ法人の節税を実践する際に注意すべき点について詳しく解説します。

1.増える手続きの負担

法人は個人事業主よりも規制や手続きの厳格さが高く、やるべきことが増えます。手続きの負担が増えるため、以下の点に注意が必要です。

会社設立の手続き

会社概要の決定や法人用印鑑の作成、定款の作成と認証、資本金の払込、法務局への登記申請など、さまざまな手続きを完了する必要があります。会社設立後も、税務署や年金事務所への届け出が求められます。

社会保険の加入

法人は役員や従業員の人数にかかわらず、社会保険への加入が義務です。社長1人で運営するマイクロ法人でも、年に1回の「算定基礎届」の提出などの手続きが求められます。

決算作業の煩雑化

法人の会計処理や決算作業は複雑で、個人事業主に比べて負担が大きくなります。高度な知識が求められるため、専門家の助けを借りることが一般的です。

マイクロ法人の節税に関するおすすめ記事:個人の法人の二刀流で大幅節税!?マイクロ法人ってなに!?

2.コストの増加

マイクロ法人を設立・運営する際には、個人事業主ではかからないコストが発生します。以下のようなコストを考慮する必要があります。

設立費用

株式会社で約24万円、合同会社で約6万円と、会社の形態に応じた費用がかかります。

法人住民税の均等割

資本金や従業員数に応じた税金で、赤字でも支払う必要があります。

専門家報酬

顧問税理士のサポートを受ける場合、個人事業主よりも高額な費用がかかります。

その他の経費

バーチャルオフィスや電話代行サービスなど、運営に必要なコストが発生します。

節税を目指してマイクロ法人を設立する場合、これらのコストを考慮しなければ、節税効果が相殺される可能性があります。慎重に検討し、費用対効果を見極めることが重要です。

マイクロ法人を設立することで節税効果が期待できますが、法人運営に伴うコストや手続きの負担を十分に注意して計画的に運営する必要があります。事前にしっかりと計画を立て、税理士などの専門家のアドバイスを受けながら、最適な法人設立の選択をしましょう。

マイクロ法人の節税に関するおすすめ記事:マイクロ法人は節税に効果的?概要とメリット・デメリットについて解説!

個人事業主からマイクロ法人化するおすすめのタイミング

個人事業主からマイクロ法人に転換するタイミングは、個々の状況や事業の特性に大きく影響されます。適切なタイミングで法人化することで節税効果やビジネスの成長を後押しすることができますが、タイミングを誤ると税負担が増えたり事業に不利益をもたらす可能性もあります。以下では、利益、売上、節税の観点から最適な法人化のタイミングについて詳しく説明します。

利益の観点からの法人化のタイミング

一般的に、個人事業主の所得額が800万~900万円に達した時点で、法人化を検討することが望ましいとされています。所得税の税率は所得額によって変動し、最高45%にも達しますが、法人税は所得800万円を基準に15%または23.2%の税率が適用されます。また、法人化すると法人地方税も発生しますが、これらの税金負担が個人事業主よりも軽減されることが期待できます。

利益が増加すると、個人事業主の累進課税により税負担が増えるため、一定以上の利益がある場合には法人化を検討することが合理的です。ただし、役員報酬の設定や社会保険料、年金の考慮など、個人と法人の税金と経費のバランスを取ることが重要です。

売上の観点からの法人化のタイミング

年間売上が1,000万円を超えたタイミングで法人化を考えるのもひとつの選択肢です。これは、売上が1,000万円を超えると消費税課税事業者となり、2年後から消費税納税の義務が生じるためです。法人化することで消費税課税事業者としての適用がリセットされるため、免税期間が延長されるメリットがあります。

ただし、法人設立時の資本金が1,000万円を超える場合、特例により初年度から消費税課税事業者になる可能性があるので注意が必要です。

節税の観点からの法人化のタイミング

法人化は節税面で大きなメリットがあります。個人事業主は累進課税制度により所得額が増えるごとに税率が上がりますが、法人は一定の税率が適用されます。また、法人は役員報酬、給与所得控除、退職金の損金扱い、欠損金の繰越控除期間の延長など、節税の選択肢が豊富です。

ただし、個々の状況によって節税の効果は異なるため、売上や利益の観点と合わせて慎重に判断する必要があります。専門家である税理士のアドバイスを受けることで、最適な法人化のタイミングを見極められるでしょう。

以上の観点から、利益、売上、節税のバランスを考慮して法人化のタイミングを検討しましょう。税理士など専門的なアドバイスを受けることで、より効果的な法人化を実現できます。

マイクロ法人に関する参考おすすめ記事:法人化に適したタイミングとは?売上・利益・節税の3つの観点から解説

まとめ

今回の記事では、マイクロ法人には税理士が必須なのかどうか、マイクロ法人の節税効果について、そして個人事業主から法人化するための適切なタイミングについて解説しました。

マイクロ法人とは、役員や従業員を雇用せず、代表者一人で経営を行う小規模な法人です。株式会社や合同会社といった形式を取ることが多く、一般的な法人と同様に社会的信用度が高まります。事業拡大よりも節税対策を目的に設立されることが多いのが特徴です。

個人事業主からマイクロ法人を設立することで、所得税や社会保険料の負担を軽減することが可能です。また、経費にできる範囲が広がり、節税効果が期待できます。

しかし、マイクロ法人を運営する際には、個人事業主とは異なる設立費用や維持費、複雑な手続きが必要となります。特に、経理や税務処理に関しては税理士のサポートが欠かせません。税理士のアドバイスを受けることで、効率的な節税対策や正確な確定申告が実現できます。

法人化のタイミングは、事業の利益や売上が一定のラインを超えたとき、あるいは節税効果を最大限に活かせる状況にあるときです。年間売上が1,000万円を超えるタイミングで法人化すると、消費税課税事業者としての免税期間を延ばすことができます。

適切なタイミングで法人化を行うことで、節税効果を得ることができますが、法人化にはリスクや手続きの負担も伴います。専門家である税理士のサポートを受けながら、自身に合った最適な選択を行うことが重要です。マイクロ法人の設立を検討する際には、税理士のアドバイスを受けることをおすすめします。

マイクロ法人の節税に関するおすすめ記事:
マイクロ法人で節税できる?設立のメリットやデメリット・設立方法を解説

税理士を探すのが大変と感じた方

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう