IT業界に強い税理士の特徴と選び方のポイントについて解説!

カテゴリー:

公開日:2024年4月

更新日:2024年5月16日


IT業界は日々の業務がスピードを要求されるため、会計処理は専門の税理士に依頼することが望ましいです。
IT業界に精通した税理士を選べば、ソフトウェアといった無形資産のコスト管理を適切に行うことができ、よりビジネスに集中することが可能です。

また、クラウド会計ソフトを駆使して業務を効率化している税理士の場合、比較的安価な月額の顧問料でサービスを提供している点も大きな利点です。 本記事では、IT業界に特化した実績豊富な税理士の選び方のポイントとおすすめの税理士を紹介しています。

目次

  1. IT業界に強い税理士を探すのが大変な理由
  2. IT業界に弱い税理士にはどんな特徴がある?
    1. IT業界に弱い税理士の特徴1:税理士の年齢が高齢
    2. IT業界に弱い税理士の特徴2:連絡手段が電話もしくは対面のみ
    3. IT業界に弱い税理士の特徴3:新しい分野の顧問をしたことがない
  3. IT業界に強い税理士の選び方のポイント
    1. IT業界に強い税理士の選び方1:ITツールを利用している
    2. IT業界に強い税理士の選び方2:クラウド会計ソフトを利用している
    3. IT業界に強い税理士の選び方3:資金調達支援に強い
    4. IT業界に強い税理士の選び方4:法人化のサポートができる
    5. IT業界に強い税理士の選び方5:IT業界の顧問実績が豊富
    6. IT業界に強い税理士の選び方6:税理士の年齢が若い
  4. IT業界の経理・税務上の注意点
  5. IT業界の経理処理のポイント
    1. IT業界の経理処理のポイント1:領収書の保管
    2. IT業界の経理処理のポイント2:開業準備費の処理
    3. IT業界の経理処理のポイント3:減価償却資産
    4. IT業界の経理処理のポイント4:法的要件の遵守
  6. IT業界特有の雇用形態から生じる税金
    1. システムエンジニアの業態と税金
    2. 課される税金
  7. IT業界の税務調査の注意点
    1. 1. 下請け業者の契約形態の明確化
    2. 2. 証拠の保持と整理
    3. 3. 会計ソフトウェアの利用
  8. IT業界で税理士が不要な場合と依頼するタイミング
    1. IT業界において税理士が不要なケース
    2. IT業界において税理士に依頼する適切なタイミング
  9. まとめ:IT業界に強い税理士に依頼して事業に集中しよう!

IT業界に強い税理士を探すのが大変な理由

「クラウド」という言葉が普及し、会計ソフトにも大きな変化が見られるようになりました。
従来の「弥生会計」、「JDL」、「PCA会計」など多様な製品がありますが、「freee」や「MFクラウド」などクラウド型のソフトウェアが導入されたことで、税理士事務所と企業の間での記帳データの確認や更新が以前より格段に容易になりました。

税理士事務所の中にはITを取り入れる事務所が増えていますが、全体としてはまだアナログな側面が強い業界です。税理士の平均年齢が60歳を超える中、手書きで記帳を続ける事務所も少なくありません。しかし、効率と正確性を追求するならば、パソコンやインターネットの使用が望ましいでしょう。

おすすめ記事:IT業界に詳しい税理士紹介

IT業界に弱い税理士にはどんな特徴がある?

IT業界に詳しいことが、税理士の信頼性を高める要素となり得ます。そこで、税理士の選び方においてIT業界に弱い税理士を見極めるためにも、IT業界に弱い税理士の主な特徴について解説します。

IT業界に弱い税理士の特徴1:税理士の年齢が高齢

全てに該当するわけではないものの、高齢の税理士の中にはITスキルが低い方が多いことがあります。
特に、事務所や法人に若手スタッフがおらず、デジタル化が進んでいない傾向にある場合が見られます。

多くはPCやタブレットなどのITツールに対して苦手意識を持ち、伝統的な方法へのこだわりが強いためです。

しかし、実際には使い始めればそれほど難しくないツールやシステムも多いにも関わらず、それを採用しない税理士は、将来的に生産性や成長の機会を逃す可能性があります。

IT業界に弱い税理士の特徴2:連絡手段が電話もしくは対面のみ

連絡手段が電話や対面のみに限定されている場合も、ITスキルの不足が原因と見られます。
互いの都合が合わない時や緊急の相談が必要な場合、メール、ビデオ通話、チャット会議ツールを活用することでスムーズに対応が可能です。

しかし、これらの現代的な手段を使いこなせない税理士では、税務や会計の問題に迅速に対応することが難しく、結果として顧客の不満の原因となることがあります。

IT業界に弱い税理士の特徴3:新しい分野の顧問をしたことがない

新しい分野の顧問経験がない税理士は、ITスキルが低いと考えられます。社会の変化や顧客の要求に応じるためには、ITの利用が欠かせません。
長年従来の方法で業務を続けている税理士は、視野が狭まりがちで、ITツールやシステムを活用する顧客のニーズに対応するのが困難になることがあります。

また、IT系の補助金申請などにも不慣れな税理士が多いため、契約前にそのような補助金の申請経験を確認することも有効です。

おすすめ記事:【税理士監修】税理士がITに弱いなら税理士変更できる?ITに強い税理士とは?資格やサポート内容 – 小谷野税理士法人(旧のびよう会計)

合わせて読みたい「税理士の選び方」に関するおすすめ記事

失敗しない税理士の選び方とは?おすすめの探し方やポイントを解説

この記では税理士の選び方に関するポイントについて詳しく解説しています。また、税理士の選び方だけでなく、どのように税理士を探せば良いのかという具体的な方法についても紹介しています。

IT業界に強い税理士の選び方のポイント

IT業界に強い税理士の選び方1:ITツールを利用している

IT業界に精通している税理士は、自然と業務にITツールを活用しています。
例えば、面談にはZoomを用い、クライアントとのやり取りにはChatworkやSlackを活用し、ファイル共有にはGoogleドライブを使用するのが一般的です。
ただ、現在では多くの事務所が何らかのITツールを導入しているため、IT業界に強い税理士の探し方を検討する際においてはこれだけで判断するのではなく、他の要素と合わせて検討することが重要です。

おすすめ:ITにノウハウを持つ東京都の税理士一覧

IT業界に強い税理士の選び方2:クラウド会計ソフトを利用している

クラウド会計ソフトの導入も、IT業界に精通した税理士の間で一般的です。例えば、freee、弥生会計オンライン、MFクラウドなど、これらの名前を一度は耳にしたことがあるでしょう。クラウド会計ソフトを利用している税理士であれば、インターネットに接続している限り、いつでも記帳業務を行うことが可能で、情報の共有も迅速に行えます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    多くの事務所がこれらのツールを導入しているため、クラウド会計ソフトの有無だけでなく、他の特徴も検討し、自身に最適なIT業界に強い税理士を選ぶことが重要です。

IT業界に強い税理士の選び方3:資金調達支援に強い

IT業界ではシステム投資や開発費用のために資金調達が必要になることがあります。このような場合、資金調達支援の経験が豊富な税理士に依頼すると安心です。

税理士はIT業界におけるビジネスモデルの構築支援から、融資申請のための書類作成まで幅広い支援を提供します。例えば、公庫融資を受けたいときには、公庫担当者との面談にも同席してくれる税理士は特に心強いでしょう。

また、国の補助金や助成金制度は毎年更新されるため、税理士が最新の情報を持っているかどうかもチェックするべきポイントです。初めての無料面談や事前のメール交換を通じて、このような情報を確認すると良いでしょう。

おすすめ記事:IT業界に強い税理士おすすめ9選!資金調達や法人成りもサポート

IT業界に強い税理士の選び方4:法人化のサポートができる

新規事業を立ち上げるIT業界の企業にとって法人化の手続きは非常に複雑なプロセスです。手続き全体を税務の専門的な観点から支援してくれる税理士を見つけることで、より円滑に事業を運営することが可能です。

合わせて読みたい「マイクロ法人における税理士の選び方」に関するおすすめ記事

マイクロ法人は税理士に依頼すべき?会社設立からおすすめの税理士の選び方解説

この記事ではマイクロ法人において税理士に依頼すべきかどうか、及び税理士の選び方のポイントについて解説しています。

IT業界に強い税理士の選び方5:IT業界の顧問実績が豊富

IT業に詳しい税理士は通常、同業界の顧問としての豊富な実績を持ち、業界特有の事業内容に精通しています。このため、彼らは的確な経営サポートを提供することができます。

IT業界での顧問経験が豊富であるかどうかは、税理士がその業界に精通しているかを判断する上で、他のどの要素よりも明確な指標となります。

税理士を選定する際には、この点をしっかりと確認することが重要です。

IT業界に強い税理士の選び方6:税理士の年齢が若い

税理士資格を取得した時点で、すでにITツールやクラウド会計ソフトの使用が一般的である若手税理士は、年配の税理士に比べてIT業に強い傾向があります。これにより、レスポンスが迅速で、コミュニケーションがスムーズに行われます。しかし、税理士の平均年齢が60歳を超えている現状では、20代や30代の若手税理士は相対的に少ないのが実情です。

