失敗しない税理士の選び方とは?おすすめの探し方やポイントを解説

カテゴリー:

公開日:2024年2月

更新日:2024年4月23日

税理士の選び方と依頼について

税理士選びは、単に専門家を選ぶこと以上の意味を持ちます。税理士の業務範囲と、あなたの事業にとって何を依頼・実現したいかを知ることが、適切な選択への第一歩です。
税理士の選び方を紹介する前に、まずは税理士に依頼できるサービスとその選択における目的の重要性について詳しく説明します。
税理士の選び方について気になっている方はまずはこれを読んで税理士についての理解を深めることからおすすめします。

まずは「税理士の仕事」を理解しよう

多くの方が税理士の存在を知っているかもしれませんが、税理士の業務内容まで詳しく知っている方はそう多くはないのでしょうか。
税理士に依頼できる主要な業務には以下のものがあります。

税理士に依頼できる主要な業務名
記帳業務の代行
税に関する依頼相談
給与の計算
申告書の作成と提出
税務署への各種届け出

これに加えて以下の業務を依頼できることもあります。

税理士に依頼できるその他の業務名
経営に関するアドバイス
融資や助成金の申請支援
取締役会への参加
会社の株式評価や事業継続の戦略立案
資金調達のアドバイス
マイナンバー制度への対応

特定の分野に特化したサービスを提供する税理士や事務所も存在します。そのため、税理士の選び方を検討する場合には、自社の抱える具体的な問題点や課題・ニーズを明確にすることがおすすめです。

税理士の選び方を検討するにあたり、税理士に依頼できる業務内容について詳しく知りたい方は以下の記事もおすすめです。

税理士の選び方に関するおすすめ記事:
意外と知らない、税理士の選び方と判断のポイント。

合わせて読みたい「税理士に依頼できる業務」に関するおすすめ記事

税理士に依頼した方が良いおすすめの業務は?他の士業との比較あり!

この記事では、そんな税理士が提供可能な広範囲な業務の中から、特に依頼してみる価値のあるサービスをピックアップし、他の士業との業務範囲の違いとともに、税理士を選び、依頼する際のメリットを深掘りしていきます。

「目的」を明確に:税理士に依頼する理由

多くの経営者が現在依頼している税理士との契約に満足していない可能性があることもあります。
税理士に業務を依頼しても期待した成果が得られないのは、非常にもったいない状況です。

では、どのような選び方をするのが良いのでしょうか?
まず重要なのは、税理士に何を期待して業務を依頼しているのかという、税理士に依頼する目的を改めて考えることです。

不満が生じる主な原因は、依頼者の期待に税理士が応えられなかったことにあることが多いです。
このため税理士の選び方のポイントとしてまずは、依頼する目的、つまり「何を達成したいのか」を明確に定めることが肝心です。

税理士の選び方の基準として、年齢や費用などのその他の条件はその次に考えるべき事項です。
もちろん依頼する税理士の年齢や費用に関しても選び方の重要な基準であることは間違いないですが、それ以上に何を依頼したいかを明確に定めることが税理士の選び方としては最重要になってきます。

おすすめ記事:税理士に依頼するタイミングはいつ?依頼する目的と目安タイミングを解説

税理士の選び方の基準:どう選べば良い?

税理士の選び方としては、料金体系相性、提供可能なサービス範囲など、多角的な観点から判断することができます。ただし、料金や相性については、実際にサービスを利用してみなければ分からない側面があります。そのため、税理士を探し始める前に、選び方の基準を明確にしておくことが重要です。選択基準として考慮すべき具体的な条件は以下の通りです。

おすすめの基準①:税理士事務所の「所在地」と「規模」

税理士の選び方における重要な判断基準の一つが、対象となる税理士事務所の位置する場所です。事務所が地元にある場合、容易に直接会って話をすることが可能になります。特に、税理士と顧問契約を結んでいる状況では、互いの事務所が近いことで、頻繁にミーティングを依頼することができる可能性もあるため便利です。
さらに、地元の銀行や信用金庫からの情報や、地域に特化した補助金や助成金に関する情報を得やすいという利点もあります。

おすすめ記事:信頼できる税理士の選び方|依頼できる内容や探す方法も解説

一方で、最近では税理士とのやり取りをオンラインで行うことが一般的になっています。書類交換や連絡は郵送やメールで済ませることができ、記帳作業もクラウド会計ソフトを使用することで、対面での打ち合わせが不要な状況も増えています。もし「対面での頻繁な打ち合わせの依頼が不要である」「オンラインでのコミュニケーションを効率的だと考える」場合は、税理士の選び方の基準として、税理士事務所の所在地を重視しなくても大きな問題はないでしょう。

税理士事務所の大きさも選び方の基準としては重要です。税理士事務所には、単独で活動する個人事務所から多数の税理士を擁する法人まで、その規模は様々です。小さな事務所では、親密な雰囲気の中で気軽に質問や依頼相談ができる利点がありますが、扱える業務範囲や専門性には制限があるかもしれません。

反対に、複数の税理士が働く事務所では、経営に関する依頼相談から税務申告まで、より多岐にわたるサービスを提供してもらえる可能性があります。大きな規模の事務所では、M&Aや国際税務などの複雑な案件でも、専門知識を持った税理士から適切な助言を受けることができるでしょう。
税理士事務所の規模も選び方の基準として覚えておくことをおすすめします。

税理士の選び方に関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

税理士の選び方に関して、税理士事務所の規模や所在地について気になっている方は以下の記事もおすすめです。
失敗しない税理士の選び方とは?選ぶ基準やおすすめの探し方

おすすめの基準②:税理士の「得意ジャンル」と「熟練度・経験年数」

おすすめの選び方の基準の2つめは、各税理士の専門分野です。依頼する税理士によって得意とする領域や経験が異なり、「資金調達の支援を受けたい」と望んでいても、全ての税理士がそのニーズに応えられるわけではありません。同様に、会社の設立に関する経験が乏しい税理士にその業務を任せた場合、期待していたレベルのアドバイスが得られない可能性もあります。

おすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

税理士の選び方に関して「得意ジャンル」や「熟練度」について気になっている方は以下の記事もおすすめです。
おすすめ記事:税理士が語る良い税理士の選び方・探し方3つのポイント

多くの税理士事務所では、公式ウェブサイト上で得意とする分野やこれまでの成果を公開しています。これらの情報を参照し、自身の要望や必要とするサービスに適した税理士を選択することが重要です。

依頼する税理士の「得意ジャンル」と「熟練度・経験年数」もおすすめの基準の1つであることを覚えておくことをおすすめします。

合わせて読みたい「中小企業における税理士の選び方」に関するおすすめ記事

中小企業の税理士の選び方と税理士に依頼できることについて解説

この記事では中小企業における税理士の選び方と、中小企業において税理士と契約をする場合に依頼できる具体的な業務について紹介しています。

合わせて読みたい「スタートアップ企業において税理士に依頼できる業務とメリット」に関するおすすめ記事

スタートアップに税理士は必要?依頼できる業務とメリットを徹底解説

この記事ではスタートアップ企業において税理士に依頼できる業務と、スタートアップ企業が税理士に依頼することのメリットについて紹介しています。

おすすめの基準③:税理士費用が明確か

おすすめの選び方の基準の3つめは、顧問料を含む費用の透明性です。通常、税理士との顧問契約には顧問料の他に、決算申告や記帳代行など特定の業務に対する費用が別途設定されていることが多いです。また、企業の規模や訪問の頻度に応じて費用が変動する場合もあります。

こちらの記事でも解説されている通り、依頼前に費用とサービスの詳細をしっかりと把握しておかないと、「安価な費用設定だったが、必要な依頼相談に応じてもらえなかった」「打ち合わせが予想外の追加費用になった」「後から追加料金が発生したことを知らされた」といった問題が生じることがあります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    顧税理士を選定する際には、サービス内容とそれに伴う費用の内訳を事前に明確にすることが必須です。

顧問税理士の選び方に関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめの記事

顧問税理士の選び方に関するポイントとしては以下の記事もおすすめです。

おすすめ記事:顧問税理士の選び方とは?知っておくべき8つのポイント

信頼できる税理士の探し方

税理士に依頼したい業務が具体的に決まったら、次は適切な税理士を見つける作業に移ります。税理士の選び方としては主に以下の方法があります

知人や銀行から紹介してもらう

税理士の選び方として既存の知人や取引のある銀行からの紹介を受ける方法は、非常に一般的です。この選び方を取る最大の利点は、紹介される税理士事務所について、事前にその評判や実績を確認できることにあります。
その結果、自分自身で探す場合に比べて、より安心して依頼先を決定することが可能になります。また、紹介を通じて顧問契約を結ぶと、初月の顧問料が割引される、キャッシュバックがあるなどの特典を提供している税理士事務所も存在します。
これらの理由から、税理士の選び方として知人や銀行から紹介してもらうこともおすすめです。

合わせて読みたい「税理士の探し方」に関するおすすめ記事

良い税理士の探し方とは?おすすめの方法や依頼時のポイントも紹介

この記事では、税理士の良い税理士の探し方について、様々な観点から紹介を行っています。起業したてで「これから税理士をつけたいんだけど、どう探せば良いかわからない…」と考えている方に特におすすめです。
 

税理士紹介サイトなどインターネットで調べる

インターネットで直接税理士事務所を検索する探し方は、最も手軽で効率的な税理士の選び方の一つです。かつては地元の税理士事務所を直接訪問したり、電話帳で検索したりする探し方が一般的でしたが、インターネットの普及により、今日ではより容易に、そして広範囲から税理士事務所を探すことが可能になりました

検索方法を工夫することで、自社に最適な税理士を見つけることができるのがインターネット検索という探し方の大きなメリットです。

探し方の例としては「地域名 + 税理士事務所」で検索すれば、地元の事務所に絞って情報を収集できますし、「業種名 + 税理士事務所」で検索することで、特定の業界に精通した税理士を見つけることができます。さらに、ウェブサイト上の情報や利用者の口コミを参照することで、各事務所の実績や評判を比較検討することも可能です

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士の選び方を考えるにあたってfreee税理士検索というサービスも参考になるかもしれません。選び方を迷っている方は一度見てサイトをのぞいてみることをおすすめします。

相性の良い税理士の選び方

適切な税理士を選択することは、事業の成功に直結します。その選択をする際、考慮すべき三つの重要なポイントがあります:相性の良さ対応の速さ、そして業界知識の深さです。これらの要素は、事業主と税理士の関係を構築し、事業のニーズに最適なサポートを受けるために不可欠です。

選び方のポイント①:自分と相性や考え方が合うか

選ぶ税理士との相性や価値観の一致は、選択プロセスにおいて非常に重要な要素です。事業主にとって税理士は、単に税務の専門家ではなく、ビジネスを共に進めるパートナーとも言えます。そのため、今後長期にわたって良好な関係を築き、ストレスなくコミュニケーションが取れるかどうかは、見極めなければならない重要なポイントです。

依頼を考える段階で、可能であれば直接会って話をしてみることが推奨されます。その際には、話しやすさや価値観の一致、考え方に大きな違いがないかを確認することが重要です。「価値観が合わない」「同じ目標を持っていても捉え方が異なる」と感じる場合、将来的に重要なビジネス上の意思決定や依頼相談をする上で困難が生じる可能性があります。

税理士の選び方のポイントについては以下の記事もおすすめです

税理士の選び方に関するおすすめ記事
税理士が教える税理士の選び方。失敗しない12のチェックリスト

選び方のポイント②:税理士が素早く対応してくれるか

選ぶ税理士の対応速度を重要視することは、ビジネス運営において必須です。「税に関する質問をしても返答が遅れる」という状況は、不要なストレスを生み出し、経営上の判断を遅らせる原因にもなりかねません。特に、税務署からの税務調査の通知など、緊急性が要求される場面で顧問税理士と連絡が取りにくい場合は、大きな問題です。

対応速度については、事前に税理士事務所への問い合わせを通じてある程度評価することが可能です。電話の場合は、原則としてその日のうちに、メールの場合は次の日までには返信があるかどうかをチェックすることで、その事務所のコミュニケーションの迅速さを見極めることができます。返信が遅れる場合、迅速なコミュニケーションを期待するのは難しいかもしれません。

税理士の選び方のポイントについては以下の記事もおすすめです

税理士の選び方に関するおすすめ記事
いい税理士の選び方は?押さえたいポイント7つとダメな税理士の特徴も解説

選び方のポイント③:自社の業界・業種への知識があるか

業界特有の習慣、決算処理の方法、法的規制などは、ビジネスを取り巻く重要な要素です。税理士が依頼者の業界に関する知識を持っていない場合、提供されるアドバイスが実情に即していなかったり、最適な節税措置を逃したりするリスクがあります

そのため、税理士に業務を依頼する前に、その税理士や事務所が自社の業界や業種での経験があるかどうかを確認することが重要です。業界に精通している税理士であれば、業界特有の課題に対する的確なアドバイスや、効率的な節税策を提案してくれる可能性が高くなります

合わせて読みたい「IT業界に強い税理士の特徴と選び方」に関するおすすめ記事

IT業界に強い税理士の特徴と選び方のポイントについて解説!

この記事ではIT業界に強い税理士の特徴やIT業界に強い税理士の選び方に関するポイントを紹介しています。「ITツールの導入に積極的かどうか」「担当する税理士が若いか」などIT業界に強い税理士の特徴を具体的に紹介していますので、IT事業者の方はぜひご覧ください。

税理士の選び方とおすすめの選択基準

税理士への報酬体系とサービス内容を理解することは、費用対効果の高いパートナーシップを築くために不可欠です。ここでは、税理士に支払う報酬の種類と、提供されるサービスの範囲について深掘りしていきますこの知識をもとに、自社の状況に最も合致する税理士事務所の選定が可能になるのでおすすめです

税理士報酬

税理士への支払いは、「記帳代行料」「月次顧問料」「申告料」「その他の手数料」の四つに大きく分けられます。ここでいう「その他の手数料」とは、税務調査の同席や会計ソフトの導入支援などの特別なサービスに関する費用を指します。

費用を抑えたい場合、最も直接的な方法は必要なサービスを選択的に受けることです。つまり、経費削減を目指す場合は、サービス内容を厳選する必要があります

費用を特に重視する際には、希望するサービス内容を複数の税理士事務所に伝え、見積もりを比較することを推奨しますこれにより、同じサービスをよりリーズナブルな価格で提供している事務所を見つけることが可能になります

また、税理士が訪問する際には、距離に応じて追加の交通費が発生することがありますので、この点も予め確認しておくと良いでしょう。

税理士の報酬相場に関しては以下の記事もおすすめです。
おすすめ参考記事:税理士が明かす「良い税理士の選び方」完全ガイド

合わせて読みたい「税理士の選び方や費用」に関するおすすめ記事

税理士へ依頼する際の費用はいくらが相場?法人の場合について解説!

この記事では税理士へ依頼するときの費用の相場や、費用に応じた税理士へ依頼できることを紹介しています。税理士の選び方に関して費用を考慮しないという方はほぼいないかと思います。「税理士に依頼するにはどのくらい費用がかかるのか?」「税理士の選び方に関して費用はどれくらい影響があるのか」などについて気になっている方におすすめです。

サービス内容(税理士の業務を把握)

各税理士事務所は、所長税理士の方針に基づき、多様な特色を打ち出しています。確かに、税理士に支払う報酬は低い方が望ましいと一般に考えられています。例えば、申告業務のみを委託してコストを抑えることは有効な戦略ですが、申告書提出直前に予期せぬ高額な納税額を知らされるケースや、税務調査時に「当事務所は申告書の作成のみで、内容の確認は行っていない」といった対応をされる事例もあると聞きます。

合わせて読みたい「マイクロ法人における税理士の選び方」に関するおすすめ記事

マイクロ法人は税理士に依頼すべき?会社設立からおすすめの税理士の選び方解説

この記事ではマイクロ法人において税理士に依頼すべきかどうか、及び税理士の選び方のポイントについて解説しています。

税理士事務所が提供可能なサービスは広範にわたります。具体的には、以下のようなサービスが含まれます。

税理士の業務一覧
業務名 業務内容
記帳代行 領収書や請求書の整理を含む
月次監査 税務上の問題がないかの確認
申告業務 税務署などへの法定資料の作成と提出
決算前の税額予測や予算作成
経営助言 コンサルティングサービス
個人のファイナンシャルプランニング 相続税の試算を含む
資金繰りの助言や融資の斡旋
税務、法務、人事、経営学などの情報提供
税務依頼相談
税務調査の際の立会い
その他 経営会議への参加、各種セミナーの開催など

これらのサービスを理解し、自社のニーズに合わせて適切な税理士や事務所を選択することが、成功への鍵となります。

なお、本記事では法人が税理士を選ぶにあたっての選び方を検討するためのポイントを解説してきましたが、個人事業主の場合における税理士の選び方については以下の記事がおすすめです。

税理士の選び方に関するおすすめ記事
個人事業主に最適な税理士の探し方とは?失敗しないためのポイント

税理士を探すのが大変と感じた方

最近、会計ソフトでの入力作業が増えてきて、もう自分だけで対応するのが難しくなってきました。税理士さんを探しているんですけど、どんな基準で選んだらいいのか悩んでいて…。
税理士を選ぶときは、まずその税理士が得意とする税金の分野や、どれくらいの経験があるのかをチェックするといいですよ。また、ご自身の事業所のある地域で対応してくれるか、そしてもちろん費用も重要なポイントになります。
なるほど、税理士にも得意不得意な分野があるんですね。
そうですね。そして何よりも、あなたの事業を理解してくれて、相談しやすいかどうかの相性も非常に大切です。無料の初回相談を利用してみて、直接話をしてみるのも一つの方法です。自分のビジネスに合った税理士を見つけるためにも、じっくりと選んでくださいね。選ぶ時は以下の記事も参考になるので読んでいただくのがおすすめです。
税理士の探し方がわからない方必見!おすすめの探し方7選を紹介

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう