創業融資は税理士に依頼すべき?メリットと選び方のポイントを解説

カテゴリー:

公開日:2024年4月

更新日:2024年5月17日

資金調達は起業における不安要素の一つです。資金力が不足していれば、優れた商品やサービスを提供しても、その後のスムーズな事業展開が難しくなります。特に創業して間もない会社では、金融機関からの信用が低く、融資を受けるのが難しい場合がほとんどです。

そこで、創業時の資金調達に関する悩みを解消するために、日本政策金融金庫の新創業融資制度の活用がおすすめです。


この制度を活用するには、事前に計画を立てたり提出書類を作成したりする必要があります。そのため、融資における支援を受けられる税理士に相談してみることをお勧めします。彼らは融資の申請や手続きに詳しく、スムーズな融資受け入れのための支援を提供してくれます。

この記事では税理士に創業融資を依頼すべきかどうかのポイントと、創業費用を税理士に依頼するときにかかる費用について解説します。

創業融資を受けるための審査ポイント

創業融資を依頼する際の重要なポイントは、次の4つに集約されます。

まず、自己資金の準備が不可欠です。創業融資を受けるにあたって、個人がどれだけの資金を用意しているかが、審査の鍵となります。事業の未来を見据え、自己資金を十分に確保しておくことが、融資を受けるための基本条件と言えます。

次に、経験と能力が問われます。創業時には企業の実績がないため、経営者自身の経験や能力が大きなウェイトを占めます。起業予定の分野での豊富な経験や、財務管理能力の高さが信頼を築く要因となります。

また、ビジネスの利益率も重要な視点です。創業融資で融資を受けた資金を返済するためには、事業が持続的な利益を生み出せるかどうかが問われます。利益率が低いと見込まれる事業は、融資の対象となりにくい傾向があります。

最後に、資金の使途が注目されます。創業融資を受ける目的や、その使い道を明確に示すことが求められます。資金の有効活用方法を説明し、事業の成長や利益増大に資することをアピールすることが肝要です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    これらのポイントを押さえ、的確な準備を行うことで、創業融資の成功に近づくことができるでしょう。

おすすめ記事:創業融資支援に強い税理士30選!税理士に依頼するメリットや選び方も解説

創業融資を受けるために税理士は必要?

確かに、創業融資を得意とする税理士の存在は、創業融資を検討する際に有益です。その理由はいくつかあります。

まず、創業融資に精通した税理士は、他社の創業融資通過事例を知っている可能性が高いです。これにより、創業融資の審査基準や成功事例に関する貴重な情報を得ることができます。したがって、創業融資に特化した税理士のアドバイスを受けることで、創業融資の申請手続きをスムーズに進めることができるでしょう。

また、特定の業務に長けた会計事務所や税理士も存在します。彼らは多くの企業の融資申請をサポートしてきた経験から、有益なアドバイスを提供できる可能性があります。

創業融資に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

守秘義務を尊重しつつ、適切なアドバイスを得ることで、創業融資の申請の成功に近づけるでしょう。

一般的に、創業融資を行う金融機関は、事業主の決算書や試算表を確認する際に、税理士が顧問を務めている場合に一定の信頼を寄せることがあります。また、創業融資後も税理士が顧問を務めていることで、決算書や試算表を定期的に提出できるため、金融機関との信頼関係を築くことができます。

結局のところ、創業融資を検討する際には、専門知識を持った税理士や会計事務所に依頼し、サポートを受けることが重要です。彼らの助言を得ることで、創業融資申請の成功率を高めることができます。

おすすめ記事:融資を受けるのに税理士の存在は必須?融資の相談や費用にまつわるQ&A

創業融資を受けるために税理士がやってくれること

事業計画書の作成をサポートしてくれる

新創業融資制度を利用するには、様々な書類の提出が必要です。

借入申込書や事業計画書、資金繰り計画書、そして履歴事項全部証明書の原本や見積書、不動産関連の書類など、状況に応じて適切な書類を用意する必要があります。

特に事業計画書は重要で、融資によって調達した資金をどのように活用し、事業を展開していくのかを具体的に示す必要があります。説得力のある事業計画書を作成することが資金調達の鍵となりますので、慎重に計画を練る必要があります。

このような場合、税理士に相談することが有益です。税理士は高評価につながる計画書を作成するための指導や助言を提供し、事業計画書に盛り込むべき内容に関しても具体的なアドバイスをしてくれます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士のサポートを受けることで、融資を受ける可能性を高めることができます。

おすすめ記事:事業計画書作成代行センター(国の認定支援機関)

銀行との面談に関するアドバイスがもらえる

創業融資の審査過程では、面談も欠かせません。面談では、創業の動機や経営者の経歴など、さまざまな質問がなされます。また、数字に関する詳細な内容も問われるため、事前の準備が不可欠です。適切な回答をするためには、慎重な準備が必要です。

創業融資の担当者が納得する回答をすることが重要です。面談での説得力のない回答は、審査に大きな影響を与えてしまう可能性があります。そのため、事前の準備は細心の注意を払う必要があります。

税理士は創業融資の支援経験が豊富なため、面談に関するサポートを受けることができます。具体的な質問の例や効果的なプレゼンテーション方法など、あらゆるポイントを把握しています。税理士に依頼をすることでサポートを受ければ、面談で好印象を与えるための戦略を立てることが可能です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    創業融資を税理士に依頼することにより、銀行との面談やプレゼンの方法について教えてもらえることがあるのも、税理士に創業融資を依頼することのおすすめポイントです。

創業融資の融資可能額の見当をつけてもらえる

創業融資を受けることに不安を感じる方々の中には、創業融資の融資可能な額を把握することも懸念される方がいらっしゃるでしょう。実際に借り入れることができる金額を把握できないと、事業の準備も進められません。

新創業融資制度では、融資が決定するまでに約3週間から1カ月かかることが一般的です。この審査期間中は、物件の選定などの手続きも進められず、起業までの時間がかかってしまいます。

しかし、創業融資に精通した税理士に相談を依頼すれば、自己資金や経歴などの情報をもとに、融資可能な額の目安を導き出すことができます。
税理士のアドバイスを得ることで、スムーズに開業するための準備を進めることができるでしょう。

おすすめ記事:創業融資で税理士を使うメリットと税理士の選び方

創業融資に強い税理士の選び方

確かに、税理士の選択は多岐にわたり、どこに相談すればよいか迷う方もいます。創業融資に強い税理士を選ぶことが、スムーズな創業を目指す上で重要です。以下では、どのような税理士に相談すべきかについて解説します。

創業融資に強いかどうか

地域にはさまざまな税理士事務所が存在しますが、起業時にはやはり創業融資に特化した税理士に相談することが重要です。しかし、どのような観点から判断すれば良いのかわからない方もいるでしょう。

その場合は、創業融資の実績率を税理士に尋ねてみてください。創業融資の実績率が高い事務所であれば、安心して相談できます。

また、実務経験が一定レベル以上あることが国から証明される「認定経営革新等支援機関 」に認定されているかどうかもチェックしてください。経営革新等支援機関に認定されていれば、中小企業や小規模事業者への経営アドバイス、事業計画の策定支援、資金調達の支援、補助金申請支援などを受けられます。様々なアドバイスが受けられるので、創業時の不安を取り除けるでしょう。

合わせて読みたい「融資を税理士に相談したい場合」に関するおすすめ記事

税理士に創業融資を依頼する費用は?成功報酬についてや、メリットデメリットも紹介!

この記事では創業融資に精通した税理士の選び方や、創業融資について税理士に依頼する際の費用についてご紹介します。創業融資にお悩みの方は参考にしてください。

会社経営のノウハウを持っているか

日本には多くの税理士が活動していますが、すべてが経営に関するサポートを提供しているわけではありません。
創業融資や資金調達に関する支援だけでなく、補助金や助成金に関する支援、売上げや集客アップのための支援、節税の方法など、幅広い経営や会計に関するノウハウを持つ税理士に相談することが、起業への近道です。

起業に関する相談に親身になってサポートしてくれる税理士を選び、彼らから支援を受けることが重要です。彼らはあなたのビジネスの成功に向けて尽力し、経営や会計の知識を活かして、最善のアドバイスを提供してくれるでしょう。

税理士への創業融資の依頼に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

税理士に創業融資を依頼するにあたって、会社経営のノウハウを持っているかという点は非常に重要です。

税理士以外の他士業と連携できるか

起業の手続きでは、司法書士や行政書士、社会保険労務士といった専門家への相談が不可欠です。登記申請の際には、司法書士や行政書士が定款の認証を代行してくれます。健康保険や厚生年金保険などの社会保険手続きや労働保険の手続きは、社会保険労務士が代行可能です。これらの専門家からのアドバイスやサポートを受けることで、スムーズな起業を目指せます。

また、税理士に相談する際には、他の専門家と提携している事務所に依頼することも有効です。このような事務所では、会社設立に関する手続きを個別に各専門家に依頼することなく、総合的に処理してもらえます。そのため、手間なく起業を進めることができ、負担を大幅に減らすことができます。

自社の業界に強みを持っているか

業界に精通している税理士であるかどうかは、重要なポイントです。建設業や不動産業、飲食業や卸売業、美容業など、様々な業界が存在します。

税理士はすべての業界に詳しいわけではありません。そのため、自分の会社が属する業界に精通している税理士を選ぶことが大切です。具体的な書類作成におけるアドバイスや経営のサポートを受けるためにも、同業種の専門知識に長けているかどうかを必ず確認してください。

確認方法としては、税理士事務所のWebサイトが参考になります。得意分野が明記されているほか、業種に対する見解や経営のアドバイスなどが掲載されているケースもあるので、事前に内容を確認するようにしてください。これによって、自社の業界に特化したサポートを提供できる税理士を見つけることができます。

おすすめ記事:創業融資に強い税理士の選び方

創業融資に税理士を依頼するときの費用相場

税理士に相談する際には、その費用についても不安になるかもしれません。料金体系が明確な事務所に相談すれば大きな問題は起こりませんが、報酬相場がわからなければ想定外の出費を招く危険もあります。

そこで、創業融資に強い税理士の報酬相場を解説していきます。一般的な相場を知り、自身にとって最適な税理士を探してください。

融資額の2~4%が相場とされています。税理士に相談した場合、料金体系としては「成功報酬型」と「スポット報酬型」の2つの種類があります。

成功報酬型は、融資に成功した際に報酬を支払う仕組みで、融資が受けられなかった場合は報酬を支払う必要はありません。成功報酬型を採用している事務所の場合、融資額の2~4%ほどが相場と言われています。

一方、スポット報酬型は「事業計画書作成○円」「記帳代行○円」などと業務ごとに単価が設定されている仕組みです。スポット報酬の相場としては業務単価で3万~5万円ほどが相場となっています。

おすすめ記事:【わかる】創業融資で税理士にかかる手数料|依頼するメリットは?

創業融資以外に税理士に依頼するメリット

記帳代行や給与計算を依頼できる

会社設立時には経理業務が欠かせません。請求書や領収書の整理や保管、資金の出入りの記録など、多岐にわたる作業が必要です。

しかし、経理の知識がない場合は何を始めれば良いかわからず、通常の業務と並行して管理するのは大変です。このような負担を軽減するためにも、税理士への相談がおすすめです。

税理士に相談すれば、請求書や領収書の整理・保管から始め、経理に関する指導を受けることができます。さらに、記帳代行も行ってくれるため、手間なく事業を進められます。税務署からの問い合わせにも税理士が代わりに対応してくれるので、安心して業務に集中できます。

創業時の資金繰りのアドバイスをもらえる

会社の経営では、資金の流れを常に把握し、資金繰りに余裕のある状態を維持しておくことが重要です。しかし、本業の合間にチェックする作業は簡単なことではありません。安定的な経営を続けるためには、将来を見据えた資金計画を立てる必要があります。

税理士に相談すれば、資金繰りの管理についてもサポートを受けられます。資金調達時に必要な資料作成やアドバイスを提供してもらえるため、資金繰りの管理に不安を感じている経営者でも安心して事業を継続できるでしょう。税理士の専門知識と経験を活かして、効果的な資金計画を立てることが可能です。

税務調査への対応を依頼することができる

税務調査は突然行われることがあり、経営者にとっては動揺を招く場合もあります。調査では書類が入念に確認されるため、求められた書類を用意するほか、指摘を受けた際にはその内容について説明する必要もあります。そして、調査の結果、問題点があった場合には修正申告が求められます。

税理士に相談していれば、税務調査が行われる前に帳簿や証憑書類のチェックを実施してくれます。指摘されやすい箇所があれば対策を講じてくれるので、不安を軽減できるでしょう。また、税務調査当日には立ち会い、調査官からの質問にも対応してくれます。税務調査に対する不安を感じている方は、税理士への相談が有益です。

税理士に依頼することで事業に集中できる

経営者が経理業務を兼任する場合、普段の業務の合間に行う必要があります。

帳票作成や確定申告など経理に関する業務は多く、また多岐にわたっているので、様々な業務をこなす経営者にとっては大きな負担になってしまいます。

その点、税理士に経理を依頼すれば、経理業務を自身で行う必要がなくなるので時間に余裕が生まれ、経営者の本業である経営活動や事業活動に専念できます。

おすすめ記事:日本政策金融公庫の創業融資を税理士に依頼するメリット【支払う報酬相場や料金体系も解説】

まとめ

創業融資を成功させるためには、自己資金の準備や事業計画の策定において、税理士の専門的なサポートが効果的です。
税理士は融資申請の手続き、事業計画書の作成、銀行との面談対策などをサポートし、融資の可能性を高めます。起業の初期段階で適切な税理士に依頼することで、スムーズな創業を実現しましょう。

合わせて読みたい「融資を税理士に相談したい場合」に関するおすすめ記事

融資を受けるために税理士は必要?依頼するメリットとポイントを解説

この記事では融資に精通した税理士の選び方や、融資について税理士に依頼することのメリットについてご紹介します。また、費用についても詳しく解説していきますので、創業融資にお悩みの方は参考にしてください。

税理士を探すのが大変と感じた方

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう