安い税理士に依頼するメリットとは?格安税理士との契約時の注意点も紹介

カテゴリー:

公開日:2024年4月

更新日:2024年5月17日

税理士への依頼を考えたとき、安いコストで済ませたいという考えは多くの方が持つものです。しかし、安易に安い税理士と契約することにはメリットとデメリットが存在します。

この記事では、安い費用で税理士に依頼することのおすすめのポイントと、注意すべき点をご紹介します。

安い費用で依頼できる格安税理士とは?

一般的に、税理士への顧問依頼の費用は月額約3万円が相場ですが、格安の税理士を選ぶと、「月額1万円」や「数千円」という低価格でサービスを受けられることがあります。このような、月額の費用が1万円未満である税理士費用が安い税理士を、一般に「格安税理士」と呼びます。

2002年の税理士法改正により、税理士の報酬が自由化され、税理士事務所によって大きく費用が異なるようになりました。

報酬の自由化やクラウド会計ソフトの普及により、税理士の業務負担が軽減され、月額顧問料を1万円未満のような安い料金で提供する税理士が増えてきました。中には、月額5,000円以下という非常に安い料金でサービスを提供する税理士も存在します。

しかし、税理士が格安で顧問契約を提供できる背景には、さまざまな理由があります。安い税理士に依頼する前に、安い税理士に依頼することのメリットとデメリットをしっかり理解し、自分にとって最適な選択をすることが重要です。
顧問料の安い格安税理士の選択は、安い費用だけで判断せず、提供されるサービス内容を熟考した上で決定しましょう。

合わせて読みたい「税理士に依頼する時の費用」に関するおすすめ記事

税理士へ依頼する際の費用はいくらが相場?法人の場合について解説!

この記事では税理士へ依頼するときの費用の相場や、費用に応じた税理士へ依頼できることを紹介しています。安い税理士に依頼する前に、税理士費用や税理士顧問料の相場について詳しく知りたい方におすすめです。

安い費用で税理士に依頼できる理由

安い費用で税理士に依頼できる理由として主に3点があります。

・税理士との面談の回数がない、もしくは少ない可能性がある
・経験の浅いスタッフが担当になる可能性がある
・税理士の対応が必要最低限になる可能性がある

ここでは安い料金で税理士に依頼できる主な理由について深掘ります。

おすすめ参考記事:格安税理士とは?月額顧問料1万円以下の格安税理士29社【料金表あり】

安く依頼できる理由①:税理士との面談の回数がない、もしくは少ない可能性がある

料金が安い格安税理士を選択する際、企業と税理士の直接的な面談の機会がほとんどない、または非常に限られるケースがあります。契約する前に面談の頻度は決定されますが、安い料金でサービスを提供する税理士の中には、事実上、訪問せず、コミュニケーションを電話、スカイプ、メールなどのリモート手段に限定する場合が見られます。

安い税理士に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

これは、クライアントが税理士のオフィスに直接訪問する必要があるか、あるいは全く面談が行われない状況を意味することもあります。

このような場合には、節税対策や経営に関する具体的なアドバイスをリアルタイムで受ける機会が減るため、適時に必要なサポートを得られないリスクがあります。しかし、節税や経営上の助言が特に必要とされない、または最小限の税務サポートで十分と考えるクライアントにとっては、このような安い税理士がおすすめの場合もあります。

ただし、昨今のコロナウイルスの影響を受けて、リモートでの面談が一般化し、オンラインでのコミュニケーションが急速に普及しています。この変化により、オンライン面談の効率性や便利さが再認識され、多くの企業や個人がこれを新たな標準として受け入れています。

したがって、税理士との面談がオンラインであっても、質の高いコミュニケーションとサービス提供が可能になっているのです。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    この点を考慮すると、顧面談の回数が少ない、またはリモートに限定される顧問料の安い格安税理士でも、十分にクライアントのニーズに応えうるケースは多く存在します。

おすすめ参考記事:税理士の顧問料を安く依頼するには?契約時に気を付けるべきポイントも紹介

合わせて読みたい「オンライン税理士の費用と対応業務」に関するおすすめ記事

オンライン税理士は安い?オンライン税理士の対応業務も解説

この記事では、オンラインで業務を依頼できる税理士の対応業務や費用について紹介しています。

安く依頼できる理由②:経験の浅いスタッフが担当になる可能性がある

顧問料の安い格安税理士のサービスを利用する際には、経験の浅いスタッフが担当になる可能性があります。
特に、大手事務所に勤める経験豊富な税理士と比較して、安い価格でサービスを提供する税理士は、費用対効果を重視し、経験の浅いスタッフを案件にあてることがあります。

これにより、提案の質やレスポンスの速さが期待値を下回る場合があることを理解しておく必要があります。

経験が豊富な税理士を希望する場合、格安のサービスでは期待に応えられないことがあります。しかし、すべて安いサービスが経験不足のスタッフのみで構成されているわけではなく、中には熟練度の高い税理士が担当してくれる可能性も完全には否定できません。

ただし、その可能性は一般的に低いと考えられます。
また、人件費を削減するために新人スタッフが担当となるケースも考えられます。特に、知識や経験が乏しいスタッフが担当することで、クライアントへのレスポンスが遅れたり、サポートの質が低下する可能性があります。

安い税理士に依頼するときの注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

このような状況を避けるために、税理士を選定する際には、担当するスタッフの経験や実績を確認し、安い税理士に依頼する時には自社に合ったサービスを提供できるかどうかを慎重に検討することをおすすめします。

おすすめ参考記事:税理士顧問料の相場は月額3万円!安い税理士と高い税理士の決定的な違い

安く依頼できる理由③:税理士の対応が必要最低限になる可能性がある

安い料金でサービスを提供する格安税理士は、提供するサービスの範囲を必要最低限の業務に限定していることが多いです。

これには、税務書類の作成や申告業務が含まれますが、記帳、給与計算、月次決算、会計ソフトのサポート、年末調整、助成金・補助金などの業務は通常、追加オプションとして扱われ、これらを依頼する場合は別途料金が発生することが多いです。

このように、サービス内容を最低限に絞ることで、税理士はコストを下げて安い価格でのサービス提供が可能になりますが、クライアントは追加で必要なサービスを依頼する際には、それぞれの業務に対して追加料金を支払う必要が出てきます。

そのため、費用の安い税理士に依頼する際は、どのようなサービスが基本契約に含まれているのか、追加で必要なサービスを依頼した場合の費用はどの程度かかるのかを事前に確認しておくことをおすすめします。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    特に、税務書類の作成と確定申告業務だけを求めている場合は格安税理士のサービスがおすすめな場合もありますが、より複雑なサポートや追加の業務を必要とする場合は、サービス内容と追加費用を慎重に検討することが必要です

おすすめ参考記事: 顧問料の安い税理士25選一覧!格安で依頼するポイントや注意点を解説

合わせて読みたい「税理士費用の安い税理士と高い税理士」に関するおすすめ記事

【なぜ費用差がでる?】税理士費用の高い税理士・安い税理士の違いとは?

この記事では、税理士費用の高い税理士と安い税理士の違いについて紹介しています。また、高い税理士と安い税理士からそれぞれ受けられるサービスの違いについても紹介しているのでぜひご覧ください。

安い税理士に依頼するメリット・デメリット

安い税理士に依頼することは、費用を抑えることができるという明確なメリットがありますが、一方でいくつかのデメリットも考慮する必要があります。

この後、具体的に安い税理士を選ぶ際のメリットとデメリットについて詳しく紹介していきますので、自社にとって最も適した税理士サービスを選択するための参考にしてください。

合わせて読みたい「税理士に依頼する時の費用」に関するおすすめ記事

税理士顧問料5,000円でどこまで依頼できる?依頼時の注意点も解説!

この記事では税理士顧問料が月額5,000円のような格安税理士の特徴と依頼できる内容・依頼時の注意点について解説しています。安い顧問料は魅力的ではありますが、注意点もあります。格安税理士との契約を考えている方に非常におすすめの内容です。

安い税理士に依頼するメリット

安い税理士に依頼することにより、特に予算に制約のある小規模事業者にとって、大幅なコスト削減につながります。この選択肢は、必要なサービスを厳選して税理士費用を安く抑えたいと考えている事業者に特におすすめです。

ここでは安い税理士に依頼するメリットについて詳しく見ていきます。

税理士費用を抑えることができる

安い税理士への依頼は、特に予算が限られている小規模事業者にとって、コストをかなり安く抑えられることになります。経済的な負担を最小限に抑えつつ、必要な税務サービスを受けることができるため、起業初期にはとても助かる選択です。

この選択をすることで、月額の節約が年間で大きな額になることがあります。例えば、月額1万円の節約は、1年で12万円の経費削減につながります。これは資金の有効活用に役立ち、他の事業展開や設備投資に回せる資金となります。

おすすめ参考記事:

格安税理士に任せて大丈夫?
料金重視で選択するメリット・デメリット

税理士に必要最低限の業務を依頼できる

また、安い税理士の利用は、必要最低限の業務だけを依頼できるため、事業者のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。多くの安い税理士は、運営コストを抑えるために訪問回数を限定し、税務書類の作成や申告代行などの基本的なサービスに特化しています。これにより、事業者は自身のビジネスに集中する時間を増やすことができ、税理士とのやり取りを効率的に行うことが可能です。

このアプローチは、特に税理士とのやり取りを最小限に抑えたい方や、特定の基本業務のみサポートを求める方におすすめです。税理士に依頼する際のコストをさらに理解し、格安でサービスを受ける方法を知りたい方は、関連記事も参照すると良いでしょう。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    顧税理士とのやり取りを最小限に抑えたい方や、特定の基本業務のみサポートを求める方にとって、おすすめです。

おすすめ参考記事:税理士に格安で依頼するには – 顧問料1万円以下でお願いできる?

安い税理士に依頼するデメリット

安い費用で税理士に依頼する際には、いくつかのデメリットが伴う可能性があります。まず、格安税理士を利用することで、直接的な面談や相談の機会が限られ、コミュニケーションが主にリモート手段に限定されることが多いです。これにより、節税対策や経営に関するアドバイスをタイムリーに受けることが難しくなる場合があります。

また、低価格のサービス提供の背景には、経験の浅いスタッフが担当することがあるため、提案の質や対応の速さが期待に応えないことがあります。さらに、サービス範囲が必要最低限の業務に限定されている場合が多く、追加サービスを依頼する際には別途料金がかかることが一般的です。これらのデメリットは、特に緊急の問題が生じた際や、複雑なサポートが必要な場合に、適切な対応を受けられないリスクを含んでいます。

したがって、安い費用で税理士に依頼する場合は、サービスの範囲、質、および提供する税理士との相性を慎重に検討する必要があります。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

事前にこれらの点を確認し、自社にとって最適なサポートを提供できる税理士を選択することをおすすめします。

おすすめ参考記事:東京】月額顧問料1万円以下の格安税理士を12社まとめてみた!【料金表つき】

「スポット契約」と「顧問契約」の違い

「スポット契約」と「顧問契約」は、税理士と契約する際の2つの主な契約形式であり、それぞれ異なる特徴とおすすめできる点があります。これから、これらの契約形式の違いについて、具体的な業務範囲、期間、税理士費用などの観点から詳しく説明していきます。税理士と契約形態に関する理解を深めることで、自社のニーズに合った選択を行うための基礎知識を提供します。

顧問契約とは

顧問契約とは、税理士が提供するサービスの一形態で、単に税務申告のサポートだけではなく、会社の会計や経営に関する総合的なアドバイスを行う契約です。この契約では、税理士が会社の経営状態や財務に関する深い理解を持ち、企業の運営が適切な方法で行われているかを評価し、必要に応じて経営者への助言を行います。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    このような継続的な関係を通じて、税理士は企業の実態をより深く理解し、信頼関係を築きながらサポートを提供できます。

近年、法律情報の検索や税計算が可能なアプリケーションの普及により、記帳代行の必要性は減少していますが、顧問税理士の役割は、単なる記帳や税務申告を超え、経営全般にわたるアドバイスを提供することにあります。顧問契約は、税理士にとっても継続的な報酬を確保できる安定した業務形態を提供し、事業者には財務管理や経営戦略に関する専門的なサポートを受けられるという双方にメリットがあります。

おすすめ記事:税理士と顧問契約を結ぶときの注意点とは

顧問契約がおすすめの事業者

顧問契約は、特に税務や経営の面で定期的なサポートやアドバイスを求める事業者におすすめです。この契約形式は、税務に関する疑問や経営上の決定事項について、いつでも専門家に相談できる環境を提供します。スポット契約とは異なり、顧問契約では税理士が日常的に事業の財務状況や経営状態を把握しているため、より具体的かつ実用的なアドバイスを提供することが可能になります。

経営者が財務管理や資金繰り、事業戦略の策定において、アドバイスを求めている場合、顧問税理士からの定期的なフィードバックは非常に価値があります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    また、税務だけでなく、経営全般にわたるアドバイスを受けたい場合にも顧問契約はおすすめです。

このような継続的な関係を通じて経営者は不確実性を管理し、経営戦略をより効果的に立案・実行できるようになります。

合わせて読みたい! 税理士との「顧問契約」に関するおすすめの記事

顧問税理士とは?依頼するメリットとおすすめの活用法についてご紹介

この記事では、顧問税理士の基本的な役割や提供するサービス、契約の種類から、信頼できる顧問税理士を依頼する方法まで、
企業が顧問税理士との有意義な関係を築くために必要な情報を網羅的に紹介します。

スポット契約とは

スポット契約とは、特定の業務や案件解決のために、期間限定で税理士に依頼をする契約形態です。この契約は、特に決算期の決算申告作成や個人の確定申告など、一時的なニーズに応じて行われます。スポット契約により、税理士は「税務代理」「税務署類の作成」「税務相談」といった、税理士法で定められた専門の業務を提供します。これらの業務は、税理士という国家資格を有する者のみが行うことが許可されており、無資格者による実施は法律で禁止されています。

スポット契約は、特定の専門業務を必要とするが、長期的な顧問契約までは必要ないと考える事業者や個人に適しています。このような契約により、必要な時にのみ専門的なサポートを受けることができ、コスト効率的な解決策を提供します。

費用の安い税理士に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

税理士にしかできない業務を、適切なタイミングで資格を持った専門家に依頼することが、スポット契約の主な目的です。

おすすめ記事:格安税理士に依頼しても大丈夫?費用相場やメリットとデメリットも解説

スポット契約がおすすめの事業者

スポット契約は、自社で基本的な経理や税務を処理できるが、特定の専門知識が必要な場合に税理士に依頼する事業者におすすめです。特に、経理や税務に明るい人材がいる企業や、創業間もない売上が少ない企業におすすめです。この契約形態は、必要に応じて専門的なサポートを得ることができ、コスト効率も良いため、特定の課題解決に焦点を当てたい企業におすすめです。

合わせて読みたい「税理士に相談を依頼するときにかかる費用・相談料」に関するおすすめ記事

税理士への相談料の相場はいくら?費用を抑えるポイントについても紹介

この記事では税理士へ相談を依頼するときにかかる相談料・費用や、税理士に相談するときにかかる費用を抑える方法とポイントについて解説しています。

格安税理士に依頼すると後悔することもある…

格安税理士に依頼する際、安い費用の魅力に引かれて即座に契約を決めることが後悔につながることがあります。初見でのコスト削減は魅力的に見えますが、長期的な視点で考えた場合、必要なサービスの質や範囲、タイムリーな対応が期待通りでない場合があります。このような状況は、結果的に事業成長や財務状態に影響を及ぼす可能性があるため、価格だけでなく、サービス内容や税理士との相性も十分に検討することが重要です。

おすすめ参考記事:格安対応!おすすめ税理士事務所11選【2024年最新版】

合わせて読みたい「税理士に依頼する時の費用」に関するおすすめ記事

税理士顧問料5,000円でどこまで依頼できる?依頼時の注意点も解説!

この記事では税理士顧問料が月額5,000円のような格安税理士の特徴と依頼できる内容・依頼時の注意点について解説しています。安い顧問料は魅力的ではありますが、注意点もあります。格安税理士との契約を考えている方に非常におすすめの内容です。

必要なタイミングですぐに税理士に相談ができない

格安税理士を利用する際には、面談や相談の機会が限られているため、予期しない問題や緊急の質問が生じた際に、すぐにサポートを受けることが難しい場合があります。例えば、税務署から予期せぬ書類が届いたり、特定の税務上の問い合わせがあったりする状況では、迅速な対応が求められますが、格安税理士ではその対応が遅れる可能性が考えられます。この点は、税理士を選ぶ際の重要な考慮事項の一つとなります。

税理士の対応が遅く、会計数値をタイムリーに把握できなくなる可能性がある

格安税理士を選択した場合、費用削減のために記帳作業を3ヶ月や半年ごとにまとめて行うことがあります。このような記帳の間隔が長いと、会計数値をリアルタイムで把握することが難しくなる可能性があります。結果として、経営上の重要な決定を迅速に行うために必要な、最新の財務情報が得られないことが起こり得ます。

決算報酬が高くなってしまう可能性がある

格安税理士に依頼する際、初めは費用が低いように見えますが、決算時に予想外の高い報酬を請求されることがあります。このため、年間を通しての総税理士費用を計算すると、格安でない税理士を選んだ場合と比較して、実際の税理士費用が大きく変わらない、あるいはそれ以上になる可能性があります。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

短期的な税理士費用の削減だけでなく、長期的な視点から税理士費用を評価することをおすすめします。

おすすめ参考記事:契約料が安い税理士は頼りにならない?契約料をできるだけ抑える方法や請求まわりにまつわるQ&A

依頼する税理士を選ぶ際に注意すべきポイント

税理士に依頼できる手続きやサービスを確認する

税理士に依頼する手続きやサービスは、税理士によって幅広く異なるため、事前に確認しておくことが重要です。自社が目指す目的に最適なサポートを提供できるかどうかを見極めることで、後になってからの不一致やミスマッチを避けることができます。例えば、融資や資金調達に関するサポートを求めている場合、依頼先の税理士が事業計画書の作成に長けているか、希望する金融機関との交渉経験があるかなど、具体的な能力や経験を確認することがおすすめです。適切な税理士を選ぶことで、求める結果を得ることが期待できます。

依頼する税理士の実績を見る

税理士を依頼する前には、まず相手が正式な税理士資格を持っているかを確認することが大切です。資格の確認は、面談時に税理士証票を提示してもらうか、日本税理士会連合会の「税理士情報検索サイト」で検索することで行えます。さらに、税理士には得意とする分野があるため、例えば会社設立をサポートしてほしい場合は、その分野に実績のある税理士を選ぶことがおすすめです。会社設立支援に実績がある税理士は、税務上の注意点や資金調達についても詳しく、具体的なサポートを期待できます。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

相手が正式な税理士資格を持っているかの確認は、日本税理士会連合会の「税理士情報検索サイト」で検索することで行えます。格安税理士の場合は、税理士資格がないにも関わらず、サービスを提供している場合も少なからずあるのでこのようなサイトで一度確認していただくことがおすすめです。

依頼する税理士との相性を確かめる

税理士を安い価格で依頼する際も、その税理士との相性を確認することは非常に重要です。安い費用で依頼できる税理士でも、自社の経営理念や業務スタイルに合わなければ、効果的なサポートを受けることが難しくなります。おすすめの方法として、初めての相談時に具体的な業務内容や対応方針について話し合い、相互の期待値を明確にすることが挙げられます。相性の良い税理士との関係は、事業の成功に直結するため、安い税理士費用で最大限の効果を得るためにも非常に重要です。

顧問料の安い格安税理士に依頼するのがおすすめの法人とは?

ここでは、一般的な相場よりも費用が安い税理士に依頼する場合の、その適正な利用者、適さないケースについて説明します。

費用が安い税理士に向いている法人:創業したばかりの小規模な会社

顧問料が安い税理士は、創業間もない規模の小さい会社に適しています。まだ会社が成長途中で資金の出し入れが限られている、クラウドツールを活用して内部で会計入力を行っている、従業員が少なく業務に手が回らないため税理士との相談時間が限られている、などの状況では、税理士に最低限の税金計算だけを依頼し、安価に依頼することでコストを抑えることが合理的です。

小規模な会社では、お金の流れや取引も限られており、税理士への相談もそれほど多くありません。費用や顧問料が安い税理士は、起業や小規模企業に向いています。

おすすめ参考記事:格安税理士に依頼しても大丈夫?特徴やメリット・デメリットを伝授

費用が安い税理士に向いていない法人:規模を拡大している会社

会社が成長し、資金のやり取りが多くなり、会計入力を完全に委託したい、経営に関して相談したい・意見を求めたい場合には、費用や顧問料が安い税理士は適さないかもしれません。

まとめ

本記事では、安い費用で税理士に依頼する際の重要なポイントを詳しく見てきました。安い税理士を選ぶことには、費用を節約できるという明確なメリットがありますが、サービスの質や対応範囲に関しては慎重に考慮する必要があります。

最適な税理士を選ぶには、単に安い費用だけでなく、提供されるサービスの内容や、税理士との相性も考慮に入れることがおすすめです。適切な税理士に依頼することで、事業成長を促進することが可能になります。

合わせて読みたい「税理士費用を経費として計上する際のポイント」に関するおすすめ記事

税理士費用は経費にできる?具体的な勘定科目と仕訳例についても紹介

この記事では税理士費用を経費にできるかどうかについてと、税理士費用を計上する際の仕訳例や勘定科目について具体例を用いながら紹介しています。

税理士を探すのが大変と感じた方

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう