会社設立時に税理士は必要?依頼するメリットとおすすめのタイミングとは

カテゴリー:

公開日:2024年3月

更新日:2024年4月19日

会社設立時に税理士に依頼することは、多くの創業者にとっておすすめな選択肢です。税理士などの専門家の支援を受けることで、税務申告や資金調達、経理管理などの面でスムーズな事業運営を実現できます。しかし、税理士への依頼にはメリットとデメリットがあり、これらを理解することが重要です。本記事では、税理士に会社設立を依頼するメリットとデメリット、会社設立を依頼するおすすめのタイミング、会社設立を依頼するときの税理士の選び方について詳しく解説します。

会社設立時に税理士に依頼するメリットとは?

ここでは税理士に会社設立を依頼するメリットについて解説します。

一見すると「会社設立は税理士に依頼してもしょうがないのではないか?」と思われるかもしれません。確かに会社設立時に必要となる登記手続きは税理士に依頼することはできず、多くの場合司法書士に依頼することとなります。
しかしながら、会社設立の手続きには税務関係の手続きもあります。このような手続きは税務の知識も必要であることから、税理士に会社設立の手続きを依頼することもおすすめの選択肢です。

おすすめ記事:会社設立に税理士は必要?利用しないと損する理由や費用・選び方を解説

会社設立時に税理士に依頼するメリットとしては以下のようなものがあります。

税理士に依頼するメリット①:会社設立するタイミングやおすすめの法人形態について助言をもらえる

会社設立を考える際、税理士へ依頼することは非常におすすめです。なぜなら、税理士に依頼することで、会社設立のタイミングや法人形態に関して専門的な助言を得られるからです。 特に、個人事業主と法人の税金面での違いを理解することは、会社設立を検討する上で重要です。法人設立には、所得税よりも低い法人税の累進税率上限や、給与所得控除額が青色申告特別控除額よりも大きいなどのメリットがあります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    これらの税制メリットを最大限に活用するためには、税理士へ会社設立を依頼することがおすすめです。

税理士は、会社設立時における税負担の軽減策や、法人ならではの節税方法についても助言を提供できます。しかし、法人化に伴う社会保険料の増加や、許認可の引継ぎなどの問題も指摘します。 会社設立を検討する際には、これらの複雑な問題を総合的に考慮し、税理士に依頼して適切なアドバイスを受けることがおすすめです。

このように、会社設立を成功させるためには、税理士への依頼が欠かせません。 税理士は会社設立の手続き、ひいてはその後の会社経営をスムーズに進めるための重要なパートナーであり、税理士に会社設立に関する税務手続きを依頼することで、面倒な会社設立の手続きを円滑に進めることが期待できます。

会社設立に関するおすすめ参考記事

会社設立前や設立後に税理士は必要なのか?メリット・デメリットをご紹介

会社設立前と設立後に分けて、それぞれどういう時に税理士への依頼が必要になるのかを知りたい場合におすすめの記事です。

税理士に依頼するメリット②:会社設立に必要な手続きを代行してくれる

会社設立に際して、税理士への依頼は多くのメリットをもたらします。特に、会社設立に必要な煩雑な手続きを税理士が代行してくれる点は、非常におすすめのポイントです。会社設立時に提出が必須の法人設立届出書や青色申告承認申請書、さらには給与支払事務所等の開設届出書など、膨大な届出書類の準備と提出は、多くの創業者にとって重大な負担となり得ます。
これらの会社設立の手続きを一人で担う代わりに、専門的な知識と経験を持つ税理士に依頼することで、会社設立の手続きをスムーズに進めることが可能です。

合わせて読みたい会社設立に関するおすすめサイト

IDEMAE|会社設立手続きのやり方や、必要書類、費用に関する記事の一覧

このサイトでは会社設立手続きのやり方や、必要書類、費用について解説しています。会社設立に必要な書類についてわかりやすい記載例を用いて解説されているので、税理士に会社設立の手続きを依頼するまえに、手続きの概要や必要書類について知っておきたい方におすすめです。
税理士_会社設立_依頼_おすすめ_IDEMAE

税理士への依頼を通じて、会社設立に伴う税務関連の届出はもちろん、提携の社労士に健康保険や厚生年金保険新規適用届、労働保険保険関係成立届など、社会保険関連の手続きも含め、全ての必要書類の作成と提出を代行してもらえるのは、創業期における大きな安心材料となります。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    また、税理士は会社設立後も、顧問契約を通じて継続的なサポートを提供してくれるため、税務に関する様々な疑問や問題に迅速に対応できる体制を整えることができます。

おすすめ記事:【会社設立後の手続き税務編】税務署・自治体で行う6つの手続きと必要書類

さらに、会社設立の手続きを円滑に進めるためには、税理士だけでなく、司法書士や行政書士、社会保険労務士といった複数の専門家との協力が不可欠です。税理士に依頼することで、これらの専門家が連携し、会社設立に必要な手続きの全てをワンストップで代行してもらえる可能性があるのは、創業者にとって非常におすすめの選択肢です。会社設立の際には、専門家への依頼を積極的に検討し、煩雑な手続きから解放されることで、よりビジネスに集中することが可能になります。

会社設立の手続きについて気をつけておきたい注意点

税理士
        _依頼_おすすめの注意点

健康保険や厚生年金保険新規適用届、労働保険保険関係成立届など、社会保険関連の手続きの代行を税理士に直接依頼することはできません。なぜなら社会保険関連の手続きの代行は社労士の独占業務であるからです。
ただ、依頼している税理士に提携の社労士がいれば紹介してもらえる可能性が高いので、良い社労士を探す手間を省くことができます。

おすすめ参考記事:会社設立に税理士は必要?依頼するメリット・タイミングを解説

税理士に依頼するメリット③:役員報酬の金額についてアドバイスをしてもらえる

役員報酬の設定は、会社設立とその後の経営において、非常に重要な要素です。株式会社を設立する際、資本金の額や株主構成、役員報酬の金額、決算月などは、会社設立後の納税額に大きく影響します。会社設立前にこれらを適切に計画することなく決定してしまうと、予想外の税金負担に直面するリスクがあります。

この点、税理士は、事業内容や売上予測、資金繰りの見通しを踏まえ、資本金や役員報酬の最適な金額、決算月の設定について専門的なアドバイスを提供してくれます。

また、個人事業主から法人成りを検討している場合、税理士に依頼することで、法人化のタイミングや法人化後の節税方法についても相談することが可能です。法人としての運営では、役員報酬が個人の収入源となり、その設定額によっては法人税や個人の所得税、さらには社会保険料の負担にも大きく影響します。役員報酬を適切に設定することで、法人としての税負担を減らしつつ、二重課税を避ける計画も立てることができます。

また、少し専門的な観点にはなりますが役員報酬の金額は会社設立後数か月以内に決定しておく必要があります。これを怠ると、税法上、損金としての処理が認められなくなる可能性があります。したがって、会社設立の準備段階から税理士に相談し、会社と経営者個人双方の税金・社会保険料負担を最適化する役員報酬の計画を立てることがおすすめされます。

このように、税理士に会社設立を依頼することで、会社設立時から効果的な税務計画を立て、適切な役員報酬の設定を行うことができるため、会社設立と税務の両面で最適な結果を導くことが可能です。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    役員報酬を設定する際には押さえておかなければならないルールがあります。
    このルールを破ってしまうと、役員報酬を損金(税務上の費用)として認識できなくなります。
    このような事態を避けることができますので、会社設立に関する税務手続きを税理士に依頼することをおすすめします。

    会社設立時の役員報酬の設定について解説している記事を読んでおくのもおすすめの対策の一つです。

会社設立時の役員報酬に関するおすすめサイト

税理士_会社設立_依頼_おすすめ_国税庁HP

役員に対する給与|国税庁

役員報酬の設定に関するルールが記載されている国税庁のページです。会社設立に関する税務手続きを税理士に依頼するにあたって、事前に読んでおくことをおすすめします。

税理士に依頼するメリット④:創業融資や補助金・助成金を受けるためのサポートをしてもらえる

創業融資や補助金・助成金を活用することは、会社設立や事業開始の際に大きな支援となります。これらの資金調達手段を受けるためには、事業の見通しを詳細に記した事業計画書の提出が求められ、この計画書が融資や補助金・助成金の申請に直結します。ここで、税理士に依頼するメリットが顕著に現れます。

会社設立前や設立直後から税理士と相談をすれば、事業計画書の作成に不可欠な売上予測や資金繰りに関する専門的なアドバイスを受けられるためです。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    融資や補助金・助成金を受けるためには正確な会計データが不可欠です。税理士に依頼をしておくことで必要になったときにすぐに正確な会計データを用意できるのもおすすめのポイントです。

加えて、税理士は助成金や補助金の最新の情報提供と申請手続きをサポートしてくれる可能性もあります。
これは、会社設立を控える方々にとって大きな助けとなります。特に、認定経営革新等支援機関に登録されている税理士に会社設立を依頼することにより、「経営力向上計画」の策定が可能になります。

これは、会社の成長を支える人材育成やコスト管理、設備投資などの取り組みを包括的に計画するもので、税理士が作成した計画が認定されれば、会社設立後に税制優遇措置や金融支援を受けられる可能性があります。

会社設立時に、税理士に依頼して創業融資や補助金・助成金のサポートを受けることは、資金調達の成功率を高めるだけでなく、事業の持続可能な成長に向けた重要な一歩となります。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

会社設立を税理士に依頼することで、会社設立の準備段階から資金調達の見通しを明確にし、補助金や助成金の活用を最大化する戦略を立てることが可能となるのでおすすめです。

おすすめ参考記事:会社設立前や設立後に税理士は必要なのか?メリット・デメリットをご紹介

税理士に依頼するメリット⑤:経理や税務申告の作業を代行してもらえる

会社設立後の、経理や税務申告は避けては通れない重要な業務です。この業務に慣れない中で、多くの経営者が帳簿付けや税務処理の複雑さに直面します。

この時、税理士に依頼することは、会社設立後のスムーズな経営運営において、非常におすすめの対策となります。税理士は、経理・会計処理や税務処理に関して、各会社に合わせた最適なアドバイスを提供してくれます。

特に、顧問契約を結ぶことにより、日々の経理業務を税理士に代行してもらうことが可能です。領収書や請求書などの書類を税理士に提供するだけで、会計ソフトへの入力から帳簿作成までを行ってくれるため、経営者は経理業務に費やす時間を大幅に削減し、本業に集中することができます。

また、法人の決算申告や消費税の確定申告は、個人の確定申告に比べて複雑で、専門的な知識が必要とされます。税理士にこれらの申告業務を依頼することは、会社設立時の経理・税務処理を正確に、かつ迅速に進めることができるため、非常におすすめです。

税理士がe-Taxを用いて申告書を提出する場合、安全かつ効率的な電子申告が可能となり、経営者の手間を省くことができます。

会社設立において税理士に依頼することは、経営資源を最適化し、経営者が本業に専念できる環境を整える上で、強くおすすめされる選択です。経理や税務申告の専門家である税理士に依頼することで、会社設立後の運営がより円滑に、そして効率的に行えるようになります。

ここがポイント

税理士_依頼_おすすめの記事

会社設立後、会社を経営していくにあたって会計ソフト入力などの帳簿付けは避けては通れません。多くの企業の場合、遅かれ早かれ記帳代行を税理士に依頼することになります。
このことを踏まえると早いうちから税理士に依頼しておくことをおすすめします。

おすすめ参考記事:会社を設立するときに税理士は必要?〜税理士に依頼するタイミング〜

会社設立時に税理士に依頼するデメリット

会社設立時に税理士に依頼することによるデメリットがないわけではありません。ここでは会社設立を税理士に依頼することによるデメリットについて簡単に紹介します。

税理士を探すのに手間がかかる

税理士を選ぶ際、最初の選択は特に重要です。途中で税理士を変更する場合、予想以上に多くの手間がかかるため、可能な限り初めから適切な税理士を選びたいものです。

しかし、どのように税理士を選べばよいのか、選択基準や報酬相場について明確でないことが多く、これが税理士を探す過程を手間のかかるものにしています。

合わせて読みたい「税理士の探し方」に関するおすすめ記事

良い税理士の探し方とは?おすすめの方法や依頼時のポイントも紹介

この記事では、税理士の良い税理士の探し方について、様々な観点から紹介を行っています。起業したてで「これから税理士をつけたいんだけど、どう探せば良いかわからない…」と考えている方に特におすすめです。
 

税理士に依頼する際に費用がかかる

税理士に依頼する際、最大の懸念点は報酬費用の発生です。確かに、会社設立時には多くの出費があり、税理士への支払いはその一つです。しかし、税理士への依頼による会社設立業務や経理業務の負担軽減、税務上の有益なアドバイス、そして税負担の削減など、得られるメリットを考えれば、その価値は明らかです。

会社設立にあたって税理士が必要かどうかを判断する際には、これらのメリットを慎重に比較検討することが重要となります。

会社設立時に税理士を探す手間はあるものの、適切な税理士を見つけることで、事業の効率化や税務リスクの軽減に大きく貢献します。したがって、税理士への依頼は、初期の費用負担を考慮した上で、事業の将来に対する投資として捉えるべきです。結局、税理士によるサポートが事業の成長と安定にどれだけ貢献するかを見極めたうえで判断をすることが、会社設立及びその後の経営における成功への鍵となります。

合わせて読みたい「税理士に依頼する時の費用」に関するおすすめ記事

税理士へ依頼する際の費用はいくらが相場?法人の場合について解説!

この記事では税理士へ依頼するときの費用の相場や、費用に応じた税理士へ依頼できることを紹介しています。

会社設立後に税理士に依頼するメリット・デメリットとは

会社設立後に税理士に依頼することは、会社設立時と同様に多くのメリットを提供します。経理や税務申告の代行、経営上のアドバイス提供など、税理士が提供するサポートは会社運営を大きく助けます。

しかし、会社設立後しばらくしてから税理士に依頼する場合、いくつかのデメリットが生じる可能性があります。特に、届出や役員報酬の決定、補助金・助成金の申請など、期限付きの手続きが多いため、税理士への依頼タイミングが遅れると、機会損失や不利益を被ることがあります。会社設立から時間が経過してからの依頼では、必要な手続きの期限を逃してしまうこともあり、その結果、経済的な損失を招くことも少なくありません。

さらに、決算期直前に税理士に依頼すると、通常時に比べて高額な費用が発生するリスクもあります。決算期は税理士にとっても繁忙期であり、その時期に新たに依頼を受けることで発生する追加作業は、通常よりも高い報酬を要求されることが一般的です。

会社設立後に税理士を依頼する場合のポイント

税理士_依頼_おすすめの記事

会社設立後しばらくしてから税理士に業務を依頼する場合、期限がある手続きについて遅れが生じてしまう可能性があることに注意しましょう。

おすすめ記事:会社設立時に税理士は必要?税理士の役割や探し方も解説

税理士に依頼するおすすめのタイミングとは?

税理士に依頼するおすすめのタイミングとしては主に以下の2パターンがあります。

税理士に依頼するおすすめのタイミング①:会社設立時

会社設立時は、多くの重要な手続きが必要となり、これらを滞りなく進めることが事業のスムーズなスタートに繋がります。

この重要な時期において、税理士に依頼することは、専門家による確実なサポートを受け、会社設立の手続きを効率的に、かつ正確に進めたい方に特におすすめです。税理士は会社設立における適切な税務申告の準備、さらには会計や経理など、幅広いサポートを提供してくれる可能性が高いです。これにより、経営者は手続きの複雑さに煩わされることなく、ビジネスに集中できるようになります。

最初から税理士に依頼することで、会社設立の手続きを滞りなく、かつ迅速に進めることが可能となり、事業開始後の運営においても安心してスタートを切ることができます。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    会社設立時に税理士と契約するか、会社設立後に税理士と契約をするかは結局どちらもメリット・デメリットがあります。
    それぞれのメリット・デメリットについては以下の記事もおすすめです。

おすすめ記事:会社設立を税理士に依頼する時の費用とメリット

税理士に依頼するおすすめのタイミング②:会社設立後1~2年目

会社設立から1~2年目は、事業が安定期に入り始め、経営の基盤が固まってくる重要な時期です。この段階で税理士に依頼することは、多くの企業にとっておすすめされる選択肢です。初期の会社運営で税理士を雇わなかった経営者も、事業が軌道に乗り始めたり、初めての決算申告が近づいたりした時に、専門家の支援を求めることが多いです。

このタイミングで税理士に依頼することには、特にデメリットはありません。むしろ、事業の成長段階や決算申告の必要性を考慮すると、税理士のサポートを受けることが必要不可欠と言えるでしょう。

おすすめ記事:Q会社設立を考えています。会社設立費用はどのくらい必要ですか?

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    法人税の決算申告は、その複雑さと多岐にわたる書類作成が要求されるため、専門知識がなければ自力での申告は困難です。税理士に依頼することで、正確かつ効率的な申告が可能となり、税務リスクを大幅に軽減できます。

会社設立後1~2年目に税理士を雇うことは、事業が成長し始めるこの時期における経営戦略の一環として考えるべきです。税理士は、法人税申告だけでなく、経理業務の効率化、税務計画の最適化、補助金や助成金の申請サポートなど、事業の成長を支える多方面でのサポートを提供してくれます。

したがって、安定した経営基盤を築きつつあるこの時期に、税理士の専門的なサポートを得ることは、事業のさらなる発展に繋がるおすすめな選択と言えるでしょう。

会社設立後の税理士への依頼に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

事業が大きくなるにつれて記帳作業も増えてきます。会社設立後1年~2年のタイミングで税理士に依頼することもおすすめの選択肢の一つです。

おすすめ参考記事:会社設立前や設立後に税理士は必要なのか?メリット・デメリットをご紹介

会社設立時に依頼する税理士を選ぶ際に注意すべきポイント

会社設立時に依頼する税理士を選ぶ際にはいくつか注意点もあります。
ここでは会社設立時に依頼する税理士を選ぶにあたって、注意すべきポイントを3点紹介します。

税理士に依頼できる手続きやサービスを確認する

税理士に依頼する際は、その業務範囲の広さと提供するサービスの多様性を理解することが重要です。税理士ごとに得意とする分野が異なるため、顧問契約を結ぶ前に、自社が必要とするサービスを提供できるかどうかをしっかりと確認する必要があります。

例えば、融資や資金調達のサポートを期待している場合、事業計画書の作成スキルや特定の金融機関との交渉能力が必要になることがあります。依頼する税理士がこれらの業務に対応できない場合、自社の目的とは異なるサービスを受けることになり、期待した成果を得られない可能性があります。

したがって、税理士に依頼する前には、以下の点を確認することをおすすめします。

・自社が求めるサービスを提供できるかどうか
・税理士の得意分野や専門性

これらの確認を通じて、自社のニーズに合った税理士を選ぶことができれば、税理士との顧問契約が自社の成長に大きく貢献することでしょう。適切な税理士を選ぶことで、融資の申請、資金調達の相談、税務申告、経理業務の代行など、幅広い支援を受けることが可能となり、事業運営がよりスムーズになります。

おすすめ参考記事:会社設立に税理士は必要?費用相場やメリットについて解説

会社設立手続きを税理士にサポート依頼する時の事前準備

会社設立サポートに特化した税理士を選ぶための準備として、以下のようなポイントを考慮することが推奨されます。まず、自社のビジネスモデル、資本構成、事業計画などの基本情報を整理し、これらの情報を税理士と共有できるようにします。次に、法人設立に関する具体的なサポート内容(例:適切な法人形態の選択、設立手続き、初期の税務計画など)にどのようなものがあるのかを質問する必要があります。また、税理士の業界経験や設立サポートの実績に関する質問、サービスの料金体系や契約条件についても確認することが大切です。

ご参考までに、会社設立サポートを実施している税理士法人の手続きの流れ(経営者と税理士法人が実施することの違いと順序がわかる)が載っているサイトを記載しますので、気になる方は見ていただくことがおすすめです。

おすすめ記事:会社設立までの流れ

設立後のサポート範囲に関する質問リスト

設立後の経理・税務サポートの範囲に関する質問リストを作成する際は、次に記載するのポイントを含めることが重要です。

・毎月または四半期ごとの経理処理のサポートが含まれるか
・年末調整や給与計算のサポートが提供されるか
・税務申告の準備と提出を手伝ってもらえるか
・税務監査の際のサポートや代表として税務当局との対応をしてもらえるか
・経営計画や資金繰りに関するアドバイスを受けられるか
などです。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    会社設立時や会社設立時に税理士に相談できること・依頼できることについては以下の記事も参考になるかと思います。

おすすめ記事:法人化(法人成り)は誰に相談する?会社設立の相談先と費用相場を解説

依頼する税理士の実績を見る

依頼する税理士を選ぶ際には、その税理士が持つ資格と実績をしっかりと確認することが重要です。まず、税理士が適切な資格を持っているかどうかを確認するために、面談時に税理士証票の提示を求めるか、または日本税理士会連合会が提供する「税理士情報検索サイト」を利用してオンラインで確認する方法があります。

さらに、税理士には得意とする分野や専門領域があるため、会社設立をサポートしてくれる実績がある税理士を選ぶことが推奨されます。会社設立支援の実績がある税理士であれば、設立に際して必要となる税務上の検討事項に熟知していることが期待でき、また資金調達のアドバイスやサポートも得られる可能性が高くなります。

会社設立時に考慮すべきポイントは多岐にわたりますが、税務や財務に関する適切なアドバイスを受けることは、事業の成功に直結します。そのため、会社設立に際しては、資格を持ち、かつ設立支援の実績が豊富な税理士に依頼することをおすすめします。これにより、税務処理の正確性を保ちつつ、資金調達などの面で有益な支援を受けることができるでしょう。

  • SoVa税理士お探しガイド編集部

    税理士にも専門性や強みがあります。特定の業種に強い税理士もいますので、自社の業種に強い税理士を調べてみることもおすすめです。

依頼する税理士との相性を確かめる

会社にとって税理士は、単に税務の専門家ではなく、経営のパートナーとして長期的に関わっていく重要な存在です。そのため、どんなに知識や経験が豊富な税理士であっても、コミュニケーションが上手く取れなければ、気軽に税務業務や経営の相談をすることが難しくなります。依頼を検討している税理士との相性を確認するためには、可能な限り直接会って話をすることや、オンラインで面談をすることもおすすめです。その際、税理士の説明が分かりやすく、話しやすい雰囲気があるかどうかを自分自身で確かめることが重要です。

おすすめ参考記事:会社設立した後税理士は必要なのか?

ポイント

税理士_依頼_おすすめの記事

会社設立後も税理士とは長い付き合いとなりますので、慎重な税理士選びが重要です。

まとめ

会社設立時に税理士に依頼すると、専門的なアドバイスを受けられるほか、煩雑な手続きの代行、適切な役員報酬の設定、融資や補助金の申請サポート、経理や税務申告の業務代行など多岐にわたるメリットがあります。デメリットとしては、税理士を探す手間と依頼にかかる費用が挙げられますが、事業の効率化や税務リスクの軽減を考慮すると、これらは投資としての価値があります。適切なタイミングでの依頼が重要で、会社設立時や設立後1~2年目がおすすめです。

会社設立時に税理士に依頼しようと考えている人へのおすすめのサイト

税理士_依頼_おすすめの記事

会社設立時に税理士に依頼することを考えている人は、税理士を探す前に一度こちらのサイト「会社設立時に税理士に良くある相談をまとめ」を見て、自分で解決できることがないか確認してみましょう。こちらのQ&Aサイトを参考に相談しに行くことで、より詳細な相談ができるかと思うのでおすすめです。

税理士を探すのが大変と感じた方

会社を立ち上げようと思っているんですが、税理士に相談するべきか迷っています。初期段階で税理士にお願いするメリットはあるんでしょうか?
会社設立にあたっては、税務の面で非常に多くの注意点があります。例えば、適切な法人形態の選定や資本金の設定、節税に繋がる経費の計上方法など、専門家のアドバイスがあるとスムーズに事を進めることができますよ。
確かに、税務の知識は自分では不十分ですし、失敗したくないですからね。具体的にどんなサポートが受けられるんですか?
会社設立の手続きサポートから、税務署への届出、税務計画の策定、必要な経理システムの導入アドバイスなど、会社運営の初期段階で必要な税務関連のサポートを全面的に行います。これにより、将来的な税負担を軽減しつつ、法令遵守のもと安心して事業をスタートできます。具体的な税理士をお探しの場合は以下のようなサイトを参考にするのがおすすめですよ
会社設立の実績豊富なおすすめ税理士BEST23【厳選】
なるほど、専門家に相談することでリスクを避けられるし、安心して事業を始められそうですね。一度、詳しい話を聞きに行ってみます。ありがとうございます!

Feature

会計事務所SoVaの特徴

sova_point

専門家の窓口は1つに

税理士業務だけでなく
社労士業務も対応しています

sova

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

給与計算

給与計算

従業員入社

従業員入社

登記申請

登記申請

節税アドバイス

節税アドバイス

補助金アドバイス

補助金
アドバイス

経費削減アドバイス

経費削減
アドバイス

一般的な税理士

会計ソフト記帳

会計ソフト記帳

年末調整

年末調整

税務相談

税務相談

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

sova_point

税理士業務+社労士業務で、価格はそのまま

一般的な税理士と
同水準の価格で丸投げできます

〜5名規模

〜10名規模

〜20名規模

〜30名規模

¥29,800/月〜¥49,800/月

※士業の独占業務に該当するものは、SoVa提携士業と協業して対応します

経理・人事労務などの面倒な作業は全て丸投げして
ビジネスに集中しましょう