そのため、効率的でスムーズなコミュニケーションを重視する場合は、自身の担当税理士が若いかどうかにも注目して選ぶことが有益です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    若手税理士は新しい技術やツールへの適応が早く、時代に即したサービス提供が期待できます。

    IT業界に強い税理士の特徴の一つとして税理士の年齢が若いことも押さえておきましょう。

おすすめ記事:IT業に強い税理士の特徴と依頼するタイミングについて解説

合わせて読みたい「スタートアップ企業において税理士に依頼できる業務とメリット」に関するおすすめ記事

スタートアップに税理士は必要?依頼できる業務とメリットを徹底解説

この記事ではスタートアップ企業において税理士に依頼できる業務と、スタートアップ企業が税理士に依頼することのメリットについて紹介しています。

IT業界の経理・税務上の注意点

IT業界の経理処理のポイント

IT業界に強い税理士の選び方のポイントとともに、IT業を開業し、効率的に経理処理を行う上で重要なポイントはいくつかあります。以下に主要な事項をまとめました。

IT業界の経理処理のポイント1:領収書の保管

成果物が目に見えにくいIT業界では税務調査が厳しくなる傾向にあります。そのため、開業前からすべての領収書を保管しておくことが重要です。
これには開業準備中にかかる費用も含まれ、後に経費処理の根拠となります。

IT業界の経理処理のポイント2:開業準備費の処理

IT関連のセミナーや打ち合わせ、名刺やホームページ作成など、開業に向けた様々な経費が発生します。
これらは開業準備費として経費処理可能な場合がありますので、関連する支出はすべて記録しておくことがポイントです。

IT業界の経理処理のポイント3:減価償却資産

パソコンやサーバなどの重要な機材は、減価償却資産として取り扱われます。
これらは高価な投資が必要な場合も多く、長期間にわたって使用されることが前提です。そのため、定められた期間に合わせて毎年の経費として計上することが必要です。

IT業界の経理処理のポイント4:法的要件の遵守

開業届けと青色申告書の提出が必要です。個人事業主として開業する際にはこれらの書類を提出し、青色申告を選択することで最大65万円の特別控除を受けられる可能性があります。
また、赤字が出た場合には翌年度への繰り越しを利用して税負担を軽減できます。

これらのポイントを押さえることで、開業後の経理処理がスムーズに進み、税務上の問題を未然に防ぐことができます。IT業界でのビジネスは変動が激しいため、適切な経理管理が事業成功の鍵を握ります。

おすすめ記事:IT・WEB・システム開発に強い税理士紹介

IT業界特有の雇用形態から生じる税金


IT業界では多様な職種と雇用形態が存在し、それに伴い異なる税制が適用されます。ここでは、特にシステムエンジニアに焦点を当てて、その業態ごとの課税について掘り下げます。

システムエンジニアの業態と税金

雇用契約システムエンジニア

通常の雇用契約に基づくシステムエンジニアは、企業の正社員として所得税と住民税を納税します。彼らの給与は給与所得として処理され、一般的なサラリーマンと同じ税制が適用されます。

フリーランスシステムエンジニア

フリーランスとして活動するシステムエンジニアは、雇用契約に依存しないため、異なる税金が適用される可能性があります。フリーランスには主に以下の二つのカテゴリがあります。

企業常駐型フリーランスシステムエンジニア

これらのエンジニアは企業に常駐し、企業のプロジェクトに直接貢献します。彼らは秘密保持などの規定下で作業を行い、通常、契約に基づいて報酬を受け取ります。

在宅型フリーランスシステムエンジニア

在宅で作業を行うエンジニアは、リモートで企業から委託されたプロジェクトを受け、成果に応じて報酬を得ます。彼らの働き方は柔軟性が高いです。

おすすめ記事:ITに強いおすすめの税理士一覧

課される税金

雇用契約システムエンジニア
所得税と住民税の納付が必要です。

フリーランスシステムエンジニア
契約形態によって異なりますが、以下の税金が課税される可能性があります。

準委任契約

所得税と住民税が課税され、売上が前々年度で約1,000万円を超える場合は消費税も対象となります。ただし、個人事業税は基本的に課税対象外です。

請負契約

所得税、住民税に加えて、個人事業税と消費税が課税されます。これにより、所得に応じた多様な税負担が生じる可能性があります。

システムエンジニアとして活動する上で、自分の契約形態を正確に理解し、適切な税務申告を行うことが重要です。各種契約に応じた税制の理解は、効率的な財務管理と法的なトラブル回避に不可欠です。

おすすめ記事:IT・WEB・システム開発に強い税理士紹介

IT業界の税務調査の注意点


IT業界における税務調査は、その複雑性から不安を感じる方も多いかもしれません。IT業界における税務調査に際して特に注意すべきポイントについて以下にまとめました。

合わせて読みたい「税理士変更と税務調査」に関するおすすめ記事

税理士変更で税務調査の対象になる?税務調査の注意点について解説

この記事では税理士を変更することによる税務調査への影響について解説しています。「税理士の変更によって税務調査に影響があるのではないか?」と不安に思う方も多いかと思います。税理士変更のタイミングなどポイントを解説していますのでぜひ一度ご覧ください。

1. 下請け業者の契約形態の明確化

IT業界で事業を展開している際には、しばしば外部の個人事業主に案件を委託することがあります。これらの業者が個人事業主である場合、彼らへの支払いが給与としての支出なのか、あるいは外注費としての支出なのかを明確に区別することが重要です。

給与としての支払い:給与として支払いを行った場合、通常の給与所得として扱われ、消費税の対象となり得ます。これは、支出全体に対する税負担が増加することを意味します。

外注費としての支払い:外注費としての支払いの場合、支払った金額に含まれる消費税を差し引くことができ、結果的に納税額が減少します。

2. 証拠の保持と整理

証拠の保持:税務調査の際、取引の性質を証明するための資料や契約書、支払いに関する記録などを整然と保持しておくことが重要です。これには、発注書、契約書、請求書、領収書などが含まれます。

明確な契約書:特に個人事業主への支払いに関しては、業務の内容、報酬の条件、業務の期間などを明確にした契約書を事前に用意しておくことが望ましいです。これにより、税務調査時にその支払いがどのような性質のものであるかを容易に説明できます。

おすすめ記事:IT業界に強い税理士【口コミ・料金で比較】

3. 会計ソフトウェアの利用

会計ソフトウェア:会計ソフトウェアやクラウド会計ツールを活用することで、取引の記録を自動で整理し、適切に保管することができます。これにより、税務調査の準備が容易になり、必要な情報へのアクセスが迅速に行えます。

これらの点に留意し、事前に準備を整えておくことで、税務調査における不必要な疑問を避け、スムーズな調査を実現することが可能になります。

IT業界で税理士が不要な場合と依頼するタイミング

IT業界で事業を運営している際に、税理士を必要としないケースや適切な依頼タイミングについて整理しました。

IT業界において税理士が不要なケース

十分な売上がない場合

小規模なIT事業でまだ売上が少ない段階では、税理士に高額な報酬を支払うことが経済的負担になる可能性があります。このような場合、税理士に依頼することで生じる費用が収益を上回ることも考えられます。

節税効果が期待できない場合

売上が少ないと、節税対策を施しても大きな節税効果は期待できません。そのため、売上が低い初期段階では自ら経費を管理し、必要な税務知識はインターネットなどから得ることが推奨されます。

自己管理が可能な場合

クラウド会計ソフトなどを活用して、自身で帳簿記録や経費管理を行うことができれば、初期段階では税理士の必要性が低いかもしれません。

おすすめ記事:ITにも強い次世代税理士とは

IT業界において税理士に依頼する適切なタイミング

売上が一定水準に達した場合

例えば、売上が800万円から1,000万円に達し、経済的に余裕ができた時点で税理士との顧問契約を検討するのが良いでしょう。

社会的信用の構築や資金調達を考慮する場合

法人化を検討し始めたり、資金調達が必要になったりする場合、専門的なアドバイスが求められます。これらのプロセスで税理士のサポートが非常に役立ちます。

消費税の課税事業者となる場合

年間の課税売上高が1,000万円を超えると、消費税の課税事業者となり、インボイス制度など新たな税務上の課題が生じます。これらの複雑な問題を専門家として扱うことで、正確な税務処理が可能になります。

事業規模の拡大を目指す場合

事業が拡大し、より多くの税務対策や法的対応が必要になる段階で、税理士の専門的な知識とサポートが不可欠です。

各事業主が直面する状況によって、税理士に依頼するタイミングは異なります。これらの選び方のポイントを参考にしながら、自身の事業に最適な選び方を選択しましょう。

また、事業が成長するにつれて、専門的な支援が必要になる可能性も高まるため、早めに適切な税理士を探すことがおすすめされます。

おすすめ記事:IT業界に強い税理士25選!依頼するメリットや税理士の選び方も解説

まとめ:IT業界に強い税理士に依頼して事業に集中しよう!

IT業界に特化した税理士に会計や税務の業務を依頼することには多くのメリットがあります。これは、システム開発、Webサービス、またはネットビジネスを展開する起業家や既存の事業者にとって特に重要です。
この記事で紹介してきたIT業界に強い税理士の特徴や選び方のポイントを踏まえながら最適な税理士に依頼するようにしましょう。

税理士を探すのが大変と感じた方

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう