決算申告のみを税理士に依頼する場合のおすすめの方法を解説!

カテゴリー:

公開日:2024年2月

更新日:2024年4月23日

法人が直面する決算申告は、多くの場合、税理士の専門知識を必要とする複雑なプロセスです。税理士に決算申告を依頼する方法には大きく分けて二つあり、一つは継続的なサポートを提供する顧問契約、もう一つは特定の業務のみを委託するスポット契約です。どちらの選択肢にもそれぞれメリットとデメリットがあり、法人の状況やニーズに応じた最適な選択が求められます。この記事では、決算申告のみを依頼するスポット契約と、より広範なサポートを提供する顧問契約の違いに焦点を当て、法人が直面する決断において考慮すべき点を解説していきます。

目次

  1. そもそも法人の決算申告のみを税理士に依頼できる?
    1. 顧問契約
    2. 決算申告のみの依頼(スポット契約)
  2. 法人の決算申告のみを税理士に依頼するメリットとは?
    1. 依頼するメリット①:顧問契約よりも税理士に支払う費用を抑えられる
    2. 依頼するメリット②:定期的なやり取りがなくなる
    3. 依頼するメリット③:法人決算処理の時間を短縮できる
  3. 法人決算申告のみ依頼するときの料金体系と費用相場
    1. 法人決算申告のみを依頼する場合の費用相場は10万~25万円
    2. 顧問契約を結んでいても法人決算申告を依頼するには別料金がかかる
  4. 法人の決算申告のみを税理士に依頼するか顧問契約にするかの判断方法
    1. おすすめの判断基準①:個人事業主か法人か
    2. おすすめの判断基準②:年間の売上高がどれくらいか
  5. 法人決算申告のみを依頼する際の注意点
    1. 十分な節税を行えずに法人決算申告を迎えることがある
    2. 法人決算申告後に税務調査があった場合、税理士が対応してくれない
    3. 経営アドバイスを受けることができない
  6. 法人決算申告のみを依頼する際のおすすめの確認ポイント
    1. おすすめの確認ポイント①:税理士の法人決算業務の範囲を確認する
    2. おすすめの確認ポイント②:税理士報酬について確認する
    3. おすすめの確認ポイント③:決算間近でも可能なおすすめの節税対策はないか確認する
    4. おすすめの確認ポイント④:会計ソフトの対応状況を確認する
    5. おすすめの確認ポイント⑤:顧問契約の内容を確認してみる
  7. 決算申告で効率的に税理士とコミュニケーションのためのコツ
    1. 決算申告依頼において、税理士との期待値調整をする方法
    2. 一般的な税理士とのコミュニケーション頻度
  8. まとめ

そもそも法人の決算申告のみを税理士に依頼できる?

法人の決算申告を専門家である税理士に依頼する際、主に2つの方法が考えられます。一つは「顧問契約」、もう一つは「決算申告のみの依頼」、いわゆるスポット契約です。

これらの方法はそれぞれ異なる特徴を持っており、法人によっておすすめの方法が異なります。
以下では、法人が決算申告を税理士に依頼するとなった場合に、税理士との顧問契約と税理士に決算申告のみを依頼するスポット契約の二つを比較し、それぞれの利点を解説していきます。

顧問契約

顧問契約は、税理士に対して月額の報酬を支払い、節税対策、経営上の相談、融資取得のためのサポート、必要書類の作成といった多岐にわたる相談が可能な契約形態です。
顧問契約のおすすめポイントは、税理士が提供する全面的なサポートを受けられる点にあります。
しかし、税理士によっては顧問料が高額になることもあり、決算申告自体に別途料金が発生するケースが多いため、全体の費用を検討する際はこの点を念頭に置く必要があります。
法人が税理士に顧問契約を依頼する場合にかかる費用については以下の記事がおすすめです。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    ただし顧問契約の場合であっても顧問料によって受けられるサービスはもちろん異なります。どのような業務を依頼できるかは税理士との契約時に確認しておくことをおすすめします。

おすすめ記事:税理士への顧問料はいくらが相場?税理士を選ぶ際に大事なポイントについて解説

決算申告のみの依頼(スポット契約)

一方で、スポット契約は、顧問契約を結ばずに決算申告のみを税理士に依頼する方法です。

法人の事業年度終了後、1年間の帳簿やデータを基にして税理士が決算書類を作成し、税務署への提出までを行います。この方法のおすすめポイントは、税理士に顧問契約を依頼する場合と比べて費用を節約できることです。
自社で会計処理や年末処理を行い、書類作成と法人の決算申告のみを税理士に依頼することで、コストを抑えることができます。
ただし、税理士に会計処理も依頼したい場合は、追加で料金が発生します。

合わせて読みたい「税理士に決算申告を依頼する時の費用」に関するおすすめ記事

税理士_決算申告_費用_依頼_おすすめ

税理士の顧問料の相場とは?費用を抑える方法と払いすぎていないかのポイントについても解説

この記事では税理士へ法人決算申告依頼するときの費用の相場や、月額顧問料の相場など税理士に業務を依頼する際にかかる費用に関して紹介しています。税理士に業務を依頼する際にかかる費用について詳しく知りたい方におすすめです。

法人の決算申告のみを税理士に依頼するメリットとは?

法人が決算申告のみを税理士に依頼する場合のメリットとしては主に以下の3点があります。

おすすめ記事:税理士に依頼するのは決算のみ!本当にそれでいいの?

依頼するメリット①:顧問契約よりも税理士に支払う費用を抑えられる

法人の決算申告のみを税理士に依頼した場合、顧問契約を結ぶよりも税理士に支払う費用が抑えられる可能性が高いため、費用を抑えたい方にはおすすめの方法です。
顧問契約では毎月顧問料が発生しますが、法人の決算申告のみを税理士に依頼するのであればその必要がありません。
一見、決算申告のみの報酬が高く感じられるかもしれませんが、毎月の顧問料がかからない分、結果的には経費削減ができる可能性もあるのでおすすめです。

実際に、企業の規模や契約の内容によっては、顧問契約の総費用と比較して大幅に低く抑えられるケースもあります。小規模企業やスタートアップにとっては、すでに完了している記帳を基に税理士に決算申告だけを依頼することで、数万円から数十万円で済む場合があり、顧問契約時の年間コストを大きく下回ることが可能であるためおすすめです。

税理士へ決算申告を依頼するにあたっての注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

とはいえ、顧問契約をしておくことで記帳の正確性が担保されることから、結果として決算申告料が安くなることもあります。年間でのトータルのコストを踏まえて判断するようにしましょう。税理士へ依頼する際の年間コストに関する記事は「税理士へ依頼する際の費用は月いくらが相場?法人の場合について解説!」がおすすめなので、気になる方はご参照ください。

依頼するメリット②:定期的なやり取りがなくなる

決算書類の作成を税理士に依頼する場合、顧問契約のように税理士と頻繁に連絡を取り合う必要がなくなります。このアプローチでは、帳簿や会計に関する疑問や問題が生じた際にのみ税理士から連絡がくるため、日常のやり取りが大幅に削減されます。これにより、税理士への依頼がより手軽になり、特に定期的な相談の必要がない、またはやり取りに時間を割くことが難しい場合に最適な選択肢となります

税理士への決算申告依頼に関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

税理士に決算申告のみを依頼する場合のメリットについては以下の記事もおすすめです。
おすすめ記事:顧問契約なしで年一決算と税務申告のみを税理士に頼むメリット・デメリット

依頼するメリット③:法人決算処理の時間を短縮できる

決算申告のみを税理士に依頼する場合、1年間の会計データを提供した後、税理士が直ちに申告書の作成に取り掛かります。法人税の申告期限が年度終了後2カ月以内に設定されているため、この限られた時間内に帳簿の確認と税務書類の作成を完了させる必要がありますが、それほど余裕はありません。税理士に決算申告を依頼することにより、このプロセスをスピーディーかつ正確に進めることができ、決算処理の時間を効果的に短縮することが可能です。これにより、法人は決算期におけるタイトなスケジュール管理を専門家に任せることができ、より迅速に決算処理を進めることが可能となります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    法人の決算申告のみを税理士に依頼する場合のメリットやおすすめの理由についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事がおすすめです。

おすすめ参考記事:決算のみを税理士に依頼するメリットは?メリットや費用相場を解説

法人決算申告のみ依頼するときの料金体系と費用相場

法人の決算申告のみを税理士に依頼する場合の料金体系と費用相場について解説します。

法人決算申告のみを依頼する場合の費用相場は10万~25万円

顧問契約ではなく、税理士に決算申告業務だけを依頼した場合の費用の相場は15万~25万円程度です。この費用は、会社の規模や売上高、従業員数などによって変わります。つまりは会社の会計上の取引数が多くなるほど仕訳の数も増え、決算申告が複雑になるため、その分費用も高くなるということです。なお、個人事業主が確定申告のみを依頼した場合、費用の相場は5万円程度ですが、税理士によっても異なります。

おすすめ参考記事:年1回決算申告だけ | 杉田浩二税理士事務所

顧問契約を結んでいても法人決算申告を依頼するには別料金がかかる

税理士と顧問契約を結んでいたとしても、一般的には月々の顧問料とは別に決算申告費用が発生します。この場合の決算申告費用の相場は月額顧問料の4~6か月分といわれています。法人に対する税理士の月額顧問料が3万円の場合は、決算申告費用の相場は12万~18万円が目安です。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

決算申告費用は別途かかりますが、毎月の顧問契約を締結し記帳の正確性を担保しておくことで、決算申告の料金を安く抑えることができる場合があります。

おすすめ参考記事:決算申告のみを税理士に依頼した場合の費用相場とメリットを解説

合わせて読みたい「税理士に決算申告のみを依頼する場合の費用」に関するおすすめ記事

税理士に決算申告のみを依頼する場合の費用相場について解説

この記事では決算申告のみを税理士へ依頼するときの費用の相場について解説しています。顧問契約とスポット契約の違いも含めて解説しているので、税理士との契約に悩んでいる方におすすめです。

法人の決算申告のみを税理士に依頼するか顧問契約にするかの判断方法

法人の決算申告のみを依頼するか、顧問契約にするかの判断方法としては以下の2点をもとに判断するのがおすすめです。

おすすめの判断基準①:個人事業主か法人か

個人事業主であり、事業の規模が比較的小さい場合、確定申告を自分で行うことが可能です。また、税理士の支援を受ける際も、確定申告の作業だけを依頼することが一般的です。
しかし、法人の場合は、決算申告を独力で進めることは専門的な知識が必要となり、難易度が高いです。効率的な節税対策を実施するためにも、顧問契約を結んでおくことが推奨されます。
決算申告を自分1人でやることを考えている人は以下の記事を参考に手順を確認していただくことをおすすめします。

おすすめ参考記事:法人決算を自分1人で完結させるには?流れや必要書類について解説

おすすめの判断基準②:年間の売上高がどれくらいか

税理士との顧問契約を検討する際の重要な判断基準の一つが、年間の売上です。年間売上が1,000万円以上になると、個人でも法人でも消費税の納税義務が発生します。この消費税計算は独力で行うには手間がかかりますから、税理士と顧問契約を考えるのが賢明です。特に個人事業主にとっては、顧問税理士がいれば、法人への移行のアドバイスも得られるメリットがあります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    取引の増加に伴い会社の利益や規模が拡大するほど、経理作業の複雑さは増し、税理士との顧問契約の利点も大きくなります税理士への顧問料は毎月の出費となりますが、節税対策や資金繰りの最適化を通じて、その費用以上のメリットを享受できることが多いです。

おすすめ参考記事:税理士に決算申告のみ依頼するメリット&デメリット

 法人決算申告以外も依頼したい!税理士との「顧問契約」のメリットデメリットを知りたい方におすすめの記事

顧問税理士とは?依頼するメリットとおすすめの活用法についてご紹介

この記事では、顧問税理士の基本的な役割や提供するサービス、契約の種類から、信頼できる顧問税理士を依頼する方法まで、
企業が顧問税理士との有意義な関係を築くために必要な情報を網羅的に紹介します。

法人決算申告のみを依頼する際の注意点

法人の決算申告のみを税理士に依頼する場合にはいくつか注意点もあります。顧問契約の場合と比べて税理士に依頼する際の費用を抑えられるからといって安易に決算申告のみを依頼するのではなく、注意点も考慮した上で依頼するか決めることをおすすめします。

おすすめ記事:税理士に決算申告のみ依頼するメリット・デメリットとは

十分な節税を行えずに法人決算申告を迎えることがある

法人の決算申告のみを税理士に依頼する場合にはいくつか注意点もあります。顧問契約の場合と比べて税理士に依頼する際の費用を抑えられるからといって安易に決算申告のみを依頼するのではなく、注意点も考慮した上で依頼するか決めることをおすすめします。
例えば、設備投資の減価償却や役員報酬の調整などは一般的な節税手段ですが、これらの措置は決算時に急遽行うものではなく、事前の計画と届出が求められます。そのため、どの節税対策をどのタイミングで行うかは、税理士と日常的にコミュニケーションを取りながら、適切なアドバイスを受けることが大切です。

気をつけておきたい注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

さらに、決算申告のみを税理士に依頼した場合、1年間の会計処理を十分に検証する機会が減少します。税理士が年間を通じて会社の財務状況や事業活動の詳細を把握していない場合、効率的な節税策を立案することは困難になります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    法人決算に強い税理士については以下のサイトもおすすめです。

おすすめ参考記事:法人決算に強いおすすめの税理士一覧

法人決算申告後に税務調査があった場合、税理士が対応してくれない

決算申告のみを税理士に依頼する際の一つのデメリットは、税務調査への対応が含まれない場合があるという点です。税務調査は、税務署が納税者による申告内容が実際の事実に基づき適切に行われているかを検証するためのものです。もし税務調査で申告内容に不備が発見されれば、追加の課税が行われる可能性があります。

税理士が税務調査に立ち会う場合、調査前の準備をしっかり行い、調査当日は税務署との交渉を円滑に進めることができます。しかし、決算申告のみのサービスを利用していると、税務調査でのサポートが提供範囲外となることが多く、税務署からの質問や指摘に対して、適切に対応することが難しくなるリスクがあります。

経営アドバイスを受けることができない

多くの人が税理士の主な役割を、帳簿の記録と税務申告の実施に限定して考えがちですが、実際には税理士の業務範囲はこれらにとどまりません。税理士は会計と税務の専門家として、会社の経営戦略に対する貴重なアドバイスを提供することも可能です。

税理士と定期的なコミュニケーションを取ることで、資金繰りの改善や事業計画の評価など、具体的な経営上のアドバイスを受けることができます。さらに、特定の業界に詳しい税理士からは、その業界特有の情報共有も期待できます。
ただし、年に1度の決算申告のみで税理士との関係を築く場合、これら経営に資するアドバイスを得る機会はほぼなくなってしまいます。

おすすめ参考記事:決算申告を税理士に依頼したときの費用 – メリット・デメリットは?

合わせて読みたい「税理士なしで法人決算を行うときの注意点」に関するおすすめ記事

法人決算は税理士なしでもできる?自分で行う場合の注意点とリスクについて解説

この記事では税理士なしで法人決算申告を行う場合の注意点とリスクについて紹介しています。法人決算申告の費用を抑えようとして税理士なしでやろうと考える方もいるかもしれませんが、その分リスクや注意点があることも念頭に入れておくようにしましょう。

法人決算申告のみを依頼する際のおすすめの確認ポイント

法人の決算申告のみを税理士に依頼する際には、以下の5点を事前に確認しておくことをおすすめします。

おすすめの確認ポイント①:税理士の法人決算業務の範囲を確認する

売上が1,000万円を超える消費税の課税事業者の場合、消費税申告が必須になります。顧問契約を検討する際には、消費税申告が報酬に含まれているか、あるいは別途料金が必要かを確認することが大切です。この点を見落とすと予想外の追加費用が発生する可能性があります。
また、自社で記帳を完了しており、税務申告のみを税理士に委託する場合と、記帳業務から依頼する場合では、報酬が異なることがあります。記帳を含むサービスを求める場合は、その分の費用が加算されるため、事前に詳細を確認する必要があります。加えて、自社で行った記帳が不適切で修正が必要な場合には、その工数に応じて追加の報酬が発生することもあります。したがって、税理士に必要なチェックの範囲や程度についても、契約前に明確にしておくことが重要です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士に法人決算申告を依頼するにあたって、どこまでの業務を対応してくれるのかは異なります。特に過去分の仕訳が未了の場合には、追加で料金がかかることもあります。

おすすめ参考記事:税務顧問契約を締結すると、税理士はどこまでやってくれるの?

おすすめの確認ポイント②:税理士報酬について確認する

契約前に税理士から見積もりを取得することが重要です。税理士業界にも価格競争が見られ、税務申告のみの場合、比較的低コストでサービスを提供している事務所もあります。実際、安価な場合は数万円程度で税務申告を引き受けてもらえることもあります。

しかし、報酬は一般に会社の売上高に応じて変動し、税理士事務所がウェブサイト上で提示する「29,800円~」などの表示価格は、最低限の費用を意味することが多いです。実際の報酬は、会社の具体的な状況や必要なサービスの範囲によって高くなる可能性があるため、提示された見積もりの内容をしっかりと確認し、自社にとって最適なサービスを選択することが大切です。

合わせて読みたい「税理士に決算申告を依頼する時の費用」に関するおすすめ記事

税理士へ依頼する際の費用はいくらが相場?法人の場合について解説!

この記事では税理士へ依頼するときの費用の相場や、費用に応じた税理士へ依頼できることを紹介しています。

おすすめの確認ポイント③:決算間近でも可能なおすすめの節税対策はないか確認する

実際に成果を上げる節税対策を決算直前に考え始めても、時すでに遅しです。本格的な節税は、顧問税理士との継続的な相談と計画的なアプローチによって達成することができます。
顧問税理士によっては、会社の状況を踏まえた上で、最も効果的な節税策を提案してくれる方もいます。

しかし、これは決算期間直前に節税が全く不可能であるという意味ではありません。状況によっては、決算直前でも実施可能な節税対策が存在することもあります。そのため、どのような節税策が「今」からでも実施できるのかを顧問税理士と相談し、可能な限りの対策を講じることがおすすめされます。

おすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

決算直前での節税に関しては以下の記事もおすすめです。
《税理士が決算直前の節税対策を解説》3か月前に検討すべき方法と節税効果とは

おすすめの確認ポイント④:会計ソフトの対応状況を確認する

税務申告を税理士に依頼する際には、会計ソフトの互換性も前もって確認しておくことが重要です。税理士事務所によっては、特定の会計ソフトの使用を推奨されることがありますし、クラウドベースの会計ソフトへの対応がない場合もあります。

クラウド会計ソフトを使用していない事務所の場合、データの共有がオンラインで行えないため、申告期限が迫っている中での会計データのやり取りに余計な時間がかかることになります。これは、特に時間が限られている期間において、大きな負担となる可能性があります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    そのため、時間とコストの節約を考えるならば、会計ソフトの対応状況をしっかりと確認し、自社の使用しているシステムとスムーズに連携できる税理士を選択することが望ましいです。

参考:会計ソフトの業界シェアは?人気ソフトはどれ?

おすすめの確認ポイント⑤:顧問契約の内容を確認してみる

税理士に決算申告だけを依頼するのではなく、顧問契約を結ぶことには、実施可能な節税策の提案や経営に関する貴重なアドバイスを得られるなど、多岐にわたるメリットがあります。さらに、顧問税理士がいることで金融機関からの信頼が増し、融資を受けやすくなる効果がありますし、税務調査を受けにくくなるという利点もあります。

顧問契約を結ぶ際には、提供されるサービスの範囲とそれに対する報酬をしっかりと確認しておくことが重要です。自社の具体的な状況やニーズを詳細に伝え、どのような支援を受けられるのか、報酬はどのように設定されているのかを事前に把握しましょう。

顧問契約を通じて、経理業務の指導を受けることも可能です。例えば、売上や仕入れに関する定型的な会計処理の方法から、設備投資の際の資産計上や費用計上の判断など、非定型的な会計処理に関するアドバイスを受けることができます。これにより、企業は経営判断を社内で行う能力を高めることができます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    ただし一部の税理士は給与計算の業務もサポートしており、源泉徴収から年末調整までの手続きを代行してくれることがあります。このようなサービスを利用することも、顧問契約のメリットの一つです。

おすすめ参考記事:法人決算を自分でやるメリット・デメリットと判断基準・手順を解説

合わせて読みたい「税理士に法人決算を丸投げ依頼するときの方法と費用」に関するおすすめ記事

法人決算を税理士に丸投げ依頼するときの費用と方法を解説

この記事では決算申告を税理士へ丸投げ依頼するときの費用の相場について解説しています。費用を抑える方法についても記載しているので丸投げしたいけど費用を抑えたい方におすすめのサイトです。

決算申告で効率的に税理士とコミュニケーションのためのコツ

決算申告を成功に導くため、経営者と税理士間の明確で効率的なコミュニケーションが鍵です。具体的には、最初に期待値をはっきりさせ、必要書類の提出期限や情報共有のスケジュールを設定しましょう。また、決算手続きに関する定期的な進捗報告も重要です。

決算申告依頼において、税理士との期待値調整をする方法

期待値を明確にする際は、具体的なサービスの範囲、報告の頻度、決算申告の締切などを含めると良いでしょう。 例えば、「月次報告はどの程度詳細であるべきか」「決算資料の準備に必要なリードタイムはどれくらいか」など、具体的な質問を通じて期待を伝えます。これにより、双方の認識の齟齬を減らし、円滑なコミュニケーションを促進します。

一般的な税理士とのコミュニケーション頻度

税理士と顧問契約を結んでいる場合

顧問契約を結んでいる場合の、決算プロセス中の定期的な進捗報告は、通常、企業の規模や業務の複雑さに応じて変わりますが、一般的には月次または四半期ごとに行われることが多いです。進捗報告のスケジュールは、税理士との初期ミーティングで相談し、合意に至ることが重要です。これにより、決算準備の進行状況を把握しやすくなり、必要に応じて迅速に対応できます。

税理士に決算申告のみスポットで依頼する場合

一方で、決算申告のみを依頼する場合の、決算申告のみを依頼する際のスケジュールは、決算期末から数か月の期間を要することが一般的です。理想的には、決算期末の少なくとも2~3か月前には依頼を行うことが望ましいです。これにより、必要な書類の準備、資料のレビュー、申告書の作成に十分な時間を確保できます。

決算申告作業の具体的なイメージができると2~3か月前の期間が必要になることがわかると思うので以下の記事を参考にしていただくのがおすすめです。

おすすめ記事:freee税理士検索「決算申告のみ対応」

まとめ

法人の決算申告を税理士に依頼する際、顧問契約とスポット契約(決算申告のみの依頼)の二つの方法があります。顧問契約では月額報酬で節税対策や経営相談など幅広いサポートが受けられる一方で、スポット契約は決算申告のみを低コストで依頼できるメリットがあります。決算申告のみの依頼は、コスト削減や手間の軽減が見込めますが、節税対策や税務調査への対応、経営上のアドバイスなど顧問契約の提供する付加価値を受けられない点を考慮する必要があります。依頼前には、税理士との契約内容、報酬体系、会計ソフトの対応状況などを確認し、自社に最適な選択をすることをおすすめします。

税理士を探すのが大変と感じた方

今年、うちの会社を立ち上げて、来月には初めての決算期を迎えるんです。決算申告を税理士さんにだけ依頼するって可能なんでしょうか?
もちろん、決算申告の依頼だけでも大丈夫ですよ。決算申告業務は税理士の専門分野であり、多くの税理士が対応しています。特に初めての決算では、専門家のサポートを受けることをおすすめします。以下の記事などで、決算申告のみの依頼の場合の注意点を確認しながら進めていくのがおすすめですよ。
税理士に決算申告のみを依頼することはできるのか?メリット・デメリットを解説します。
なるほど、それは安心しました。でも、この機会に顧問契約を結んだ方がいいのかなとも思ったりして…
顧問契約を結ぶメリットとしては、税務調査への対応や、次期決算の節税対策など、継続的なサポートが受けられる点があります。もし今後の経営において税理士のアドバイスが必要と感じるなら、顧問契約を検討するのも一つの選択肢です。
そうですね、税務調査の対応や節税のアドバイスも考えると、顧問契約の方が安心かもしれませんね。じゃあ、いくつかの税理士さんと話を聞いてみます。ありがとうございました!

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう