税理士が節税の提案をしてくれない?!節税に強い税理士を見つけるポイントについても解説

カテゴリー:

公開日:2024年4月

更新日:2024年5月18日

節税は企業経営において非常に重要な要素であり、適切な節税策を実施することで、ビジネスの健全性と成長を支えることができます。しかし、多くの税理士が節税の提案を積極的に行わないため、経営者はこの重要な機会を逃してしまうことがあります。この記事では、節税に強い税理士を見つけるポイントと、節税の提案をしてくれない税理士の特徴について解説します。適切な税理士との協力により、企業の財務を最適化し、事業の成功を目指しましょう。

おすすめ参考記事:【プロ監修】節税の相談先は4つ|相談内容や費用、注意点を解説 個人が節税相談をする方法4選!無料の相談先や注意点も徹底解説

節税ってなに?

節税とは、法律の枠内で税金を減らす行為を指します。この行為は、適切な節税策を用いることで、個人や企業の税負担を軽減します。これに対し、脱税は法律に違反して税金を逃れる行為であり、重大なペナルティが伴います。

節税は、例えば税務上の控除や特例を活用して税金を最小限に抑えることです。一方で、脱税は売上を意図的に隠す、経費を不正に膨らませるなど、違法行為に当たります。したがって、節税は合法的な範囲で行わなければなりません。

節税に関する知識を持つ税理士の需要は高まっています。多くの方が、税金をなるべく少なく抑えたいが、法を守りたいというニーズを持っています。そのため、節税のアドバイスを提供できる税理士が求められる傾向にあります。

優れた税理士は、最新の税法や節税策に精通しており、クライアントに対して最適な提案を行います。また、顧客の状況に合わせた節税プランを策定する能力があります。そのため、節税の提案を積極的にしてくれる税理士は評価が高いとされています。

おすすめ記事:税理士の変更を検討している方へ

一方で、節税の提案をしてくれない税理士は、顧客からの評価が低くなる可能性が高いといえるでしょう。節税はビジネスや個人の財政に直結する重要な要素であり、節税の提案をしてくれない税理士は避け、信頼できる税理士と協力して節税を実践することがとても重要です。

さまざまな節税に関する有益情報を提供してくれない税理士ではなく、節税に精通した税理士を見つけることで、より効率的な税務管理が可能になります。節税をはじめとする有益な提案をしてくれない税理士ではなく、節税に強い税理士を探すことが、経済的なメリットを最大化する鍵となります。

税理士が節税の提案をしてくれないって本当?!

全ての税理士が節税の提案をしてくれない訳ではありませんが、多くの税理士が節税の提案をしてくれない理由としては、いくつかの要因が考えられます。まず、税理士の主要な役割は「適正申告」と「適正納税」であり、これが彼らの職務上の第一義的な責務です。そのため、税務調査によって否認されるリスクを避けるために、慎重な姿勢で節税を扱う税理士が多いです。

また、節税の提案をしてくれない理由として税理士個人の節税に対する考え方や姿勢も影響します。税理士は税法の専門家である一方、企業経営に関してはプロではないため、節税よりも税法遵守を重視する傾向があります。そのため、経営者や企業に対して最適な節税対策を提案できる税理士は限られています。

さらに、節税の提案をしてくれない税理士の中には、節税に関する知識や経験が不足している場合もあり、クライアントの相談に十分に対応してくれないこともあります。これにより、経営者が期待する節税アドバイスを得られないことがあります。

一部の税理士は、節税対策が誤って脱税に繋がる可能性を懸念し、リスクを避ける傾向があります。しかし、経営者や企業にとって利益となる節税を提案できる税理士はとても貴重な存在であり、パートナーとして信頼関係も高まっていくでしょう。

今後、デジタル化の進展により税理士の競争環境は一層激化していくと予想されます。そのため、節税に強い税理士の需要が高まるとともに、彼らがより多くの企業や個人に最適な節税アドバイスを提供する機会が増えていくことでしょう。

参考おすすめ記事:税理士が節税について教えてくれない?本当に良い税理士の見分け方

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    節税アドバイスを受けやすくするには、事前に今後の投資予定や事業上の重要事項を税理士に伝えることが重要です。また、コミュニケーションをしっかりとり、相談内容を確認することで、税理士はより丁寧に調べてくれる可能性が高まります。

参考おすすめ記事:税理士に節税アドバイスを求めても返ってこない理由~どうやって節税アドバイスを引き出すか

顧問税理士でも節税の提案をしてくれないことはある?!

顧問税理士に節税を依頼しても提案してくれないケースは、いくつかの理由が考えられます。

先述した通り、税理士の主要な役割は「適正申告」と「適正納税」です。そのため、節税に関する判断は税理士によって異なる場合があります。そのため顧問税理士契約前に節税の意向をしっかり伝えることが重要です。また、一部の税理士は過度に保守的であり、グレーゾーンに対して慎重な判断を下すこともあります。例えば、自宅の家賃の経費按分率など、判断が分かれる場合があります。

また、顧問税理士でも節税を提案してくれない背景には、やはり税務署からの指摘を避けるためのリスク回避もあります。リスクとリターンのバランスを考慮し、慎重な立場をとる税理士も少なくないでしょう。また、節税への知見が乏しい税理士も存在し、顧問税理士だからといえ、適切なアドバイスをしてくれない場合もあります。

他にも、顧問税理士契約内容が節税提案のタイミングが影響し、提案してくれない場合があります。例えば、年一度のチェックのみの顧問税理士契約では、決算時に節税提案をするのが難しいケースがあります。一方、月次で会計をチェックし、税理士とコミュニケーションを密にとる顧問税理士契約であれば、タイムリーなアドバイスが可能といえるでしょう。

また、経費として計上できないものやグレーな領域に対する依頼は、顧問税理士としてもリスクを伴うため、対応してくれないことがあります。顧問料と節税対策の工数とのバランスも関係しており、税理士顧問料が低い場合は税理士が十分な手間をかけて対応してくれない可能性があります。

最後に、顧問税理士が節税に対して積極的に提案してくれない理由の一つとして、脱税リスクへの懸念があります。顧問税理士契約時に節税への期待をしっかりと伝え、税務上のアドバイスを求めることが大切です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    月次での情報共有と二人三脚での対策が必要で、決算時に過去にさかのぼって対策を行うことは脱税に繋がる恐れがあります。

参考おすすめ記事:税理士は節税の相談をどこまで乗ってくれる?節税にまつわるQ&A

節税の提案をしてくれない税理士の特徴

節税の提案をしてくれない税理士の特徴として、以下の点が挙げられます。それぞれの特徴について説明していきます。

節税提案してくれない税理士の特徴その1 顧問先の社長の話を表面的にしか受け取らない

顧問先の社長から「節税したい」と相談を受けたときに、税理士が社長の意図や背景を十分に理解せず、表面的な意味だけを受け取ってしまい、提案してくれないケースがあります。社長が節税を求める理由にはさまざまな目的が考えられます。例えば、手取りを増やすため、事業に再投資するため、将来の税負担を軽減するためなどです。税理士はこれらの意図を理解し、適切な節税策を提案する必要がありますので提案してくれないときは注意が必要です。

節税提案してくれない税理士の特徴その 積極的な節税提案への意欲が欠けている

税理士が節税に対して積極的なアプローチをしてくれない場合、顧客である社長の節税ニーズに応えることが難しくなります。節税は単なる課税の繰延だけでなく、出口戦略も含めて継続的なアプローチが求められるため、根気強く取り組むことが必要です。積極的なアプローチをしてくれない場合は節税への意欲が欠けている可能性があります。

節税提案してくれない税理士の特徴その 税法ではなくイメージで判断する

税法の知識に基づかず、社長が提案した節税方法を表面的なイメージでしか判断してくれない税理士がいます。社長は税法に基づいた的確な節税提案を求めているため、税理士は税法に精通し、正確なアドバイスを提供するべきですが、節税の話を深堀りしてくれない時は注意が必要です。

節税提案してくれない税理士の特徴その 社長の利益には寄り添ってくれない

顧問税理士が会社の財務状態に偏重し、社長の個人的な利益を考慮してくれない場合、効果的な節税提案がをしてくれないことがあります。社長の手取りや利益に寄り添う提案をしてくれないようであれば、社長が求める節税効果を得ることができません。

節税提案してくれない税理士の特徴その 根本的に節税に対する知識が不足している

税理士が節税に関する基本的な知識は持っているものの、具体的な節税手法に関する経験や理解が不足している場合、効果的な節税提案をしてくれないと考えることができます。社長の要望に沿った的確な提案ができるよう、節税の最新情報や実務に関する知識を積極的に学んでいるか注意が必要です。

節税提案してくれない税理士の特徴その 税務調査が困難になる懸念で節税を避ける

税理士が節税提案を避してくれない理由として、税務調査が困難になるとの懸念や強い思い込みがあります。しかし、節税は合法的なものであり、税理士が社長に正確な情報を提供し、税法に沿った節税を行うことで問題を回避できますので、節税についてしっかりと税理士に相談していきましょう。

節税提案してくれない税理士の特徴その 節税提案しなくても顧問契約を解除されないと考えている

税理士が節税提案をしなくても、顧問契約が解除されないと考えている税理士もいます。顧客が節税提案を求めているにも関わらず、それにきちんと対応してくれない税理士の姿勢を感じたら注意が必要です。顧客との信頼関係を第一に考え、対応してくれない税理士はパートナーとしてふさわしくないと考えて妥当でしょう。

これらの特徴を持つ税理士は、根本的に顧客である社長の意図を正確に理解してくれない可能性が高いです。会社の代表として、税理士とのコミュニケーションを強化し、節税に対する要望を明確に伝え、より適切な節税提案を得ることがとても重要です。

参考おすすめ記事:節税提案しない税理士の14の特徴

合わせて読みたい「法人の節税方法と節税相談に強い税理士への依頼方法」に関するおすすめ記事

法人の節税方法と知っておくべき節税相談に強い税理士の特徴

この記事では法人の節税方法から節税対策に強い税理士の特徴、節税相談を税理士に依頼するときの注意点について解説しています。とにかく節税について気になっている方におすすめの記事です。

節税の提案をしてくれない税理士を避けるポイント

節税に関して積極的なアプローチができない税理士を避ける方法について考えましょう。適切な節税を実現するためには、税理士選びに慎重さが求められます。以下のポイントを押さえて、節税の提案をしてくれないような税理士は避けていきましょう。

◇金額だけで判断しない

税理士の選択において、料金だけに注目するのは避けるべきです。報酬が高すぎる場合だけでなく、極端に安い場合も注意が必要です。料金が安すぎる税理士は、サービスの質が低い、経験不足、または仕事量が多すぎる可能性があります。料金設定に見合ったサービスを提供してくれる税理士を選びましょう。

レビューや実績を確認

顧客からの評価や実績を確認することで、税理士の信頼性や実力を把握できます。ネットの口コミやレビューを調べ、他のクライアントの経験を参考にしましょう。

専門知識を持っているか

税理士の専門分野や実績を確認し、節税に関する知識や経験を持っているかどうかを見極めます。また、税理士とのコミュニケーションが円滑かどうかもとても重要です。質問に対して丁寧で分かりやすい説明ができる税理士を選びましょう。

◇知人からの紹介に注意

知人の紹介によって税理士を選ぶ場合、その税理士との相性やスキルを確認することが大切です。紹介者の意見や関係性に囚われず、客観的な視点で評価しましょう。知人の紹介だからといって信頼できるとは限りません

◇面談で直接話をする

税理士を選ぶ際には、必ず直接面談をして、税理士の人柄、仕事の進め方、節税への考え方について確認しましょう。面談を通じて、税理士が節税に対して積極的に取り組む姿勢や、クライアントの意向を尊重する姿勢があるかを見極めます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    上記のポイントを考慮し、慎重に選択することが大切です。信頼できる税理士との良好な関係を築くことで、効果的な節税対策を実現しましょう。

参考おすすめ記事:こんなはずじゃなかった! 税理士選びでよくある失敗5選

節税に強い!信頼できる税理士を見つけるポイント

「節税の提案をしてくれない」と悩んでいるみなさまに強い税理士を見つけるポイントを解説します。節税のプロである税理士は、経営者にとってかけがえのないパートナーです。適切なアドバイスを受けるためには、節税に強い税理士を選ぶことが重要です。

◇インターネットでの情報収集

現代では、インターネットを使って節税に強い税理士を見つけることが可能です。検索エンジンや税理士事務所のホームページ、レビューサイト、SNSなどを活用して、複数の税理士を比較検討しましょう。税理士事務所には個人事務所から税理士法人まで様々な形態があり、専門分野や経験も異なります。それぞれの事務所の特徴やクライアントからの評価を調査して、自社に合った税理士を選ぶことが大切です。

◇知人からの紹介

ビジネス仲間や知人から税理士を紹介してもらうのも一つの手です。知人の経験や評判を参考にして、信頼できる税理士を探すことができます。ただし、紹介された税理士と相性が合わない場合、知人を気にして断りづらいこともあるかもしれません。必要に応じて、税理士紹介サービスの活用も検討してみてください。

◇税理士紹介サービスを利用

税理士紹介サービスは、ニーズに合わせた税理士を紹介してくれるため、非常に便利です。複数の会計事務所と取引実績のあるサービスを利用することで、自社に合った税理士を効率的に見つけることができます。成長企業と税理士のマッチングをサービスとして提供しているところもあります。自社の成長フェーズに合った税理士を探す際には、専門的なサポートを受けるのも一つの方法です。

◇税理士との面談の準備

面談前に節税や経費節減の方針を明確にしておくことで、税理士とのコミュニケーションがスムーズになります。また、顧問料の予算や顧問契約の開始時期も決めておくと良いでしょう。税理士の費用は安いだけでなく、適正な価格で質の高いサービスを提供してくれる税理士を選ぶことが重要です。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

節税対策に強い税理士と協力することで、財務の最適化や経営の成功に向けた確かな一歩を踏み出しましょう。

参考おすすめ記事:節税に強い税理士の選び方とは?選ぶコツや探し方、事前に準備しておくことを解説!

まとめ

企業を運営していると、顧問税理士の存在は不可欠です。しかし、税理士が節税の提案をしてくれないことに悩む経営者も少なくありません。多くの税理士は、節税に関して消極的な姿勢を取り、自ら積極的な提案を行うケースは稀です。

合わせて読みたい「節税相談の依頼先と税理士費用

」に関するおすすめ記事

節税相談の依頼先は税理士のみ?相談先と費用、注意点を解説!

この記事では法人の節税相談を税理士に依頼すべきかどうかについて、
その時にかかる費用と注意点について解説しています。
節税相談の依頼先に迷っている方におすすめの記事です。

税理士が節税提案をしてくれない背景があります。まず、節税提案にはリスクが伴い、税務調査で指摘される可能性があります。また、多くの税理士が節税に関する専門知識やノウハウを持たないため、十分な提案をしてくれないケースもあるのです。そのため、顧問料が安くても節税提案をしてくれない税理士との契約では、無駄に多くの税金を支払い続ける結果になってしまいます。

その一方で、節税に強い税理士や専門家と協力することで、経営者は大きなメリットを享受できます。例えば、効果的な節税策を実施することで、利益の少ない企業でも年間300〜500万円以上の節税が可能な場合もあります。優秀な税理士やファイナンシャルプランナーと協力することで、キャッシュフローの改善や現金の増加が期待できます。

具体的な節税策には、法人保険への加入や倒産防止共済の利用、設備投資などが挙げられます。これらの対策により、企業は無駄な税金を削減できるだけでなく、将来のリスクに備えることも可能です。また、節税策は財務戦略の一環として考えるべきであり、専門家の節税アドバイスを受けることで、企業の財務状況を最適化できます。

税理士が節税に関する提案をしてくれない場合、税理士に積極的に相談してアドバイスを求めることが重要です。節税に強い税理士との出会いは、企業の成長や財務健全化に大きな影響を与えます。適切な税理士と連携することで、企業はより良い経営環境を実現できるでしょう。

参考おすすめ記事:節税に強い税理士の選び方!節税提案しない税理士は意味がない

税理士を探すのが大変と感じた方

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう