法人の節税方法と知っておくべき節税相談に強い税理士の特徴

カテゴリー:

公開日:2024年4月

更新日:2024年5月16日


節税対策は、重要な経営戦略の一つです。税金は事業の利益に直接影響を与えるため、税負担を効果的に管理することが、資金の最適化と企業成長のカギとなります。節税対策で頼りになるのが税理士ですが、全ての税理士が節税対策に積極的であるわけではありません。
税理士には、節税に消極的な者もいれば、積極的に節税対策を提案してくれる者もいます。効果的な節税を実現するためには、自社のニーズに合った信頼できる税理士を選ぶことが不可欠です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    本記事では節税対策を税理士に依頼する際の注意点や、節税対策に強い税理士の選び方、さらには法人の節税方法についても紹介していきます。

節税の基本と専門家への相談の必要性

本文節税は、法律に則りながら免税や減税の機会を活用して税負担を低減する行為を指します。単純に経費を適切に計上することから、複雑な税制を利用した戦略まで、節税手法は多様です。
しかし、専門的な知識なく間違った節税策を実施すると、税務調査の際に逆に税負担が増える恐れがあります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    そのため、効率的かつ適切な節税を実施するには、顧問税理士と連携し、会計や資金調達の相談を行いながら節税策についてもアドバイスを受けることがおすすめされます。

おすすめ記事:魔法のような節税術はないけれど、正しく利用できる制度はある。税理士・脇田さんに聞く、今知っておくべき税金の話|みんなでつくる!暮らしのマネーメディア みんなのマネ活

節税相談は税理士に依頼しましょう

税金の計算や節税策の相談は専門の税理士に依頼することが必須です。これは、税務に関する相談が税理士の独占業務であるためです。税理士以外が有償または無償に関わらず、これらの業務を行うことは法律により禁止されており、違法となるためです。

具体的には、税理士法(昭和二十六年法律第二百三十七号)第五十二条において、税理士資格を持たない者が税理士業務を行うことが禁じられています。
たとえば、ファイナンシャルプランナーのような職業であっても、税理士の資格がなければ、節税に関する具体的な相談には応じることができません。彼らが提供できるのは、一般的な税金知識や制度の解説に限られます。法的な問題を避け、確実な節税対策を講じるためにも、税理士への相談が強くおすすめされます。

(税理士業務の制限)
第五十二条 税理士又は税理士法人でない者は、この法律に別段の定めがある場合を除くほか、税理士業務を行つてはならない。
引用:昭和二十六年法律第二百三十七号 税理士法

合わせて読みたい「節税相談の依頼先と税理士費用

」に関するおすすめ記事

税理士が節税の提案をしてくれない?!節税に強い税理士を見つけるポイントについても解説

この記事では税理士が節税の提案をしてくれない場合に関する対処法と、節税方法に強い税理士を見つけるポイントを紹介しています。

税理士に節税相談を依頼するおすすめの方法とメリット・デメリット

税理士に節税相談を依頼するにあたっては主にいくつかの方法があります。ここでは税理士に節税相談を依頼する方法について代表的なものを4つ紹介します。

おすすめの方法①:日本税理士会連合会の相談会に参加する

節税のアドバイスを無料で受けたい場合、日本税理士会連合会が開催する相談会への参加がおすすめです。
この連合会は、地域ごとの税理士事務所や税理士法人で構成されており、様々な無料セミナーや相談会を提供しています。相談時間は制限されており、特定の個別事例を深く依頼することは困難ですが、一般的な税金の知識や基本的な節税方法についてのアドバイスを依頼することはできます。

日本税理士会連合会の相談会で依頼することには次のようなメリットとデメリットがあります

メリット:
・無料で節税相談を依頼できる

デメリット:
・依頼できる相談時間が短く、約30分程度
・個別のケースに具体的に依頼するのは難しく、一般的な節税知識に限定される

参考:納税者支援センター|東京税理士会

税理士への節税相談に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

相談会では特定のテーマが設けられている場合があるため、参加前には開催要項を確認し、必要に応じて予約や申込みを行うことが大切です。

以下の手順で参加することができます。
①「税理士会の相談会に行ってみる|日本税理士会連合会」を通じて、自分の住む地域を管轄する税理士会を調べます。
②管轄地域の税理士会、例えば「東京税理士会 相談会」と検索し、詳細を調べます。
③相談会の開催要項を確認し、必要があれば事前に予約・申し込みの依頼をして参加します。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    この手続きの流れを通じて日本税理士会連合の相談会に参加できます。

おすすめの方法②:日本税務研究センターの電話相談「税務相談室」を利用する

節税に関する一般的な質問に手軽に答えを得たい場合、日本税務研究センターが提供する電話相談「税務相談室」がおすすめです。この相談室は、日本税理士会連合会と全国税理士共栄会が共同で設立したもので、以下のような特徴があります。

メリット:
・無料で節税相談を依頼できる
・電話による気軽な相談を依頼することが可能で、場所を選ばずに利用できる

デメリット:
・個別の詳細なケースを依頼することは難しく、一般的な節税知識の提供に限られる
・電話でのコミュニケーション限界があり、情報の交換が制約される場合がある

受付時間が限定されており、月~金の午前10時から11時45分、午後1時から2時45分のみとなっています。
このサービスで節税相談を依頼するで、忙しい日常の中でも簡単に節税に関する基本的な質問への回答を税理士に依頼することが可能です。受付時間内に電話をして気軽に相談しましょう。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    特に簡易的な相談を求める人にとって非常におすすめです。

おすすめの方法③:節税に強い税理士事務所に相談する

個々のニーズや特定の状況に応じた節税策を探している場合、専門の税理士事務所や税理士法人に相談するのが最適です。これらの事務所では、詳細なヒアリングを通じて、各個人や企業の具体的な事情に合わせたアドバイスが可能です。

メリット:
・広範な時間をかけてじっくりと依頼することができる
・個別の要望や状況に応じた専門的なアドバイスを依頼できる可能性が高い
・顧問契約を結べば、継続的な節税対策の依頼できることもある

デメリット:
・相談には料金が発生する
具体的には、スポット相談での依頼で30分5,000円から、60分で1万円、
顧問契約の場合は月額1万5,000円から4万円。

以下は、税理士事務所・税理士法人に相談するための流れです。
①:「東京 税理士事務所」などで検索し、目的に合った税理士事務所を見つける。
②:事務所に問い合わせ、相談の予約を取る。

税理士に節税相談を依頼するときのポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

料金は発生しますが、専門家がケースバイケースで丁寧に対応してくれるため、より具体的で個別化された節税対策を依頼できる可能性が高いです。

おすすめ記事:【プロ監修】節税の相談先は4つ|相談内容や費用、注意点を解説 個人が節税相談をする方法4選!無料の相談先や注意点も徹底解説

おすすめの方法④:商工会議所が開催する商工会に相談する

個人事業主であり、節税に関する無料の相談を依頼したいのであれば、地域の商工会を利用することをおすすめします。商工会は小規模事業者の経営改善や地域経済の発展を支援する目的で設立された組織で、税務や会計、経営全般にわたる広範な相談に応じています。

メリット:
・無料で相談を依頼できる
・経営に関する幅広いアドバイスを受けることができる

デメリット:
・個別具体的な案件を依頼するのが難しく、一般的な節税知識の提供に留まることが多い

税理士への節税相談の依頼に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

商工会は、地域の経済活動をサポートするための多くのリソースを提供しており、特に小規模な事業者には有益なサービスが多いです。

全国各地の商工会WEBサーチ|全国商工会連合会」を利用して、自分の地域の商工会を検索します。
該当する商工会の問い合わせページを通じて連絡を取ります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    このように、商工会は節税だけでなく、事業運営全般にわたる質問に対しても支援できるため、個人事業主には特におすすめな選択肢

節税に強い税理士の選び方

税理士を選ぶ際は、単に節税対策を行えるかどうかだけではなく、他の重要な要素も考慮する必要があります。節税を依頼できる税理士を探す際には、以下のポイントを含めることがおすすめです。

合わせて読みたい「節税相談の依頼先と税理士費用

」に関するおすすめ記事

税理士が節税の提案をしてくれない?!節税に強い税理士を見つけるポイントについても解説

この記事では税理士が節税の提案をしてくれない場合に関する対処法と、節税方法に強い税理士を見つけるポイントを紹介しています。

相性:税理士との良好な関係は、効果的な節税対策を行うためには不可欠です。性格や価値観が合うかどうかを見極めることが重要です。

料金:税理士のサービス料金は、選択基準において重要な要素です。予算内で最適なサービスを依頼できる税理士を選びましょう。

事務所からの距離:事務所が近場にあると、必要なときにすぐ相談が可能であり、コミュニケーションもスムーズに行えます。

経営への助言:節税だけでなく、経営全般にわたるアドバイスを依頼したい場合には、その能力を持つ税理士を選ぶことが重要です。

コミュニケーションの頻度:どのくらいの頻度で相談を依頼できるか、または必要な時にすぐ連絡が取れるかも、税理士選びの重要なポイントです。

税理士を探す過程で最も大切なのは、自分のビジネスや個人的なニーズを最優先に考え、それにマッチした専門性を持つ税理士を選ぶことです。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    事前に明確な基準を設定し、それに合致する税理士との協力関係を築くことで、満足のいく結果を得ることが可能になります。

おすすめ記事:失敗しない税理士選び⑥ 節税積極派の顧問税理士を活用しよう!

税理士への節税相談の依頼にに関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

税理士に節税相談を依頼するときのポイントに関しては以下の記事もおすすめです。
節税(税金対策)に強い税理士の選び方 – 知っておくべき5つの特徴

節税に強い税理士の特徴

節税対策を成功させるには、税務に関する広範かつ深い知識が不可欠です。不十分な知識や不確かな手法によって税負担を減らす試みは、意図せず違法な脱税につながるリスクを持ちます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    このようなリスクを避けるためには、税理士の専門性が大きな価値を持ちます。

税理士は、一般的に税務を専門とし、極めて競争率が高い国家資格試験に合格しています。
特に節税対策を依頼できる税理士を選ぶためには、以下の点を確認すると良いでしょう。

積極的に提案してくれる:
税理士が自発的に節税策を提案してくれることは、税務計画の効果を最大化します。これは、顧客の利益を最前線で考慮している証拠です・

リスクも説明してくれる:
有効な節税策はリスク管理も伴います。リスクを明確に説明し、理解させることで、安全かつ効果的な税務計画を進めることが可能です。

最新の税法に対応している:
税法は常に変化しています。最新の法律に精通し、それを顧客の利益に合わせて適用する税理士は非常に価値が高いです。

自社の業界・業種への理解がある:
業界特有の経済状況と税務のニーズを理解している税理士は、その業界の企業に特化した効果的な節税策を提供できます。

税務調査も依頼できる:
税務調査は避けられない場合もあります。税務調査への対応も依頼できる税理士は、長期的に見ても信頼できるパートナーです。

おすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

節税に強い税理士の特徴や、節税に強い税理士の選び方については以下の記事もおすすめです。
おすすめ記事: 【2024】税理士の選び方のポイントや顧問料の相場について解説!

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    これらの特性を持つ税理士は、ただ節税対策を提供するだけでなく、総合的な税務サポートを通じて事業の成長と安定を支える重要な役割を果たします。

節税相談を税理士に依頼するときのポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

適切な税理士の選定は、事業の健全性を維持し、法的リスクを最小限に抑えるため、このような税理士に依頼することは非常におすすめです。

おすすめ参考サイト:節税対策に強いおすすめの税理士一覧

積極的な提案を依頼できる税理士

税理士の主な職務は、税務申告の代行や税務書類の作成を通じて納税者を支援することにあります。しかし、最近では節税対策をサービスの一環として提供する税理士も増えています。本来、税理士は納税を促進する役割を担っており、そのため積極的に節税を推進しない専門家もいます。

節税対策に消極的な税理士を選ぶと、積極的な税理士を選ぶ場合に比べて、支払う税金が増える可能性があります。そのため、税理士に節税対策を依頼する場合は、次のような点を具体的に質問することをおすすめします。

依頼時に質問すること①:節税対策の具体的な方法
税理士がどのような節税策を提案できるか、具体的な戦略とその実施方法を尋ねることが重要です。

依頼時に質問すること②:節税対策に対する姿勢
税理士が節税をどれだけ積極的に取り組むか、その姿勢を明らかにすることが助けになります。

依頼時に質問すること③:関連するリスクの説明
有効な節税策を提案する際、それに伴うリスクも正直に説明してくれる税理士を選ぶことがおすすめです。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    これらの質問を行うことで、自分の事業や個人的な状況に最適な税理士を選ぶ手助けとなります。節税対策に積極的な税理士は、ただ税金を節約するだけでなく、より広い範囲での利益になるようなことを提言してくれる可能性が高いため、その選定は非常に重要です。

おすすめ参考サイト:節税商品取引における税理士の役割|国税庁

リスク管理と最新の税法への対応

節税戦略を実施する際、合法的な手法であっても必ずリスクが伴います。最も顕著なリスクの一つは「税務調査リスク」で、これは過度な節税が原因で税務署からの検査や指摘を受ける可能性があることを意味します。税務署は各業種や会社規模に応じた平均的な所得データを保持しており、異常な節税が行われていると判断すれば調査が行われることがあります。

もう一つのリスクは「融資の受け入れに対するリスク」です。節税対策をやりすぎると銀行からの融資が得られなくなることがあります。これは、銀行が決算書に基づいて融資の可否を決定するため、節税の結果として赤字や低利益が示されると、財務状況が悪いと判断されるからです。

このようなリスクを管理するためには、節税対策を行う際には以下のような点が重要です。

手元資金の確保:
節税を行いつつも、事業運営や拡大のための資金を確保するバランスが重要です。過度な節税はキャッシュフローを圧迫し、事業に悪影響を及ぼす可能性があります。

最新税法の把握と適用:
節税効果のある免税制度や減税制度を適切に利用するには、税理士が最新の税法を理解し、それをクライアントの事業状況に適用できる能力が求められます。税法は頻繁に変更されるため、常に最新の情報を得ることが必要です。

最適な節税対策を行うためには、免税制度や減税制度に精通しており、かつ企業の実情を深く理解している税理士に依頼することが欠かせません。

税理士に節税対策を依頼するときの注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

節税策を全面的に税理士に依頼してしまうのではなく、経営者自身も企業の状態を把握し、積極的に管理することが重要です。

おすすめサイト:節税対策に強い税理士一覧

節税相談に行くときの注意点

無料の税務相談サービスは、特に初めての利用者にとって魅力的ですが、利用回数や相談時間に制限がある場合が多いです。これらの制限を意識せずに相談を進めると、重要でない話題に時間を取られ、結果として必要な節税のアドバイスを十分に受けられないことがあります。

おすすめ記事:税理士に依頼するメリット

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    無料の税理士法人や相談会を利用する際は、以下の準備を行ってから臨むことが重要です。

相談時間の確認:
事前に提供される無料相談の時間を確認し、その時間内でどれだけ話せるか把握しておきます。

具体的な質問や要望のリストアップ:
事前に話したいことや解決を依頼したい問題を明確にリストアップし、準備をしておくことでスムーズな相談が可能となります。

話題の優先順位付け:
相談内容に優先順位をつけ、重要なものから順に話せるよう計画を立てます。

複雑な事案や特殊な状況にある場合、無料相談では時間が不足する可能性が高いため、より充実したアドバイスが期待できる有料の相談サービスを利用することが望ましいです。事前の準備をしっかりと行い、有限の時間内で最大限の成果を得るよう努めましょう。

おすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

税理士に節税相談を依頼する際に、どのようなことを相談できるのかについて気になるかと思います。
以下の記事では税理士へ節税対策を依頼するときに、相談できることをQ&A形式でまとめています。

おすすめ記事:税理士は節税の相談をどこまで乗ってくれる?節税にまつわるQ&A

個人事業主のための会社設立と節税方法

会社設立による主な節税方法

課税所得が700万円以上の個人事業主にとって、会社を設立して法人化することは、顕著な節税効果をもたらす選択肢となる可能性が高いです。個人事業としての運営では、税負担が大きくなる場合がありますが、法人化することで多くの税務上のメリットが得られます。

会社設立による主な節税効果は以下の通りです。

法人税の適用:
個人所得税と比較して法人税率が有利な場合が多く、課税所得にかかる税金の額が減少します。

役員報酬の経費計上:役員報酬や退職金を経費として計上できるため、課税所得を減らすことができます。

経費の範囲拡大:法人として認められる経費の範囲が広がり、より多くの出費を税務上の経費として扱えます。

社宅の活用:役員や従業員の自宅を社宅として認定し、税務上の節税に活用することが可能です。

赤字の繰り越し:赤字が出た場合、最大10年間繰り越して利益と相殺することができます。

生命保険の活用:法人契約の生命保険を利用することで、納税を先送りにできるメリットがあります。

消費税の免税:資本金が1,000万円未満の新設会社は、最長2年間消費税の免税事業者となることができます。

おすすめ記事:会社設立による7つの節税メリット

法人設立による節税に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

特に、法人税の適用により、課税所得が700万円の個人事業主が法人化した場合、納税額が大幅に減少する可能性が示されています。このため、高額な課税所得を持つ個人事業主は、節税策として会社設立を検討する価値があります。会社設立のプロセスとそれに伴う費用対効果を考慮し、適切な税務アドバイスを受けることが重要です。個人事業主が法人化するときの課税所得の目安金額などについてさらに詳しく知りたい場合は「個人事業主から法人化するメリット・デメリットや最適なタイミングとは」の記事を見ていただくのがおすすめです。

悩んだら会社設立サービスの利用を検討する

節税目的での会社設立を考慮しているが、適切な判断が難しい場合、「会社設立代行サービス」の活用がおすすめされます。特に税理士が提供する専門的なサポートを求めることが重要です。なぜなら、税理士の専門知識がなければ、会社設立による節税効果の実現は困難であり、以下のようなリスクが伴うからです。

・税理士なしで会社設立の手続きを進めた場合、時間がかかりすぎて業務効率が低下し、赤字に陥るリスクがあります。

・税理士のアドバイスがなければ、法人税等の法人の税金に関する正確な理解が欠け、思わぬ費用負担増につながる可能性があります。

・十分な税理士のサポートなしに法人経営に必要な資金計画を立てることが難しく、資金不足により倒産するリスクがあります。

税理士による会社設立代行サービスを利用することで、これらのリスクを避け、節税目的での会社設立の決断を確かなものにすることができます。税理士は最新の税法情報を提供し、あなたの具体的な状況に応じて会社設立が適切な節税対策かどうかを専門的に分析・判断します。

したがって、節税を目的とした会社設立を検討する際には、経験豊富な税理士が在籍する会社設立代行サービスへ依頼することが最も効果的です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    会社設立や節税対策に豊富な経験をもつ税理士に依頼することで、手続きをスムーズに完結することができます。

おすすめ記事:節税に強い税理士の特徴5つ!選び方や失敗しないための注意点も解説

会社設立代行サービスの選び方

税理士との顧問契約と合わせて会社設立を依頼する

節税目的で会社設立を考えている場合、会社設立代行サービスと税理士との顧問契約をセットで検討することがおすすめされます。この方法は、単独で会社設立を行う場合と比較して、複数のメリットがあります。

会社設立のみの契約と顧問契約セットの比較

会社設立のみの契約:
対象者:費用を最小限に抑えたい人。
メリット:顧問となる税理士を慎重に選べる。
デメリット:決算期や役員報酬の変更が困難、顧問契約が必要になった時に速やかに対応できない可能性がある。


会社設立+顧問契約:
対象者:会社設立から運営まで総合的にサポートが欲しい人、会社設立後も節税支援を受けたい人。
メリット:設立から節税対策の実施が可能、資金調達や融資に関するアドバイスが得られる、税務や会計の面倒な業務を代行してもらえる。
デメリット:顧問契約料が発生し、年間約4万円の費用がかかる。


顧問契約がセットになっている会社設立代行サービスを利用することで、会社設立段階から節税対策を含めたトータルサポートを受けることができます。また、税理士との顧問契約を通じて、会社設立後の運営においても継続的な支援が得られるため、経営上の安心感が増します。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    したがって、節税目的で会社設立を考慮している場合は、税理士との顧問契約をセットにしたサービスを選択が、最も効果的なアプローチと言えるでしょう。

会社設立による節税対策に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

このようなサービスを利用することで、会社設立の手続きだけでなく、長期的なビジネスの成功に必要な専門的な支援を税理士に依頼することが可能になります。

おすすめ記事:税理士が節税について教えてくれない?本当に良い税理士の見分け方

料金が明確な会社設立サービスを選んで依頼する

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    会社設立代行サービスを選ぶ際、料金体系が明確であることは非常に重要です。料金の内訳がはっきりしているサービスを提供している専門家に依頼することで、不透明な費用に悩まされるリスクを避けることができます。

おすすめ記事:節税に強い税理士の選び方とは?選ぶコツや探し方、事前に準備しておくことを解説!

予想外の追加費用を防ぐ:
料金が明瞭なサービスを選べば、契約後に発生するかもしれない予想外の追加費用について心配する必要がありません。全ての費用が初めから明確にされているため、予算計画が立てやすくなります。
品質の保証:料金が明記されているサービスは、その他の面でも信頼性が高い傾向にあります。不透明な料金設定のサービスでは、専門知識が乏しいスタッフによる低品質な対応が行われることがありますが、明確な料金体系のサービスはそのリスクが低いです。

選び方のポイント:
ホームページでの料金表記の確認:サービスを選ぶ前に、その会社のホームページにアクセスして、料金体系が詳細に記載されているか確認します。料金が明記されているかどうかは、そのサービスの透明性を判断する上での重要な指標です。
追加費用に関するポリシーの確認:どのような場合に追加費用が発生するのか、またその費用の範囲はどのくらいかを事前に確認することが重要です。これにより、後から不快な驚きがないようにできます。

気をつけておきたい注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

これらを踏まえると、料金が明確な会社設立サービスに依頼することは、会社設立の過程で安心して進められるようにするために不可欠です。

おすすめ記事:節税に強い税理士の選び方とは?選ぶコツや探し方、事前に準備しておくことを解説!

節税対策における実践的アドバイス

節税アドバイス①:役員報酬を損金に計上する

法人税の節税策として役員報酬を損金計上する方法があります。法人の場合、経営者が給与ではなく役員報酬を受け取ることになります。
この役員報酬は、定期的で同額の給与を条件に、会社の利益から差し引くことができ、これにより法人の課税所得を減少させることが可能です。

役員報酬の損金計上のメリット:
法人税の負担を減少させることができます。役員報酬を経費として計上することで、法人の利益が減少し、それに伴い支払う法人税も少なくなります。

注意点:
役員報酬を不当に高く設定すると、役員個人にかかる所得税が増加し、結果的には会社全体の納税額が増える可能性があります。そのため、役員報酬の額は専門家である税理士と相談し、適正なレベルに設定することがおすすめです。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    役員報酬は、形式基準・実質基準の2つから判断されます。役員報酬を不当に高く設定してしまった場合、損金算入できないことがありますので、注意が必要です。

おすすめ記事:役員報酬で節税するための方法とは?損金算入による負担軽減やテクニックを解説

役員報酬の設定や変更は株主総会で決定する必要があり、決定された報酬額は1年間固定することが一般的です。

役員報酬を損金として計上する際は、その根拠となる株主総会の議事録を作成し保管しておく必要があります。これは税務調査時に重要な証拠資料となるため、適切な記録が求められます。
このように、役員報酬の損金計上は適切に行えば法人税の節税に有効な手段となりますが、その設定には細心の注意を払い、専門家の助言を得ることが重要です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    ただし顧問契約の場合であっても顧問料によって受けられるサービスはもちろんことなります。どのような業務を依頼できるかは税理士との契約時に確認しておくことをおすすめします。

おすすめ記事:法人の節税に効果的な12のテクニックを紹介-会社の税金対策まとめ

節税アドバイス②:経営者や従業員の家を社宅にする

会社が経営者や従業員の住宅を社宅として提供することは、節税対策として有効です。この方法では、会社が賃貸物件を借り上げ、それを社宅として従業員に提供します。このとき、会社が支払う家賃と従業員から受け取る賃料の差額が会社の経費として計上されるため、法人税の負担を軽減できます。

社宅を提供するメリット:
節税効果:会社が負担する家賃全額を経費として計上できるため、課税所得を減少させることが可能です。また、従業員から受け取る賃料も収入として計上されますが、その差額分の経費計上により節税に繋がります。
福利厚生の向上:社宅として住宅を提供することは、従業員にとって魅力的な福利厚生の一環となり、働きやすい環境を提供することができます。

社宅による節税に関する注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

賃料の設定:従業員から受け取る賃料が市場価格と比べて極端に低い、または無料の場合、その住宅利益が現物支給として従業員の所得に含まれ、個人所得税が課される可能性があります。したがって、賃料は適正な市場価格に基づいて設定する必要があります。
契約と記録の管理:社宅として提供する物件は、会社名義での賃貸契約が必要です。また、税務調査などで問題がないように、関連する契約書や支払い記録、賃料収入の記録を適切に管理し、保管しておくことが重要です。

このように、社宅を経営戦略として利用することは、節税と従業員の福利厚生の両面で利益をもたらします。しかし、その運用には細心の注意を払い、適切な価格設定と記録の保持が求められます。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

社宅による節税対策をとる場合には、節税対策に強みのある税理士に一度相談してみることをおすすめします。

おすすめ記事:【2024年版】法人税の節税に強い税理士【口コミ・料金で比較】

節税アドバイス③:未払費用の漏れがないように計上する

未払費用を正確に計上することは、節税対策として非常に有効です。未払費用とは、報告期間中に発生したが、その期間内に支払われなかった費用のことを指します。これには通信費、会社負担分の社会保険料、従業員の給与などが含まれます。これらの費用を適切に計上することで、その期の利益を正確に把握し、法人税の節税効果を最大化できます。

未払費用計上のメリット:
利益の正確な反映: 期末に未払いのままの費用を計上することで、実際の財務状況が正しく報告され、過大評価された利益による過剰な税金支払いを避けることができます。
税金の節約: 正確に費用を計上することで、課税所得が減少し、支払う法人税額も少なくなります。

未払い費用の計上に関する注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

計上のタイミング: 未払費用は、発生した事業年度内に計上する必要があります。期をまたいでしまうと、その年度の費用として認識されず、翌年度の財務に影響を及ぼします。
契約書や請求書の保管: 未払費用を計上する際は、関連する契約書や請求書、発注書など、支出の証拠となる文書を適切に管理し、保管しておくことが重要です。これは税務調査の際に必要となる場合があります。
未払費用の適切な計上は、会社の財務を正確に反映させ、無駄な税金支払いを避けるために不可欠です。特に法人や大規模な個人事業主の場合、節税効果は大きくなるため、会計処理の正確さが求められます。税理士などの専門家と連携し、適切なアドバイスを受けることをおすすめします。

節税アドバイス④:赤字(欠損金)を繰り越す

赤字(欠損金)の繰り越しは、効果的な法人税の節税策の一つです。この方法を利用すると、赤字の年に発生した損失を将来の黒字年に繋がる利益と相殺することが可能となり、その結果、将来の税負担が軽減されます。

赤字の繰り越しについての基本情報:
法人は赤字を最大10年間繰り越すことが可能です。これにより、不景気や特別な投資による一時的な赤字が将来の利益に対して税負担を軽減する効果を持続させることができます。

欠損金の繰り戻し還付:
繰り戻し還付は、黒字年の直後に赤字年が発生した場合に、以前の黒字年に遡って赤字と相殺し、すでに支払った法人税の一部を還付してもらう制度です。これにより、経済的な負担が大きく軽減されることがあります。

欠損金による節税に関する注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

すべての赤字が自動的に繰り越せるわけではありません。赤字の繰り越しを利用するためには、一定の要件を満たした上で、適切な会計処理が必要です。
赤字繰り越しを行っても、法人住民税の均等割部分は課税対象となるため、完全な税負担の免除にはならないことを理解しておく必要があります。

赤字の繰り越しを戦略的に利用することで、長期にわたる節税効果を期待できます。この節税戦略は、特に変動が大きい業界や成長段階にある企業にとって有効です。赤字の繰り越しを最大限に活用するためには、税理士や会計専門家と密接に協力し、適切なタイミングで正確な会計処理を行うことが重要です。

おすすめ記事:繰越欠損金とは?節税効果の要件や法改正から特例まで詳しく解説!

節税アドバイス⑤:取引先との交際費を経費にする

取引先との接待時にかかる飲食などの交際費を経費として計上することも、効果的な節税策の一つです。これにより、法人の課税所得を減らすことができ、結果的に法人税の負担を軽減することが可能です。

交際費の経費計上のポイント:
経費としての計上:ビジネス関連の接待や飲食費用は、その性質が明確にビジネス目的であれば経費として計上することができます。

限度額の確認:ただし、交際費の計上には限度額が設けられており、大企業と中小企業でこの限度が異なります。限度額を超えた部分は経費として認められないため、節税の効果を最大化するためには、この点に注意が必要です。

交際費による節税に関する注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

経費として認められる条件:交際費を経費として計上する際は、その支出がビジネスに関連するものであることを明確に示す必要があります。個人的な接待や飲食の費用は、経費として認められません。
領収書の保存:
経費として交際費を計上する場合、支出の詳細を証明するレシートや請求書などの文書を適切に保管しておくことが求められます。これは税務調査の際に重要な証拠となります。

詳細な限度額や交際費の範囲については、国税庁のWebサイト「No.5265 交際費等の範囲」にて確認することをおすすめします。このように適切に交際費を管理し計上することで、法人税の節税効果を得ることができます。

交際費による節税対策を行う場合に見ておきたいサイト

No.5265 交際費等の範囲と損金不算入額の計算|国税庁

交際費の損金算入限度額や交際費の範囲の詳細について解説している国税庁のサイトです。

まとめ

この記事では、節税の基本と専門家、特に税理士への相談の重要性に焦点を当て、効果的な節税策の概要を提供しています。節税手法の多様性と、その適切な実施には専門的な知識が必要であるため、税理士に積極的に依頼し、専門的なアドバイスを受けることがおすすめです。

合わせて読みたい「節税相談の依頼先と税理士費用

」に関するおすすめ記事

税理士が節税の提案をしてくれない?!節税に強い税理士を見つけるポイントについても解説

この記事では税理士が節税の提案をしてくれない場合に関する対処法と、節税方法に強い税理士を見つけるポイントを紹介しています。

税理士を探すのが大変と感じた方

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう